01 月<< 2017年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻撃は最大の防御

娘がそれなりに物事を理解できる様になってきたら、きちんと教えて行きたいと思う事がいくつかある。

処世術、帝王学、哲学、心理学、音楽…ともろもろのキーポイントになりそうなものをかいつまんで。

その中に護身術がある。



こんな世の中ですから、いざと言う時に役立つ技術。

日常で見慣れているものでも、使い方によっては防御や攻撃に耐する道具になります。


ま、それらの武器を使わずに護身と攻撃を兼ね備えたのが空手であり、護身術を基軸にした術が柔道であったり合気道であったりする訳です。


そんな事を知ってか知らずか、娘はどうやら練習を始めているらしい…。

もっと大きくなってから理論的に説明したかったんだけど…。


お風呂に入れたりする時に、娘の顔や頭やお腹や背中を洗っていると、寝転んでいる娘は物凄いキックを僕の腹やキ○タマ目掛けて打ち込んでくるんです。
ニコニコ笑いながら。

ひょっとしたら、妻がこっそり教えているのかも知れません。


布団で機嫌よく遊んでいる娘の横にうっかり添い寝すると、娘はにっこり笑って身体をこちらに向けると、いきなり僕の腹にキックを入れてきます。次に急所を目掛けて蹴りを入れてきます。



確かに、「男の急所をまず攻めろ」と教えるつもりだったのですがね。
今から僕を実験台にしなくても…。


ちなみに、男の急所は股間なんですが、蹴り方が甘いと効き目がありません。
きちんとしたフォームで、一秒間に二回蹴りを入れればヒットする確率が格段に上がるのです。

そしたら逃げる。

基礎中の基礎です。


復帰した敵が追いかけてくるのを想定して、道端で武器になりそうなものを物色しながら逃げるんです。



ちなみに、ウチには家族にしか分からない場所に大鎌が隠してあります。農作業にも使えますが、刃研ぎは僕が念を込めてやっているので、太さ5センチ位の木の枝なら軽く落とせます。

切れ過ぎる研ぎ方をするので、包丁は研がないでと妻に言われますが、勝手に研ぎます。
その日の内に妻が指を切ったとか爪がそぎ落ちたとかで大騒ぎになります。

大丈夫。
指は落ちてないでしょ!


刃を研ぐと、どうも真剣になってしまうんですよね…。


そう言えば、もうなくなってしまった僕の実家には何故か日本刀がありましたっけ…。
本物かどうかは分かりません。今となっては。



反抗期に自分の首が切り落とされない様に注意して、よーく判断してから大鎌の位置を娘に教えてあげようかと思っています。


まだだいぶ先の話ですが。

ハードキッカー
↑まだこんなんですから。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 子供

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。