05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

「終戦」というキーワードで何を見るか。

毎年この日になると胸が痛むとか、悲しみに襲われるという人はどれだけ居るのでしょうか。


過去に日本が戦争をして負けたという事実を知らない若者もかなり多いと思います。


実際に、今現在世界の各地で起こっている戦争の現場を目の当たりにしている日本人の方も居るには居るでしょうが、その情報が広く世間に公表される事はありません。

何故って、政府が喜ばないからです。

戦争の事実と戦争によって懐を肥やした人間の末裔が今も政治に絡んでいる事情があるので、分からなくも無いですが、そんな事だからどんどん日本人は平和ボケしていくんでしょうね。

教育が最も遅れている先進国、日本。

「戦争」に対して考える事も面倒くさがったり、分からない、関係ないで済ませてしまうのは、若者だけにとどまりません。我々中高年の世代にも意外と多いのです。

かつて、日本人が諸外国に対して行ってきた数々の所業を詳しく調べれば調べるほど、身の毛も弥立つし、嫌悪感で一杯になるし、なんて頭が悪いんだと腹立たしく思うことしきりです。


太平洋戦争で打ち負かされて然るべき国だとしか言い様が無い。
でも、その影に隠される様に、たくさんの日本兵の命が犠牲になりました。
戦地ばかりでなく、国内においてもたくさんの方が命を落とされました。

今までたくさんの終戦記念日特別番組も制作され、放送されてきました。

悲惨さを訴えるものが殆どです。当然でしょうが。
でも、肝心な事実を隠して制作されているのもまた事実です。

あまりにセンセーショナルだし、残酷極まりない日本が絡んだ戦争の事実は、隠すのではなく晒してなんぼのものだと僕は思うのです。

自分達がその戦争を引き起こした国の子孫である事をもっと深く認識して、悔い改め、回顧しつつも前を向いて歩いていかなくてはならない所に立って居るからです。


逃げるのも、目を塞ぐのも逸らすのも簡単です。

でも、きちんと理解しなければならない部分を跳び越しても、これからの世代の為になりません。

各国との相違や誤解も解く事は、より困難になっていくでしょう。

以前、記事にもしましたが、僕の小学校の時の担任の先生が社会の授業で、日本人が絡んだ戦争の酷い有様のほんの初歩の部分を教えて下さったのが最初です。
教科書を閉じるようにという指示の後から先生の横道に反れた話が始まりました。
いつも授業に集中できない生徒も身を乗り出して聞き始めるくらい強烈な話でした。
それでもほんの初歩。

「興味があったら、あとは自分で調べなさい」

先生のこのセリフで締めくくられた授業は今も記憶に残っています。



でも、いきなりそんなに積極的に悲惨な部分にクローズインした戦争の史実への接触は、僕はあまりオススメしません。

徐々にでいいと思います。


例えば、僕の書庫にあるこんな作品から迫ってみてもいいかと思います。
この世界の片隅に
↑この世界の片隅に

こうの史代さん著のこの作品は、紛れも無く戦争を題材にした作品ですが、視点が通常とは異なります。
戦地に向かう兵隊さんの視点ではなく、地上に残る人々の生活を女性らしい観点で、しかも緻密な分析を活かして組み立てられたストーリーに仕上がっています。

主人公の「すず」のパーソナリティも注目です。


初歩の初歩という事で、このあたりの書籍に手を伸ばされてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 社会

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム