03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族の一員

つい今しがた、私の愛犬が天寿を全うしました。

15歳と3ヶ月弱。

ペットとの別れ。
動物と共に生活する上で、避けては通れない事です。


私の犬、ごえもんは生後3ヶ月に満たない位に、私の所へやって来ました。


兄弟は他に2匹居ました。

3匹とも先天性の心膜横隔膜ヘルニアという病気で、私のところへ来てすぐに手術を受けました。
でも、その手術が完全にうまく行っておらず、累計で3度、彼は同じ部位の手術を受けました。

3度目の正直で、彼は健康な犬と同じ生活を手にし、妻がペットショップで一目惚れしたワンコとの間に5匹の子供を授かり、その内の2匹が一緒に今まで暮らしていました。

背骨や皮膚に病気を抱えるようになり、目も殆ど見えない状態になり、歩くのもおぼつかない状態になっていました。

シー・ズーの犬種が受けると考えられる病気を複数抱えてしまったみたいです。

最期は心臓の機能障害で息を引き取りました。



15年の共に暮らした時間。

彼は幸せだったのだろうか。
亡骸を撫でながら、「ごめんね」の言葉しか出てきませんでした。


最期は苦しかったのだろうと思います。

言葉を持たず、尻尾を振ったり、身振りと声を出す事でしか気持ちを表現できない犬です。

「苦しい」、「助けて」と言っていたのかも知れないと思うと、自分の無力さに失望さえ覚えます。

だから、「ごめんね」なのかな…って。



一緒に過ごした時間は宝物です。

もっといっぱい抱きしめてあげたら良かったのに…と後悔の念が残ります。



妻が言いました。
「今日は私達が披露宴の代わりに結婚記念ライブパーティをやった日だよ」
と。


彼はこの日を選んだのでしょうか。
誕生日や記念日をよく覚えない私の事を察したのでしょうか。


忘れない様に努力しなくちゃね。


2013年3月23日
名:ごえもん
享年:15年3ヶ月

安らかに眠ってね。

大切な思い出を本当にありがとう。

つきなみだけど、愛しています。


もし、願いがかなうなら、また会おうね。

在りし日の姿
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。