12 月<< 2017年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『ごえもんとおとと遊びに行こう!
~ここまで長かったよね!本当にごめんね!最終章(10)の巻~』




私は、疑問に思うと後先を考えずに口から出てしまう時がる。


私:「Iさんと私が二階に上がった時は寝てたの?」
Yちゃん:「ううん、憶えてるよ。」
私:「あっ!そうだったの。寝た時間は私達と一緒くらいだね。」
Yちゃん:「そう…だね。」
私:「うん?」
Yちゃん:「私、S君がもう一度くらい来るかなぁ?と思って…
パジャマ着てなかったんだ。
そうしたら、学生の大騒ぎする声が聞こえた後に階段を人が上がってくる音がして…
慌てて布団の中に着ていた物を全部突っ込んで寝た振りをしたんだよ。」
私:「あっ!それは、Iさんの足音だよ…。」


そうすると、S君もYちゃんの様子を伺っていて再チャレンジしようとしていた矢先にIさんが二階に行ったと考えられないだろうか?

そうすれば、S君とYちゃんの寝てる距離が、やけに近かったのにも納得がいく…。
だから、S君がYちゃんを求めていたと私は考えてしまう。

私:「本当にS君はYちゃんと付き合う気はないのかなぁ?」

Yちゃん:「ないんじゃない。付き合いたいのとヤリたいのって男は別みたいだから…。」
私:「なに?なんでそんなに物分かりがいい人みたいにしてるの?
ここで、ちゃんとケリを付けないと同じ事をまた繰り返すかも知れないよ!」
Yちゃん:「だって、もう頑張れないんだよ!」
私:「頑張れない?Yちゃん…頑張ったの?
S君と付き合いたくて…。」
Yちゃん:「うん、ボートの中で話したよ。
そしたら、こっちが何か話そうとする前に
『昨日は悪かったなぁ。酔ってたせいだから…忘れて!俺も、ほとんど記憶ないから!なっ!』って言ったんだよ。」

私は、空いた口が塞がらなかった。

Yちゃん:「それでも、私も諦めがつかないから…
『一度、二人で会いたい!』って言ったんだけど
そしたら、S君が『二人で会ったら今度こそ本当にヤッちゃうから駄目だ。』って言ったよ。
ホントにそういうところは正直だよね。」

私:「それで、付き合わないって…。」
Yちゃん:「面倒らしいんだよ。住んでる所が離れてるからさぁ~。
『いっつも、そっちが来るならいいけど俺は疲れてるから絶対に行かないよ。
それでも、いいなら会ってもいいけど』って…
それを聞いた時に『愛情がない』と思ったら、なんか~、S君を必死に好きになろうとしていた私の気持ちがバカばかしく思えたよ。」
私:「…」
Yちゃん:「あんたみたいになれるかと思ったのが間違いだったんだよね…。」
私:「私?」
Yちゃん:「でも、話せて良かった!このまま、S君が悪いヤツだって誰も知らないで平気で生きていくなんて嫌だったんだよ。
私も悪いんだけど…特にあんたに何かしてもらいたくて話したわけじゃないから気にしないで!」
私:「えっ!?話を聞くだけでいいの?」
Yちゃん:「うん、せいぜいS君には気をつけてね。」
私:「私のことだから旦那様に話してしまうかも…」
Yちゃん:「いいよ。それは自分で決めればいいよ。」




(明日へ つづく)
<ふむふむふむ。>
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

ダンナ様どころかブログ読者にまで知れ渡っているSくんのダメさ加減!
いいね~。
なんかSくんの話を聞いてるとなんだか誰かを殴りそうになるよね~。
女をバカにしてるよー!
遠いから会いにいかないとかさー。
好きならそんなの関係ないじゃんねー!

カメコ様へ

私自身は、人を嫌いにならないように頑張ってるんですよ!
(すみません…、人間が出来てないので頑張らないと人を好きでいられません。)
でも、S君だけは頑張っても好きになれないです。

Yちゃん、強がっているけどキズついてます。
もう、今は思い出すのも辛くって『どうか、S君だけは幸せにならないでほしい。』とまで願ってますよ。

ブログの読者さん達にもS君のような人には気をつけてもらいたいです。
そういう人って外見が意外に良かったりしますから…

>なんかSくんの話を聞いてるとなんだか誰かを殴りそうになるよね~。

あの…誰か?誰かを殴るのは気をつけて下さいね^^;

S君って女をバカにしてることにも気付いてないのでしょうか?

でも、ホントに遠いから会いにいかないのは理由になりませんよね!
旦那様と私は会いたくて会いたくて、毎週4時間の距離を越えて会ってました。

好きになっちゃったら距離どころじゃないですよ~。

痛快なコメントが楽しくて嬉しかったです。
ありがとうございました。

ほんと、カメコさんのおっしゃるとおり、誰かを殴りたくなりますね。
Sくんの話を聞くとアドレナリンがジョワっと分泌する気がしてしまいます。
しかしSくんのその自信は一体何なのかね…
モテてるせいで自信があるのか、自信があるからもてるのか…
Yちゃんって結構冷静に見てるよね?

puriri様へ

あっ…だ、だから…あの…
カメコさんのおっしゃるとおり!なんですが、
誰か?って誰かを殴りたくなるのはダメだってば~@_@。

実は私、S君の顔を見るだけで今でも「怒り」が込み上げるんですが…
それが、アドレナリンだったのかしら~?
では、私も出てます!出てます!一緒ですね!

ところで、S君って自信があるのかな?もしかしたら、ほら「怖いモノ知らず」なのでは?
泣き寝入りする子ばかりで痛い目にあってないから同じ事を繰り返すのでは?
S君側からは情報が入らなくて推測でしかなくて…ゴメンナサイ。

でも、私達もなんの知識もなくS君に会っていたら…好きになっちゃうのかしら?
いやだ~(>■<;

しかし、Yちゃんは冷静だったんですね!強がってるんだと思ってました。
そうか~、はじめて知りました。なるほど~。
教えてくださって、ありがとうございます。

なんだかなあ・・・(笑)

そういう人いるよねぇ、いるいる・・・

ふーたまま様へ

本当になんなんでしょうね・・・(ー。ー;)ふ~。

無責任な事を平気でして、責任を取る場面では必ず逃げてしまう人っているんですよね。
ダメダメですよ、・・・。
早く、改めないと取り返しのつかない事になりそうです。



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。