07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『私のお祖父さんのこと(3)』




私は父さんと話している間にお祖父ちゃんのことが知りたくなっていろいろ聞いた。

父さんがお祖父さんに話を聞いたのも今の私のような気持ちに似ているのかなぁ?
いや違うかなぁ?ただ私が父さんに似てて親の思い出話を面白いと感じるだけなのか…。

よく分からないけど…とにかく、私はお祖父さんのことも知りたいと思った。



それにしても、お祖父さんは若い頃に無茶していたのかなぁ?
そんなに家族から孤立してしまうなんて…。

前に、「一人きりでいるよりも大勢の中で孤独を感じている方が数倍つらい」と聞いたことがある。

私自身もイジメられていた時にクラスの中で孤立した。
行き場のない気持ち…思い出したくなくても…すぐに、よみがえる。

お祖父さんは寂しかったんじゃないのかなぁ?
でも、昔の男というと『男子たる者、泣き言や涙を見せるべからず』みたいなことを言いませんでしたか?
『不自由で不器用な生き方』をお祖父さんはしていたんじゃないだろうか…。

故郷を好きな女性のために捨てた後、一度も帰ることなく頼る所も人もいない場所で家族を持つ怖さ。
自分がしたこととは言え責任の重さにつぶれそうになった時もあったんじゃないかなぁ?
お祖母ちゃんも、お祖父さんに恨み言を言っていたそうだし…。

だから、当てどころのない気持ちをお酒を呑んで紛らわせていたんじゃないだろうか?


と、今、家族のお蔭で恵まれた環境で暮らさせてもらってる孫の私が分からないなりに考えてみた。

お祖父さん、違っていたら…本当にごめんね。




(明日へ つづく)
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。