05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

GOLDEN BEST

最近入手しました。



知っている人は知っている。

知らない人は全く知らない。



当たり前か。




カラオケに行っても大概4曲しかクレジットされていないアーティスト。

気の利いたカラオケシステムでも6曲かな…。





長野県出身のデュオ。

何かの番組で、当時のヒット曲の本人が登場して歌を唄うという企画があって、片方の方が登場しました。


思えば中高生時代に、あの秋元君がプロデュースした「お○○○こクラブ」に周囲の男子が夢中になっていた時に、そんなものには目もくれず、レコードを買いに行った事を思い出します。
「レコード」をご存知無い方。今で言うCDみたいなものです(笑)。
クルクル回る機械に乗せると音が出るんです。(おいおい)

分りやすく説明すると、今だとDJアーティストがたくさん所有して使っているヤツです。
アナログレコードです。

山下達郎氏が言うには、
「最も良い音を出すメディア」
だそうです。


どんなデジタル音声よりもキメ細かい音を奏でるのがアナログレコードだそうです。

ノイズは結構あるんですが…。
きっちり管理したレコード盤とプレイヤーだとノイズが出ないのは事実です。
普通の人にはできません。

その道には、その道のプロがいるという事で。





で、そんな中高生時代を過ごした私。

レコード屋さんの店主には、
「殆どの男の子はアイドルのレコードを買って行くんだけどね。珍しいよね。」
なんて、会計の時に言われたりして。

ちょっと人と違う事に魅惑的要素を感じるタイプなので、別に気ならなかったし、逆に気分が良かったのです。

そんな当時に集めたアナログレコード。
このアーティストのものだけはどこへ引っ越しても一緒に移動していて、今も手元にあります。

で、アナログ聴けば良いんですけど、アナログって聴けば聴くほど擦り切れて唄わなくなるんです。

バカバカしいと思いましたが、CDでも買ってみるか…と。


全作品を買うのはちょっと本当にバカだと思ったので、ベスト盤を購入しました。

しかし、このデュオ。
いくつもベスト盤が発売されていて、その都度収録曲が若干違っていて、酷いものはカラオケ(マイナスワン)が収録されていたりします。



そんな中から、私は、そのカラオケが収録されているものを購入しました(笑)。

理由は、彼らの最後のシングル曲が収録されていた事。シングルカットされた曲がある程度網羅されていた事。

本当にカラオケは不要だったのですが。




クルマのHDDオーディオにダビングしたものからはこのカラオケは削除してあります。



だって要らないんだもん。






皆さん、ピンときましたか?


この方々です。
















H2O
↑H2Oのお二人です。



ギターのテクニックはかなり高かったですよ。

解散した後も、赤塩さんはジャズの世界へドップリだそうです。きっと今は違う誰かと組んで演奏をしているんでしょうね。
メインヴォーカルだった中村さんは良く分りませんが、とりあえずテレビではきちんと唄っていました。いあっも音楽に絡んだお仕事をされているのでしょうか…。

でも、彼らのサウンドに酔いしれて、この二人が解散した影響でヘヴィーメタルにハマってしまった私のCD棚は95パーセントが洋楽です。残りはアニメ関係と邦楽です。
最近、棚の重量が凄くなってきて、強度的に大丈夫なのか心配になる今日この頃です。

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 音楽

コメント

No title

レコードですか~
独特の味があっていいですね
再生中のブツブツ音とかCDじゃ聴けませんからね。

自分は流石にH2Oはわかりませんが、ジャンル違いで以前LDを持っていたことがあります。
古いアニメ見たいがために、ハードオフで『起動できない』とか、『再生できない』とか書かれているおびただしいジャンクの中から正常な奴を探すのは大変でした(汗)
流石に置く場所がなくなり、また集めたLD盤共々ハードオフにお返しに行きましたがw

古い機械とかって画質や音質に、良くするための色々なギミックが仕込んであって好きです。

CELICAさんへ

あー。また思い出した。LDと言えば、超音戦士ボーグマンを所有していましたね。あれ、どこ行ったんだろう。きっとアフォな家族が金に変えたんでしょうね。全部未開封で所蔵していましたのでちょっとは価値が出たんじゃないかな…。今更もうどうでもいいんですけどねぇ。

LD再生機器ってまだリサイクルショップでは手に入るんですかね。アナログっぽい光学ディスクですから、ノイズとかをうまく処理する何かが付随するんですかね。実に懐かしいネタです。

十分手に入りますよ

ジャンクとしてまともに動かなくて、部品取りにどうぞとか、修理して使ってねw
の中に、たま~に完動品が埋まってるんですよ。で、そういったのを発掘するのが楽しいんですよねww
直径30cm両面データ書き込みってスゴイ技術なんですよね。実はw
ボーグマンは名前しかわからないですね(汗)
ロボット系ですか?
自分はNG騎士ラムネ&40系列見るために使っていました。

CELICAさんへ

ボーグマンはオープニングやエンディングの曲に実力派アーティストの音楽を採用した草分けです。生身の人間のある程度に機械を移植し、生命体とメカをシンクロさせた戦士が、異次元空間を操る悪に立ち向かうと言う王道アニメなんですが、身体が部分的にメカになっている登場人物であるが故に、人間らしさがきちんと残っていて、事故が原因でボーグマンになってしまったヒロインが当時は話題になり、アニメ雑誌の表紙を何度も飾るほどでした。
ちなみに、当時のテーマソングを唄っていた人たちは今も健在で、キッチリ音楽活動をなさっておられます。
ボーグマン自体は残念ながらLDでしか販売されていません。どこかの動画サイトにひょっとしたら眠っているかも知れませんが、マイナーサイトを探し出すのは結構時間がかかるかもです。
あ、そうそう、あの超売れっ子声優の山寺さんも出演されていました。今考えるとスゴいアニメです。

それはすごい!

山寺さんは、あちでもこっちでも仕事してますからねww
なるほど!そういった内容なんですね~
自分の世代だと、似た内容でちょっと違う、最後の勇者王シリーズ、ガオガイガーを思い出しましたw
完全に絶叫してますw


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム