01 月<< 2017年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『退院後、はじめての診察』(2)





半蔵が退院してから、はじめて連れて行った病院で先生とウンチの話で和気あいあい!

診察台の上の半蔵はブルブル。

先生:「他に気になることはありますか?」
私:「あの…、半蔵の右目に軟膏の目薬を塗ろうとした時に半蔵を押さえるんですが嫌がって顔を背けてしまって…
その時に私の指がキズに触ったんです。大丈夫ですか?」
先生:「ん?腫れも治まって来ているし…特に心配することはないですよ!」
私:「あっ!そうですか!良かった!
あと、エリザベス・カラーがストレスになってるようで気になるんですけど…。」
先生:「ああ~、それは、そうでしょうね!
でも、後ろ足で目尻の縫った所をバリッと引っ掻いて破ってしまったら、今度は手術しても治せませんからね~。
半蔵くんには、もう少し我慢してもらわないと~。ね~。」
と半蔵の顔を見てくれた。
先生:「右目にゴミが溜まってるから気持ち悪かったかなぁ?」
私:「あっ!すみません。」
先生:「いいんですよ!みんな、こうなっちゃうんです。軟膏の目薬だからね。
ほこりがくっついてしまうんです。
こちらで取りますのでね。お家では危ないから取ろうとしないで下さいね。」
私:「あっ、そう言っていただけると楽になります。ありがとうございます。
お願いします。」
先生:「ハイ!」
そう言うと先生は半蔵の右目にたっぷりと液体の目薬を流しこんだ。

半蔵が飛び跳ねんばかりに驚く、看護師さんが半蔵を押さえ込む、先生がピンセットを持って半蔵の顔に近付けていく半蔵がビビッて強張る。

その光景は、なんかもうバトルのような緊張感だ。

半蔵の顔を持ちながら、右目に付着したほこりをピンセットで少しずつ取っていく。
ピンセットの先は、尖んがっているので人間でも近付けられたら驚いてしまう。

でも、意外に半蔵は悲鳴を上げないし、暴れたりもしない。(ビビり過ぎて声も出ないかなぁ?)

よく頑張ってくれている!!半蔵は素晴らしい!!

私:「あの~、親バカで申し訳ないんですけど…半蔵って良い子ですよね?」
看護師さん:「ハイ!すごく良い子ですよ!普通、こんなこと絶対にさせてくれません。入院してた時もおとなしくて我慢強くて良い子過ぎるくらい良い子でした!」
私:「そんなに言ってもらえると思いませんでした。
あ、ありがとうございます。
でも、本当にこの子の親犬もおとなしい方ではないので誰に似たのか不思議なんです。
いろいろ背負って生まれてきて覚悟してるのかなぁ?」
先生:「そうですね。でも、今、半蔵くんは不幸ではないと思いますよ。みんながいるから頑張れるんじゃないですか?
これからは良くなるばかりですし…」
私:「私達の幸せは先生に会えたことですよ。感謝しています。
いつも笑顔で居てくれて本当に先生は素晴らしいです。」
先生:「私なんて全然ですよ!うちに来てくれる患者さんとご家族の方が素晴らしいから私は、いつも助けられているんです。」

まぁ~、なんて素敵な考え&言葉。

この時、さくら動物病院と横山医院長先生をブログ読者の皆さんに紹介したいと思った瞬間だった。

ジーンとしてしまい絶対にブログに載せたくて…引っ張ってしまいました。




(明日へ つづく)

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。