01 月<< 2017年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『ごえもんとおとと遊びに行こう!~最終回~』





唇を固く結んで歩いていくYちゃんの横を私は歩いていた。

Yちゃん:「ねえ?もしかして…私のせいでS君と旦那さんの仲が壊れたりするかなぁ?
そしたら、どうしよう…。」
私:「へ?ああ~、そんな事はYちゃんが気にしなくていいよ!
それこそ、旦那様が決めることだからね。
私は…もう無理だけど…」
Yちゃん:「そっか、ごめん。」
私:「ううん、知らずに平気で笑ってるより…よほどいいよ。」
そう話して私達はIさんと旦那様と合流した。

その後、バスのチケットを購入。
ゆっくりとバスが来るのを待って最後の別れの挨拶をした。

なぜかしら、S君はIさんと旦那様の前では口数が少ない。

女に嫌われるより、男に嫌われるのが怖いのかなぁ?


私は相変わらず、Yちゃんの隣りにいた。
その時、少し気になることを言われた。


それと同時にYちゃんの乗るバスが見えた。
Yちゃんはバスに乗り込んだ。
丁度、こちら側から顔が見える位置にYちゃんは座った。
私は手を振った。Yちゃんも軽く手を振った。

いろんな思いをさせてしまったことを謝りたいような気持ちで別れを惜んで手を振った。

バスが発車した。角を曲がり見えなくなった。

旦那様:「さて、僕らも家に帰ろうか。」


そう言って駐車場へ向って歩き出した。

車に乗るとゴエモンとオトが出迎えてくれた。
Yちゃんと私が話している間、旦那様はワンコの散歩をしていてくれたそうで本当に頭が上がらない思いだった。

そして、4人は車に乗った。
S君の車が私達の自宅へ送ってくれる1時間あまりの間、私は何も話をしなかった。

ただ、猛烈に襲って来る車酔いに必死に耐えていただけ…。



この話は、これで終わる。

結局、このあと二度とS君とYちゃんが会うことはなかった。




(おしまい)



ところで、バスに乗り込む前にYちゃんが言った気になることとは…


Yちゃん:「でも、ホントに旦那さんとあんたは昨日は何も無かったの?」
私:「うん…私、酔ってたし…。なんで?」
Yちゃん:「いや…あの…私が気付かれないようにパジャマを着て、皆が寝静まった頃に一階のトイレに行ったんだよ。
それで、戻ったら旦那さんの枕元に人が座ってたように思ったから…」
私:「え?私じゃないよ、絶対に…」
Yちゃん:「…うん。
まぁ~、二階の電気をつけないで移動してたし…てっきり、あんただと思って慌てて寝たから…よく見てないんだよ。
だから、ゴエモンと見間違えたのかなぁ?」
私:「うん…。ん?」



その後、旦那様は体調を崩し、様々な怪奇現象が家の中で起きるようになった。

なんか、連れて来ちゃったのかなぁ?

木曽の御岳でおたきあげをしてもらう事になるんだけど…。


その話は、また…いつか…機会があったら書きます。


では、またね(^_^)
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

長編ブログ完成 お疲れ様でした♪

おヨメさま、お疲れ様♪
ここ何日か記事を読んで、コメントを書こうとしては筆が止まり・・・
Yちゃんも、以前のS君のお見合い相手も、関係が続くことを想定してるのに・・・。
S君は、かわいくてやらしてくれてたらOK、その場限り。Yちゃんとは長距離だから、つまみ食いしても後腐れないだろうって考えがねぇ。
ちょっと傷がついたらマフラー取り替えるのと同じ感覚かも。(違う?!
てか、HをしたいのならS君がちゃんと用意しとけって!そこらへんもなんだかねー。Yちゃんのせいにできるように、逃げの態度がみえみえだし。
まぁそのおかげでS君の本性が見えて、Yちゃんも深みにはまらず済んだし、おヨメさまとの関係も崩れなかったから、よかったですね。

また、私の苦手な話が出てきそうだわ・・・。
今回は読んでも背中が寒くならなかったから、大丈夫そう。きっと成仏されてるんでしょうね。

え~とりあえず、お疲れ様でした。
で、次回作はいつかしら?(笑

えっ、最終回?!
なんだかずっと続くような気がしていました。
でもSくんとYちゃんが深みにはまることなく、おヨメさまとYちゃんの絆が深まってよかった。

な、なんかすごいオチが…!
だんなさま、その後大丈夫なのかしら?

鈴さまへ

こちらこそ、よくここまでお付き合いいただけたと思い、本当に有難くて~。

感謝、感謝、感謝、感謝、感謝~☆の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

私が、この話を書こうと思った最初のきっかけがバスを待つ間のYちゃんとの時間が忘れられなくてね…。
私が、いつも実家に行く時に使うバスなんですよ。
そこに立つと目の前に、あの時のYちゃんが浮かぶんです。
すると、なんとも言えない切なさが込み上げるんですね。

ここ数日の記事が一番辛かったです。
一人で抱えてる気持ちを皆さんに聞いてもらえて本当に嬉しかった。
ありがとうございました。

Yちゃんに対してのご意見はいろいろあると思いますが、私はYちゃんを悪く思いません。
気持ちを受け止める気もないのに手を出したS君が悪いと思うんです。

お見合い相手の女の子も必要以上に傷つけるし・・・ひどいよね~。

でも、よく傷ついたマフラーを取り替えた記事のこと憶えてくれてましたね!すご~い!
そうだ、そうですよね!その感覚と同じなんですよね!
鈴さんの意見に私は感心しちゃいました!
うんうん。そうだ、そうだ!

しかし、S君ってホントにバカ…。

でも、バスを待ってる間にYちゃんがいつものYちゃんに戻ってくれて良かったです。
今は、元気ですよ。相変わらず恋多き女ですけどね…(^^;)。


鈴さんは、怖い話が嫌いですか?私も大嫌いです。

でも、嫌いなのに意外に体験は多いです。この前、ケンネル旦那様が書いていたので勇気を出すことにしました。
また、読んでみて下さい。

今回は、決着をつけています。
って…そのはずなのに、そのことを書こうと思うと身体のあちこちが痛くなって…大丈夫かな?

次回は、半蔵の手術が無事に終わって退院してきてから書かせてもらいます。

よろしく、お願い致します。

次を書きたくなる嬉しいコメントをいただけて幸せでした。
いつも、ありがとうございます。




---------------------------------
ここからはケンネルです。

ところで鈴さん。
ここ2,3日でブログに変更はありませんでしたか?
何かのアフィリエイトプログラムを追加したりだとか…。

実はウチのパソコンからアクセスすると「webサイトに問題があります」と警告され、そこから先に進めません。勿論コメントとか書けないんです。ひょっとしたら何かのスパイプログラムとかが勝手に潜り込んでいる可能性があります。思い当たる点がおありでしたら一度チェックしてくださいませ。
ちなみにウチが使っている防壁は海外製の防壁ですがかなり高機能なので、場合によってはこちらの高い防壁設定が原因かも知れませんが、一応ご報告まで。どうしてもそちらのコメント欄にかけなかったもので…。
すみません。

puriri様へ

コメント、ありがとうございます。

はい、無事に最終回をむかえることが出来ました。
長い間、お付き合いいただきまして本当ありがとうございました。

私も、毎日の習慣になっていたので無くなってしまう寂しさを感じています。

私が、この話を書こうと思った最初のきっかけは、バスを待つ間のYちゃんとの時間が忘れられなかったからです。
私が、いつも実家に行く時に使うバスなんですけど…。
そのバス停の前に立つと目の前に、あの時のYちゃんが浮かぶんです。
すると、なんとも言えない切なさが込み上げるんですね。

ここ数日の記事が一番辛かったです。
一人で抱えてる気持ちを皆さんに聞いてもらえて本当に嬉しかった。
ありがとうございました。

Yちゃんに対しては賛否両論あると思いますが、私はYちゃんを悪く思いません。
気持ちを受け止める気もないのに手を出したS君が悪いと思うんです。

YちゃんもS君のダメさに気付いてくれてよかった!
私もYちゃんが最後に話してくれたからよかったです。

あとは、連れて来ちゃった な・に・か・の存在…。
今、思えば…あの日の夜の旦那様の異様な寝む気も何か関係しているのか?と疑いたくなりますよね…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。