05 月<< 2017年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B15系 サニー アンダーカバー破損・修理

某ショッピングモールの駐車場の大きめな車止めに引っ掛かって、フロントのロアカバーを破損してしまいました。

このロアカバー、フェンダーアンダーカバーとステープルで一体化されているため、ちょこっと破損した程度で交換すると、かなりのお金が必要になります。


勿論、「ただ交換するだけ」のそこらへんの修理屋さんと同じ事はしません。機能さえ保てればOKなので、こんな感じにやってみました。



総作業時間は15分でした。

アンダーカバー1


使用するのは、新しい樹脂クリップとガス式のはんだごてトーチです。

アンダーカバー2

先にセットできる部分はセットします。

アンダーカバー4
↑フォーカスが甘すぎです。

画像を加工してみましたが、やっぱりピンボケはピンボケです。

フェンダーのアンダーカバーとの接合部がちぎれています。

アンダーカバー3
↑こんなものを使います。


ガスライター用のものと同じガスを使用するので扱いは簡単です。
火力調整をしてはんだ付けから樹脂の溶接までができます。



で、こんな具合に溶接します。

アンダーカバー5


機能が果たせればそれでいい部分なので、15分。

ちなみに、樹脂の種類によっては溶接部分が劣化して強度が落ちる事があるので、補強材などを添えると良いでしょう。

今回は断裂した両側を程よい温度で溶かして混ぜるようにしてくっつけて、最後にサラッとならしてオシマイです。



クルマのパーツの溶接や電源コードが届かない部分でのはんだ付け作業には、やっぱりこれです。

アンダーカバー6


先端アダプターが数種類あり、先端取り替え用の工具も付属しています。糸はんだも付属していますが、他にたくさん所有しているので、よほどの事がない限り使わないのですが…。

火力もかなりのところまで得られます。プラスチックなどは煙になってどこかへ行ってしまう場合もあるので、温度を上手に微調整するのがコツです。


てな訳です。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。