05 月<< 2017年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターをカスタマイズ

えぇー、だいぶ時間が経過してしまいました。

例の、ネットで購入した怪しいギターのカスタマイズを兼ねた塗装の変更に関わる経過をアップいたしました。

既に塗装の下準備に入っているのが現状ですが、あえてプロ用の塗料を避ける方法で、塗装技術のみに拘ってみようというコンセプトの下に作業を進めております。

で、いわゆるホームセンターで手に入る類の塗料の品揃えの悪さやら、性能の低さやらに振り回されております。



という事で、塗装に入る前までの状況を、つまらないうんウンチクと共に画像でお楽しみください。



エピフォン F-Series
↑エピフォン F-Series

かなりレアなものです。
色はこの手とブラック&ホワイトでコーディネートされたものがあります。
個人的にはブラック&ホワイトの方がカッコいいです。


カラーリングのネーミングがマズいんです。

アトミックなんとか…。

今のご時世、「アトミック」はマズ過ぎますよね…。


この部分は購入してから分かった事で、最初から色を塗り替える予定でゲットしたので気にする事はありません。

前回の記事にもありますが、韓国製で塗装がブ厚いのです。安ものの証です。

塗装方法の事情もあるのでしょうが、ボディ面の仕上がりが全体的に悪いのです。
気にしなければそれでも良いのでしょうけれど。


私の場合は、見た目は韓国製でも、中身を日本でフルカスタマイズしてイイ音を奏でる様になってくれたら、羊の衣を被った虎っぽいヤツ(笑)でいいのかな…と。


で、とりあえず、現状を把握するために汚れを拭き取り、軽く磨いてしまいます。

弦等を取り去ってこんな感じに。
ポリッシュ後
↑磨いてみました。

ネットでの注意事項にあれこれ触れてしまう状態でした。
実はトップの画像はネットで販売されていた時の画像なんです。
大した細かな記述も無く、「U.S.A」的な記述も入っていました。これは韓国エピフォンが、アメリカの品質を導入していますっぽいニュアンスを示すだけのもので、実際には韓国独自の電気的レイアウトで、本家ギブソンの音は楽しめないレベルです。

実際に自宅で音を出して見ましたが、新品で5万円でお釣りが来るレベルです。
ノイズも酷く、各部ネジは緩んでいたり錆が発生していたり、ボディ表面にはカビらしきものが…。

販売者もかなりいい加減な人なんだろうなぁと思いつつ…、あまりのずぼらさに思わず笑ってしまいました。

ご希望の方には販売者(ヤフーオークション)のID、お教えしますよ~(悪)。



購入を決めた時からどうせこんな事だろうと思っていたのでネット上で評価はしませんでした。
相手もしてこなかったので、更に問題有りの販売者だな…と。


ま、どうでもいいんです。


だって、この状態から1週間後にはこんなんでしたから。
ボディ表面塗装を剥離
↑手作業でちまちま塗装を削りました

ご覧頂けると良く分かるかと思いますが、木目の色がまだらになっています。
これはボディの造形の仕上がりが悪い状態で塗装をしてしまったという証拠です。
白っぽい部分が塗料の染み込みを抑える下地塗装の残った部分。それ以外はボディ表面の凹凸で、出っ張っていた部分を削り込んで滑らかな表面になるまで研削した部分。

つまり凸凹だった訳です。

一応ですが、私、過去に自動車の板金塗装をやっておりまして、表面をサンドペーパーで平滑かつ新品パネル同様に塗装後に表面に移った周囲の景色が歪まない仕上げをモットーに仕事をしておりましたので、このくらいは朝飯前です。


実に酷い表面でした。


で、この後、塗装作業上邪魔になる機器類を取り外し、マスキングを施してから、木部への塗料の過度な染み込みを防ぐ下地塗料を吹きます。

という事でこの後の作業の模様は次回!

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。