08 月<< 2017年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメーション 「あの夏で待ってる」

深夜に放送していたお陰で流行りのアニメをリアルタイムで見る事が出来ました。

一部見逃した部分もあります。

裏番組の「逃亡者 おりん2」を見ていてうっかり被っていた放送時間の事をすっかり忘れてしまうという大失態をしてしまいました…。




でも、きっと、僕の酷いわがままを聞いてくれている友人のI氏がキッチリバックアップしてくれていると思うので、DVDが届くのを待ってからその逃した部分を見ようと思っています。

実は私、何度でも同じものを見ても新鮮に視聴する事ができるのと、歯抜けになった部分を後から補っても問題なく頭の中でインサート編集して鑑賞できるので、全く問題は無いのです。
ただ、気がかりなのは、その見逃した部分が見られないという現実を突きつけられた時に大ショックを受けます。

平静は装いますが。




今回の「あの夏で待ってる」の原作者の呼び名と主人公の相手のヒロインの名前が同じ呼び名だった事に何故か注目をしております。

実際にアニメーションの中からあのヒロインが現実化したら仕事休んででも会いに行くかもなってくらいおもしろいキャラクターでした。見た目は眉目秀麗なんでしょうけど、ちょっと間が抜けていて調度いい感じのズレた雰囲気が設定として秀逸でした。

タカツキイチカ
↑ヒロインです。

ヒロインですがメガネかけてます。


そのメガネも秘密があるんですけどね。


あと、実はこの作品、長野県が舞台となっております。

製作スタッフは、取材と称して軽井沢やら小諸の城下町を堪能して行ったんでしょうねぇ。(笑)


背景に描かれた場所は僕が以前住んでいたエリアなので、見覚えのある町並みや雰囲気がとても良く描写されていて、とても懐かしく思いました。

昔、徳間書店あたりから出されていた「THE ART OF ....」シリーズを製作会社の系列を問わずに出版してもらいたいものです。
このシリーズは、そのアニメーション製作の基本設定やら原画やら背景やら、ありとあらゆる有用な画像コンテンツを盛り込んだそれはそれはちょっとした図鑑の様な大きさの本でした。

いくつか所有していたのですが、僕の不在を良い事に、アフォな親弟妹が金に変えてしまったらしくもう手元にはありません。残念ですが。いろんな意味で。





で、話を元に戻しますが、この「あの夏で待ってる」の舞台は、これからがシーズンなのです。

ちょうどゴールデンウィークあたりが最高に楽しめるエリアなのです。


お金と時間に余裕のある方は、まず発売されるDVDをじっくり鑑賞して頂いて、一体どのあたりをフィーチャーしているのかを割り出して探訪の旅を楽しまれるのも良いのではないでしょうか。

直接、製作を担当したブシロードに問い合わせても構わないと思います。この際ですからね。






って、お前事故の話はどうなったんだよっ、というそこのあなた!



近々、フッフッフな記事をアップする予定でおります。


パソコンの画面の前で「なんだよ、そのオチはっ」とガックリして下さいませ(笑)。

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。