01 月<< 2017年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞

某新聞社から取材を受けました。




あんな事やこんな事をして怪しいぞ、お前っていう取材ではございません。

あしからず。




某新聞社の主催するサイトで、ワンコに関する記述を投稿したのがきっかけで、記者さんからお電話を頂きました。



思い返せば、僕が小さい頃から当たり前の様に家には犬が居て、犬に対する理解が浅かった家庭であったが故に、実はテリアだった犬が大型犬まであとちょっと位まで大きくなり、人間の残飯を与えられ、しまいには真冬に凍死というかわいそうな運命を辿らせてしまった事を小学校低学年ながら鮮明に覚えている。

あの犬は確か叔母が恩師から「良い犬だ」と貰い受けたのだそうだったが、その「良い」の意味がよく分かっていなかったのだろう。

あの犬は、今だからこそ自分にも分かるようになったが、テリアの純血種だった。

頭の良い犬で人懐こかった。

ただ、当時の日本で、しかも信州の田舎には、毛の長い犬のトリミングを行う業種などは皆無で、祖母が時々目にかかった毛やフエルト状になった部分を刈っていたのを覚えている。

散歩にも連れて行ってあげたの記憶も数えるほどしかないが、連れて行く度にとても喜んでいたのが僕にも分かるほどその犬ははしゃいでいた…。


その犬の死後は、柴犬がやってきた。
親族がブリーダーじみた事をやっていて、その時に貰ってきた子犬だった。
家に連れ帰るまでの車中で抱っこをする僕の腕の上にゲロを吐き、車内は大騒ぎになったが、僕はさほど気にならなかった事を覚えている。
妙に納得がいったからだ。

「だって生きているんだし。車に酔ったんだよね。」

その犬が段々大きくなって、成犬になった頃には、祖母曰く、「お前にゃこんなに喜ぶのに。」とこぼした程、その犬はなついてくれていた。


時期を同じくして僕が上京してしまい、3年程して帰省した時に、その犬が死んでしまっていた事を知らされた。
家族の誰も教えてくれなかったという事よりも、死に逝く時の状況からフィラリア線虫に蝕まれていたのでは…という結論に至った。
無知ほど罪な事は無いと、つくづく思い知らされた。

犬には狂犬病の予防注射以外に、幾つかの種類のワクチンや、フィラリアの予防薬を摂取させる必要があった事に、遂にその時まで知らないままのほほんと過ごしてしまっていた自分に酷く腹が立ち、償いようの無い罪を重く感じた事だけが突き刺さったまま身体に残った感触だった。


それから東京で暮らす様になった自分は、動物を飼う事など一切考えない生活を送った。
知人の家には、ウサギやらインコやら、中には爬虫類を飼っている者も居たが、自分の目には何も残らなかった。
「別れ」に苦しむ事から絶縁していたかったからだ。






そんな自分が今は、4匹の犬と暮らしている。



ひょんな事から犬を貰う事になり、最初は難色を示していた自分が、小さな小さな子犬をたった一度抱っこしただけで手放せなくなってしまていた事に自分自身で驚いた程だった。

それからの付き合いの ごえもん は、今僕のベッドの上でいびきをかいて寝ている。
もう13年。
だいぶ歯も減ったし、背中の骨も曲がってしまった。
視力も落ちて、お菓子を投げても口で受け止める事は全くできなくなってしまった。
だけど、側に居てくれる。
みんな、水が飲みたい時は、時間の経過した水が入った入れ物と、僕の顔を交互に何度も何度も見て、「早く新しいのをよこせ」と目で訴える。
お腹が空いた時は、食べ物をもらえそうな雰囲気の所へ行ってはグルグル回ったり、行ったり来たり。大抵台所かリビングですけど。

過去の辛い思い出があるから、ワクチンも健康診断もフィラリアも一通り受けさせている。

ヨメワンコの おと と、その間に生まれた5匹の子供の内の2匹が一緒に暮らしているお陰で、出費もただならない程だが、趣味をひとつ封印して対応している。ちょうど都合よく、趣味に費やす時間がなくなってしまったのも事実と言えば事実だが。


そんな私の近況が、関東エリアと関西エリアの限られた地域で発行される新聞に記事として載るらしい。


その取材と許諾を得る為の電話だった。

どんな記事になるのか住んでいるエリアの都合上、知る事はできないのだろう。
でも、まぁ、4匹を交互に撫でて、それで良しとしようと思う。


欲を言えば、ごえもんが元気なうちに何度か泊まりで旅行にでも行きたいと思う。

民族大移動的な旅行になるのは必至だ…(笑)。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

コメント

No title

新聞の取材!(゜∀゜)
うーん、記事読んでみたいですね///

ペットの飼い方を間違ってる人が世の中多くなっているから、体験談で分かりすく知識を広めるってかんじでしょうか。
うちの実家も私が小学生の時に犬を飼ってましたが、フィラリアで死んでしまいました。うちも田舎だったので、犬はただ繋いでおけばいい程度の飼い方・・・。病院で予防接種とか受けたことないみたいな; わざと予防接種を受けさせなかったというより、親が知らなかっただけなんですよね。
けんねるさんの体験談を読んで、少しでも飼い犬を大事にしてくれる人が増えるといいですね///
(^∀^)

取材に協力したけど、掲載された新聞を記念にもらえたりできないのかな?

すずさまへ

そうですね。

自分の周辺でも残酷極まりない「鬼畜」が住んでいる情報などが伝わってくるんです。生きる価値なしな人間の姿をした生き物って、この日本では案外増えている傾向下にあるのでは?と不安を感じる時もあります。


取材や情報提供で実際の記事が掲載された新聞を頂いたのは過去に一度だけ(地方紙)です。他の新聞社さんからは一度も頂いたことがありません…。ま、もらえないのが新聞業界での「常識」なのかもしれませんね。
こちらとしては欲しいんですけどねぇ~。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。