03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなる挑戦?

ネットで、とあるギターを手に入れました。

勿論、中古です。


ギターを買う際に、最もやってはいけない購入方法のひとつです。

ギターやベースなど、仕上げ・つくりがしっかりしているかどうかを実際に確認してから入手しないといけないものなのです。
何故か?

分かりやすくギターで説明しますと、ネックの反り具合がひとつです。順反り、逆反り、ねじれ、最悪なものは折れ修復のものが実際に知らん顔で売られています。
次にそのネックにたくさん組み込まれているフレットの減り具合です。きちんとメンテナンスして、高さと断面形状を整えてあるものなら良いのですが、中古物件の場合は、前所有者の弾き癖や扱い方でギターとして既にまともに弦が音を出せないものまであります。

恐ろしい話ですがホントウです。

次に気になるのは、「ジャンク」として放出されているものです。
一体どの部分が「ジャンク」なのかを明確にせずに販売されているものは特に手を出してはいけない物件に相当します。せっかく直しても、新品を買う以上にお金がかかったり、肝心なところが修復できなかったりと問題が露出します。

その次に、見た目重視の方には、キズや打痕です。

ネット販売ではその多くが細かいキズや打痕については触れられていません。
特にオークションでは値の伸び悩みに直結する為、入札者の妄想やら想像力やらに丸投げした感じになる訳です。


そのあたりを見越して中古ギターをネットで購入しました。

案の定の部分がありましたが、想定の範囲内でしたので、ちょっとしたオモチャ代わりと考えれば腹も立ちません。

問題のネックまわりには問題がなく、そのメーカーでは世界の各地でギターを製造する工場が稼動しているのですが、今回私が手に入れたものは韓国製のものです。その特徴で塗装が分厚く、クオリティ的には5万円も出せば新品が買えるんじゃなかろうか? という代物です。その半額以下で購入できたので良しとします。

そいつをただ弾くような私ではございません。

既にギターは各部品が取り外されております。

画像は次回アップになりそうです。


色を塗り替えて、ちょいと飾りを付け加えて、当然の事ながら音質にも拘った仕上がりを目指そうかと思っています。構造上弦の張力保持に問題があるのですが、この部分はそれなりで行くしかありません。


ちなみに今回購入したエピフォンというメーカー。
今テレビCMで黒いギターをカッチョ良く弾いている木村拓哉氏が手にしているギブソン・レスポールのギブソン社グループの別ブランドで、簡単に言うとワンランクブランドが落ちるのですが、音質は基本的に変わりません。ただし製造国によるという特色があります。
勿論、日本にも工場はありました。数年前に日本工場は製作を中止しましたので、エピフォン・ジャパン製のギターは新品ではなかなか手に入らなくなりました。その細かな仕上がり感は、他の国の工場の追随を許さず、ネックジョイント部分のディテールや、塗装の具合、電気配線とその部材のギブソンブランドとの共通化で、比較的安価にギブソンサウンドが手に入るという裏技的存在でした。

勿論、私、エピフォン・ジャパンの新品ギターも所有しておりますが、よりパワーの有るサウンドを求めて、あえて韓国製の中古ギターを購入し、全体的に手を入れて準Made in Japanにしようと思った次第です。

クソ分厚いボディの塗装と、切削成形のレベルの低さがよく分かりました。

何故分かったか。

塗装を薬品を使わずに、手作業で研削剥離したからです。
サンドペーパーを何枚も使用して、自動車の板金塗装をやっていた時の感覚で、曲面の凹凸を指先で検知しながら全てのトップ面の塗装を剥ぎました。




このあたりを踏まえた部分を次回の更新で。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 音楽

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。