03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『おとが家族になった日』

シーズーの女の子が欲しい!

「一年越しの想い」が叶います。

求める思いが強ければ夢は絶対に叶うんだ!と思った。

でも宝くじは毎回購入して願い続けてるけど当たったことがないなぁ~(´へ`)。って、今はそんなことは関係なかったね。


お店の駐車場に到着しワクワクしながら車を降りた私。
冷静な旦那様はいつも通りの様子のごえもん君を小脇に抱えてお店へと入って行った。
近くにいた店員さんにシーズーの女の子を受け取りに来た事を話すと彼女を連れに店内の奥へと入って行った。
その時に私は思わずソロ~と周りを見渡した。
今日は、あの叫んでいた女の子の姿は見当たらない…。
そうそうタイミング良く出くわす事なんて無いと容易に想像できたけど何故かホッと胸を撫で下ろした。

やっぱり、いくらかの罪悪感が私の中にあるなぁ(-_-;)。
空のケージを見てショックのあまり叫んだ声が耳について離れない。
もう、「必ず幸せにします。」と誓って許してもらうしかない。
しかし、周りを確認して安心したら急に興奮してきたーー。
そう言えば先日来店し購入を決めた際に店員さんが「お渡しする日は体をキレイにしておきますね!」と言ってくれてたけど、どうなってるかなぁ~(^^♪
可愛くなってるかなぁ?楽しみ~☆
奥のドアがゆっくりと開き店員さんが彼女を連れてこちらへ向かってきた!

(・。・)あれ?汚いじゃん。

この前と変わりなく見事に汚いよ。

まさか店員さん自分がお風呂に入ってキレイになって接待しますって宣言した訳じゃないだろう?

あまりの驚きに声も出ず、聞くことも出来なかった。

新しく名前が「おと」と決まったシーズーの女の子は「汚いおっさん」の姿のままで私達の家族になった。

でも、彼女の見てくれが気に入ったのではなく、持って生まれた愛くるしいさや仕草に惚れたから…。
まっ、いいか~。

そんな時、店員さんが気になる事を言った。
「この子、すごく食が細くて毎回ごはんを残すんです。もしも、食べないようなら犬用のミルクを与えて下さい。」
そうか、食べないのかぁ~心配だ。
大丈夫かなぁ?
早速、犬用のミルクを購入する。
旦那様が最終的な手続きをすべて済ませてくれた。
おとは外気に触れさせないように段ボールに入れられて渡されお店を後にした。
私が段ボールを膝に抱えて車に乗っているとごえもん君がいつもと違う反応をして必死に段ボールの隙間からこぼれる匂いを嗅ぎ少し興奮しているようだった。
「ごえもん君のお嫁さんだよ~、よかったね!」と言うと首をかしげていた。

自宅へ帰ると早速、用意していた巣箱へおとを入れ、えさ皿に離乳食を入れて差し出した。
「食べないかなぁ?」と不安な気持ちで見ていると…
ガッガッガッガ~と一気にたいらげた。
( ̄、 ̄;)フー
まいったなぁ~、店員さんにまた嘘つかれちゃったよ~。

でも、良く解釈するならお店にいた時は常に緊張して落ち着いて食べれなかったのかなぁ。
まっ、食べられれば大丈夫だね!
よかった、よかったぁ(´▽`)


(明日へ つづく)
ヨメ:著


<文句を言って値切り交渉しました。実は…>
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。