05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

ヨメさんコラム

『ごえもんの術前検査』(5)




鳴き声に驚いて目を覚ましてから…、周りをゆっくり見渡すと結構たくさんの患者さん(ワンコ)と飼い主さんがいた。


飼い主さんの足下に伏せたままジッとしているゴールデン・レトリバー。

飼い主さんと長椅子に一緒に並んでお座りしているパグ。

両の目が抜けるほどブルーのシベリアン・ハスキー。
何故かハスキーさんに私はガン見された。
あまりに強い目力に思わず(^^;)『あ…、どうも…』なんて頭を下げてみた。

ハスキーは、あまり視力が良くないそうなので…私が何か変な生き物にでも見えたかなぁ?


しかし…皆さん、来院の際に静かだったので私は全然気付かなかったんだわ!

私は車の中でも平気で寝てしまうけど…ここでも寝てしまうなんて…そんな自分に少し赤面した(*⌒_⌒*)へへ…オホホ…。

でも、こういう時って『私、目を閉じてただけで寝てたわけじゃないんですよ~。』みたいな雰囲気を出してしまう変なクセがある。

人から『変わってる』と思われるのが苦手なくせに変な行動をする私は…、とっても小心者だね。


そんな時、今度はエプロンをしている繁殖所に勤めているような雰囲気の女性が子供を産んだばかりのお母さん犬(おっぱいが大きかったんです!)の黒いラブラドールを連れてやって来た。

繁殖所の方らしき、その女性はエプロンにブルゾンを羽織り、下は薄茶色のキュロットに黒のタイツ。そして、キュロットと同色の薄茶のレッグウォーマーを履いて受付に立っていた。
髪は茶色で無造作に後ろで束ねられている。
私の居る所からは顔が、よく見えなかったけど持っている全体の雰囲気が気取りが無くて…、なんとも可愛らしい感じのする女性だった。

可愛らしい女性:「お願いしていました。○○ですが…」
看護師さん:「ハイ、伺ってますよ!産後の検査と赤ちゃんの健康診断でしたね。」
可愛らしい女性:「はい、お願いします。」
看護師さん:「赤ちゃんは?」
可愛らしい女性:「まだ、車の中です。一人じゃ降ろせないので手伝ってもらえますか?」
看護師さん:「そうですか!今、行きます。」
というと奥の部屋の方に声をかけて看護師さんは二人で玄関から外に出て行った。

ラブラドールのお母さん犬もソワソワした様子。
すると、少しして看護師さんが二人でテレビの入っていた段ボール箱の両端を持って診察室へ入って行った。

可愛らしい女性は、箱に飛び付こうとするお母さん犬のリードを握り看護師さん達の後から診察室に入った。

ほどなく、診察室から笑い声や歓声がもれ聞こえて来た。

なんだか、ホッとする瞬間だった。



その時、検査を終えたごえもんが診察室から戻って来た。

わざわざ、先生がごえもんを抱っこして受付まで出て来てくれた。

先生:「一応、検査は終わりましたので、ごえもん君をお返ししますね。検査結果についてご説明したいのですが少し時間がかかりそうなんです…」
私:「あ~、ハイ!いいですよ。待ってます。」
と、ごえもんを受け取った。

先生は、頭を下げて診察室に戻って行った。

ごえもんは、ほのかに薬品の匂いがする。
随分、興奮したらしくゼーゼー息を切らせていた。


しかし…また、病院を嫌がって大人しく抱っこされてくれない。
ジッとしていられない ごえもんと、抱っこしていたい私と格闘が始まった。


しばらく、バトルしてごえもんが落ち着いた頃に診察室からラブラドールのお母さん犬を連れて可愛らしい女性が出て来た。

すぐ後ろに段ボール箱を持った看護師さんが続く…
その光景に何気なく目をやると看護師さんの持っている段ボール箱が診察室に入る前と違いフタが開いて立っていた。

フタの上に、黒く太い字で『ホームセンター行き』と書かれてあった。

私:「…」

それを見た時、その子供たちの一生が幸福でありますように…と願わずにはいられなかった。




(明日へ つづく)
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

YUKIは販売にはかかわったこと無いですがブリーダーの所でトリマーをしてたことがあります。
交配、お産も手伝ってました。
その女性も、そんな感じのお仕事なのかな?

ラブの仔犬ちゃん・・
ホームセンターのペットショップで販売なのかな?

最近は飼い主のモラルが低下してるから心配になっちゃうけど、悪い人ばっかりじゃないですもん。きっと幸せになりますよ。

YUKI様へ

YUKIさんは、ブリーダー(^^)トリマーさん(^^)すご~い!!
尊敬します!大変な仕事をしていらしたんですね!!
ワンコも飼い主さんもいろんな性格の方がいて最高に気を使う仕事だと思います。
私は、自分のワンコ以外のワンコさんは可愛いと思っても接し方が分からなくて触れないんですよ(T_T)
今回、待合室で見てた時だけでも「ひゃ~、大変だな~!」と思いました。

あの可愛らしい女性が、どのようなお仕事をしてるか分からないのですがワンコの扱いに慣れてる気がしました。
また、雰囲気が優しくて…ワンコにも優しく接していまいた^^。
ああゆう人だからこそ務まるんでしょうね。私のような者には勤まらない仕事だと思います。

ラブの仔犬ちゃんは、きっとホームセンターに行くんだと思います。

ホントに良い飼い主さんと巡り会ってほしいです。YUKIさんの言うように私も「幸せになる」と信じています^^。

しかし…ウチでも、ごえもんとオトの間に5匹子供ができて3匹が里親さんの所へ出て行きました。
その時のなんとも言えない悲しさが想い出されました(=_=)。

コメント、ありがとうございます。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム