12 月<< 2017年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆休み。

毎年、この時期になるとお決まりの様に「火垂るの墓」がテレビで放映されます。

この作品は過去に一度か二度見たきりで、今は見ません。


決して自分がマンネリが嫌いだとか、同じものを何度も見るなんてナンセンスだとか、戦争モノは嫌いだとか、悲しいストーリはダメだとか、雰囲気が暗いだとか、監督が宮崎駿さんじゃないからイヤだという理由で見ない訳ではありません。


見るのが辛いんです。


僕にはもうすぐ100歳の祖母と、昨年101歳で亡くなった祖母の話を思い出すのです。

疎開の話や、食べ物に困った話。
目の前に落下してきた焼夷弾(しょういだん)の話。
戦地に送られていった若者たちの話。
学校の校庭で竹槍を持って空に向かって突き刺す訓練をしていた子供たち(僕の父とか叔父とか)の話。

そして、玉音放送の話。


戦地から運良く帰還した祖父(既に亡くなってしまいましたが)の話していたセリフの話。

いろいろな物が僕の脳裏を走るんです。

偶然にも僕には広島にも長崎にも、その地で生まれ育った知人が居ます。

毎年同じ様に反戦の行事が行われる事も知っています。

本当に日本は戦争を克服しているのでしょうか?



都合の良い事にかまけて、戦争の記憶を消そうとしているのではないでしょうか。

前出の「焼夷弾」だって、国語辞書に掲載されているのはごく僅かです。
新版には削除されたものも有るのではないでしょうか。


そんな中で、「火垂るの墓」が毎年放送されている事は僕にとっては複雑です。

毎年放送して、アニメで戦争を後世に伝えるのが狙いなのか、毎年アニメで伝える仕草を見せなければならないほど、伝える事に疲弊してしまっているのか分からないからです。


昨日、庭でとれた初物のとうもろこしを味見して、おいしかったので今朝もう二つもぎ取って、近所に住んでいる嫁様の実家に届けてきました。

どれ程の事があったのか分かりませんが、嫁様の実家では戦争の話しは出ません。
でも、お仏壇にはいろいろなものがお供えされています。

戦争を取り上げた番組がテレビで流れていると、チャンネルが変わったりします。



文字通り「戦争を知らない子供たち」である僕らの世代がしっかりしないと、ゆくゆくはまた自分の子供たちの世代を、戦地に無理やり送り出さなければならない事態も起こり得るのではないかと思ったりもします。

意外と戦争になったら、人間は核なんて使わずに原始的な爆弾や白兵戦で勢力争いをする気がします。細菌兵器なんてものを使う場合も増えるでしょう。

短絡的に敵視した相手の命を奪う事が目的となってしまうのはとてつもなく悲しいことです。


戦争は人のみでなく、その文化も狂わせてしまいます。
目の前からありとあらゆるものを奪っていきます。




今日の最後にありがたかったのは、嫁様の実家でおはぎを頂いた事です。

自分自身の実家を捨てた僕には、お仏壇も先祖の位牌もお墓もありません。
お供えをする祭壇もありません。

うっかり過ごしていたら、自分の先祖の事を置いてきぼりにしていました。

思いがけずおはぎを頂いて、先祖への挨拶ができたような気持ちになれました。

お盆が過ぎ、終戦記念日も過ぎ、今年の残暑がまた巡って来ます。

ついに梅雨明けもなく、夏が過ぎ去ろうとしています。


今、外は雨です。


明日は晴れるかな。

こんな日本でも、その礎を命をかけて守ってきたご先祖様たちには感謝をしなくてはなりません。



来年の自分は、もう少し成長しているかな。


成長しているといいな。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント

火垂るの墓、毎年やってるので今年は見なかったですが、それでも内容は全部覚えてしまっているほどです。何度見ても泣いてしまう…。
戦争の悲惨さを今の子たちに分からせるには、やはりああいうアニメーションが一番適しているのかも。難しい戦争論の本や偉い学者さんの話じゃ理解しにくいですもんね。一番いいのは実際に体験したお年寄りから体験談を聞くことですけど、戦後60年経って、しっかりお話できる方がどんどん減っているのも現実。
命を懸けて戦ってくれたご先祖様たちにお礼を言いつつ毎日頑張って生きてきたいですね。

戦争はイヤです。子供が出来たら以前より強くそう思うようになりました。なんとか口ゲンカ程度に収まらないものかしら…。

すず様へ

火垂るの墓は本当に悲しいお話です。
初めて見た時に涙が止まらなかった事を覚えています。


本当に、「戦争」を口げんかで済ますことができるようなオトナな社会や世界になってくれるといいなあと思いました。

ありがとうございます。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。