05 月<< 2017年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『私の家族(7)~両親の子供の頃~』




また、改めて父さんに質問をした。
私:「それで、父さんの記憶の中にある一番小さい時の記憶は?
お祖父ちゃんと一緒に買い出しをした時なの?」
父:「うん…、そうだなぁ。買い出しって言っても金があっても物が買えない時代だったから物々交換だったんだけどな。」
私:「へ~!!
その時、お祖父ちゃんは何の仕事をしてたの?」
父:「あっ!親父?親父は港で荷物を積み込む仕事をしとったらしいんだよ。」
私:「それは、お祖父ちゃんから聞いた話なの?」
父:「うん、俺は仕事場には行ったことないからなぁ。
今でこそ、船に積み込む時はコンテナやクレーンやベルトコンベアーなんかで一気に沢山の荷物を積み込めるようになったけど、あの頃は、どんな物も全部 人が担いで乗せたんだ。
藁(わら)で編んだ俵(たわら)とか、麻の袋とか…想像つくか?
あの、川を塞き止める時に使う土のうとか見たことないかなぁ?」
私:「ああ、うん、土のうなら見たことあるよ!分かる!分かる!」
父:「あんな格好した袋を港に船が停泊してる間に何人も列になって積み込む仕事を親父はしてたんだよ。
でも、俺が生まれてからかなぁ…。
親父が船と港をつなぐ板から落ちて腰を痛めて働けなくなったんだ。」
私:「海に落ちたの?」
父:「親父が落ちたのは海じゃない。コンクリートの上に落ちたんだぁ。
見たことないか?でかい船が入るコンクリートで出来た港。」
私:「はいはい、よく刑事物のドラマで『港の倉庫』って倉庫が並んでるコンクリートで出来てる港。」
父:「ああ~、まぁ~、あの時にそんな立派な港は無かったけどな…。
側面に排タイヤがぶら下げてあって船が接岸する時にキズ付かないようになってるんだ。
ロープで結べば船と港の間は、海が見えるような隙間なんて空かねぇだわ。
だけど、船の荷物の乗り入れ口は高い場所にあるから荷物を乗せる時には人が一人渡れる程の板を斜めに渡して上って行くんだよ。
その板が固定されてないから不安定で一人が歩く度に波を打つわけだ。
その波打った時に親父が丁度、足を付いたらしくてバランスを崩してな。
弾かれて荷物を抱えたままコンクリートに叩き付けられたんだと。
自分の体重と荷物の重さを全部腰で受けたもんだから、しばらく立てなくなったらしい…。
あんな当時、労災も保証も何もなくて動けなくなれば即クビだぁ。
それで、それからは食うために地主さんにお願いして野菜やらいろいろな物を持って闇市に行って地主さんの代わりに物々交換をして…その日暮らせるだけの食事をもらってたんだ。」
私:「闇市って悪いことだったよね?」
父:「ああ、警察の取締が厳しかったぞ。
見付かれば全部没収されちまうからな。」
私:「父さんも捕まったの?」
父:「いや!子供の頃の俺を親父が連れてると疎開から帰って来た爺さんと孫みたいに見られたんかなぁ?
親父が荷物を背負ってても、一度も取締に引っ掛かったことが無かったから親父は闇市に必ず俺を連れてったんだと思うぞ。」
私:「へ~!!」



(明日へ つづく)
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。