07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコン取り付け。

先日掃除したエアコンをダイニングルームに取り付けました。


僕のやる事なので、基本的に自分でできることは自分でやって、業者に依頼する分をセーブするんです。



まずは室内機から。

室外機と室内機をつなぐ配管と配線と水抜き用パイプ(ドレン)が通る穴を壁に開けます。

穴を開けます。
↑穴を開けて配管と配線とドレンを通した所です。


ついでに室内機の取り付けようの背面板の取り付け様の穴を開けて、モルタル壁用の埋め込み金具を取り付けます。


室内機用取り付け板。
↑こんな感じに取り付けます。


きちんとセンターを出して、水平を出して取り付け板を設置します。
これをやり損なうとエアコンがナナメに付いてしまいます。

パイプカッター
↑これで配管(銅パイプ)をカットします。


フレアリングツール
↑フレアリングツール


フレアリングツールは、配管とエアコン機器を接続する時に必要な、専用の形状に成型する道具です。
クルマのエアコンのパイプもこれで成型して接続します。




で、室内機側のパイプを成型して、長さを測って手で曲げて、室内機の背面に納まるようにします。
ここでは、如何に無駄の無いように配管と配線とドレンをまとめるかがコツです。無駄が出るときちんと室内機が壁にくっつかなくなる恐れが出てくるためです。

室内機取り付け
↑なんとか取り付きました。


事前に屋根裏へ上って専用のコンセントを設置しておきました。

天井裏は実に暑かったです。
お金を出してサウナに通うなんて、非常に馬鹿馬鹿しいと思うほどです。(笑)

ちなみに配管の接続はスパナを使って締めこみます。
画像に撮れなかったのは、位置的に撮影できる状態ではなかったためです。すみません。


室内機側の電気配線をしてから、次は室外機側の工事です。

室外機
↑全ての作業が終わってから撮りました。


配管は高圧側と低圧側の2本があるのですが、どちらもフレアリングツールで、ラッパのような形状に成型してから本体の配管取り付け口に取り付けます。
まず、高圧側をしっかりと締め付けて、次に低圧側をすぐに締め付けられる様にセットします。
この状態で、高圧側のバルブを緩めてフロンガスを配管内に通します。

フロンガス検知器のセンサーを低圧側の取り付け口付近に近づけて、ブザーが鳴ったら低圧側を締め付けてしまいます。
それから低圧側のバルブを緩めて配管内は冷媒ガスで満たされることになります。

なぜこのような作業が必要かというと、配管内に空気や水分が入ってしまうと、エアコンがまともに構造的に作動しなくなるからです。
配管が長くなる場合は真空ポンプを使って、真空引きという作業をしなくてはなりませんが、今回は3メートル未満だったので、このような方法でエア抜きをしました。

電源接続
↑電源接続

これでとりあえず完成です。

ここで室内と室外をつなぐ配管と配線とドレンパイプをまとめて保護テープで巻きます。
保護テープで巻きます
↑保護テープで巻いてまとめます。

保護テープには白と黒があります。
お好みのものを使用すると良いでしょう。

僕は熱を吸収すると不経済かな…と思ったので白を…と言いたい所ですが、実は今回のエアコン取り付けの道具や保護テープは、義父から借りたり融通してもらったものなのです。

もちろん、壁の穴あけも道具持参でやってもらいました。

ざっと計算すると、三台以上のエアコンを取り付けることを考えると、穴あけの道具やフレアツールなどは余裕で買えちゃいます。

義父の家も、もう一台エアコンを取り付けるとか…。
勿論自分でやるそうです。


義父がこんな人で良かった。


隙間を埋めます
↑隙間を埋めます。

これには専用の粘土のようなものを使います。
日曜大工系のお店に置いてあります。

隙間をふさぐのには様々な理由があります。
勿論、雨水の進入を防ぐ目的もありますが、蜂やコウモリなどが侵入してきて巣を作ってしまったりするので、それを防ぐ効果があります。


まとめた配管達は、壁に沿うように形を奇麗に整えて作業は終わりです。

と言う訳で、早速試運転。

涼しい風が出てきます。
ちなみに今回取り付けたエアコンは、冷房と除湿しか機能が無いタイプなので、冬はコンセントを抜いてお休みになります。

みなさんもエアコン取り付けにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ

コメント

すごーーーー
こんなことまでしてしまうんですね。
さすがです。

みなさんもチャレンジしてみては、って


できませーん!(笑)

ふーたまま様へ

大丈夫です。

意外となんとかなるものです…。
↑無責任


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。