04 月<< 2017年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話

僕は長いことauの携帯電話を愛用しています。

auがツーカーと合体(?)する以前の、日本移動通信(IDOと呼ばれていました)の時代からの利用者です。

当時は、NTTの携帯電話が富裕層のおもちゃみたいなイメージが強かった頃に、サラリーマン向けにユーザー網を開拓しようとしていた日本移動通信の戦略にハマり、見事に社会人一年目にして携帯電話を手に入れたのでした。

当時勤めていた会社はへんてこりんな会社で、役員しか使用していない携帯電話(しかも自動車電話)を、平社員が持つ事に異常に敵視感情を見せ、くだらない事でなんくせをつけてきたり、訳の分からないノルマ設定をしてきたりと、がっかりさせられる事ばかりでした。

ま、それでも携帯電話のお陰もあって、入社二年目に差し掛かったあたりで先輩社員の成績を抜き、あんまり頭の良くない上司連中も全社で携帯電話を持つの持たないので論争になったみたいです。
今となってはどうでもいい事ですが。

会社から携帯電話の使用料を負担する旨の申し出もありましたが、訳の分からない考え方の会社に都合よく利用されるのが嫌だったので、丁重にお断りし、僕の携帯電話の番号は変更した上で、社内の信用できる上司一人だけに教えて、あとはお得意様に教える状況にしてしまいました。

案の定、会社から与えられた携帯電話を持たされた連中は会社に休みの日も呼び出されたり、些細な事で電話越しに上司に文句を言われたりで、しまいには自分でプライベート用を契約するとまで言い出す者もいました。



ま、今でも、仕事用とプライベート用の携帯電話を持つ人はいるみたいです。
中には、付き合う恋人の数だけ携帯電話を所有しているなんていうジゴロな人もいるみたいですが。



そんなこんなで、現在のKDDIに至るまでの十数年以上、このネットワークに加入しています。

途中でトヨタの資本が入ったりして、急激に品質や通話エリアが拡大したりして、利用者も増えたみたいです。
一時ははDOCOMOとauがシェアトップ争いをしていたそうです。


ところで、携帯電話そのものの機能も飛躍的に進化しました。
今ではテレビも音楽も、インターネットも当たり前、お財布代わりになっちゃうのだって普通なのが携帯電話の意義として確立してしまっています。

もはや通話機能の方がおまけみたいな感じです。
新聞や雑誌を見ていても、携帯電話の事を「ケータイ」と表示する記事も増えました。

そんな携帯電話の高機能化の弊害が故障です。

僕が今使用している東○の携帯電話なんですが、先々代に使っていた東○製の携帯電話が故障知らずだったので、先代のソ○ーのクソケータイがすぐ壊れたので、東○に戻ったという経緯があります。

ところが、その東○君も購入から半年位から不具合を生じ始め、既に二度修理を経験していたんです。
三度目の故障で、近所のauショップに持ち込んで、おねいさんに相談したら、なんと、そのショップのおねいさん、かなりのやり手らしく、サポートセンターに問い合わせて、かなり強気なアプローチをした上に、僕の携帯を修理扱いのまま新品に交換するという荒業を成立させてしまったのです。


今まで、いろんなauショップに行きましたが、こんなすごいおねいさんには会った事がありませんでした。
いる所にはいるんですね。

で、お陰で僕の携帯電話君は、まるっと新品になって戻って来ました。

「これでまた同じ症状が出た時もお気軽にお申し付けください。」
と凄腕おねいさんはにっこりお辞儀をしてくれました。


いやぁ、驚きました。
どうせまたメインサーキット(基盤)の交換か何かで戻って来るんだろうなと思っていた所が、ピカピカの新品になってしまった訳ですからねぇ。



これからも多分auを使い続けていくんでしょう。

でも、auの名前の由来を、僕、知らないんですよね…。
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。