01 月<< 2017年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『お詫び』


年末に体調を崩したためコラムの続きが書けずにおりました。
誠に申し訳ありません。

お待たせしている間に気付けば年を取ってました…(@_@)え~っ?
す、すみません。

え~と、久しぶりだから今までの「あらすじ」を書こうか?とも思ったのですが…
私のことだから、また長くなりそうなので控えさせていただきました。

年末は、エロエロ話なので興味のある方は是非、読み返してみて下さい。

よろしくお願い致します。


あと…これは、フィクションではなく普通の人の身に本当に起きたこととして受け止めて下さい。
そして、けして失敗した人を笑わないで下さい。

私も、やっと話せるよるようになった話です。

あの時のYちゃんは、強気で…自分のことではないような軽快な態度で話してくれていた。

もう、そう表現するしか…心が保てなかったのではないのかなぁ?と今は思うのです。

自分の身に起きた一夜の過ちを真剣に考えて受け止めたら辛過ぎるんじゃないのかなぁ?と思うんです…。





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『ごえもんとおとと遊びに行こう!
~ここまで長かったよね!本当にごめんね!最終章(9)の巻~』





私は、Yちゃんに、「もて遊ばれたようなもんだよ!」と少し興奮ぎみに言った。

でも、そんな私に比べてYちゃんは落ち着いていた。
私には、Yちゃんの態度の意味が分からなかった。


最近になって、ケンネル旦那様に聞いてみたら、
旦那様:「もしも、裁判沙汰にでもなったら、人に知られたくない恥ずかしい話を沢山の人の前で話さなきゃならない。
それに、S君には言い逃れできる材料が多くて、一概にS君だけを悪者にするのは難しいよ。

Yちゃんが恥ずかしい思いをして何の利益も得られない争いをするくらいなら…黙っていた方がいいかも知れない。
まぁ~、Yちゃんがそれを考えて決断したか、どうかは分からないけど…。
その時は、その選択以外に仕方なかったんじゃないかと思うよ。」と言われた。

じゃあ、世の中には、その理由で泣き寝入りしてる人も沢山いるということなの?

なんてことだろう…私には、黙って俯(うつむ)き目を合せないYちゃんに出来ることがなかった。


たしかにYちゃんは「私には、恋愛感情があったし、抱いてほしかったし…。」と話していた。

結局、最後までは行かなかったけど…

それは裏を返せば、条件さえ整っていたら最後までやっちゃった!って取られて仕方ない。

考えてみたら、Iさんと私は一階で呑みながら話をして笑っていた。
その様子は二階に居たYちゃんの耳にも実際届いていたらしい…。

本当に拒絶したかったら、一階の二人が酔っているとはいえ助けを求めて下りてくれば良かったんだよね!

Yちゃん達が二階に上がってからIさんと私が二階に行くまでに3時間ほどある。

その間、S君とYちゃんは一つの布団で裸で抱き合っていたんだ。


私は、フッとボートでIさんと話したことが思い出された。


Iさん:「俺らが二階に上がる前にYちゃんとS君が二階に上がって…見られちゃマズいこと…。

たしかに俺が二階に行った時、S君とYちゃんの寝てる距離が、やけに近い気がして不思議に思ったから…」

「これは俺個人の見解だけど…
S君とYちゃんはやっちゃったんじゃない?」

ハイ!Iさん、正解です。

でも、「S君とYちゃんの距離がやけに近かった」と言ったIさんは、二人が何してる頃に上がったんだろう?

もしも、S君とYちゃんが最後まで行ってたら…
もしかしたら、その最中にIさんは遭遇していたかも知れないのかなぁ?

そう思うとゾッとした。




(明日へ つづく)

<ふむふむ。>
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

具合は大丈夫ですか?
明日からまた天気悪いみたいですからね。
気をつけましょう!
てかあたしもちょっとノドが痛いので早めに薬飲みましたけど。。。

う~ん

わからないな~。
何がどうなって裁判なんだろう。
なんで過ちって思ってしまうんだろう。
色んな考え方があるよね。
私は逆に過ちって決めてしまう方がYちゃんがかわいそうだわ~。

それは頭から相手の行為を否定するお嫁さんの感情まかせの意見だからな~。

私は彼女の行動を否定には持っていかないだろうな~(^^)

それが本当に彼女自身の悲しい出来事であってもね。

カメコ様へ

ありがとうございます。
私は、どんどん良くなっています。
ご心配かけてすみません。

軽井沢近辺も雪が降りました。
慣れてるとは言え、やっぱり寒いのは好きではありません。
天気が悪い時は気をつけたいと思います。
ありがとうございます。

カメコさんも年末から忙しくて自分を二の次にして頑張っているようでしたので、少し休めれたらいいな~と思ってました。
カメコさんに「頑張るな!」と言っても無理だと思うのですが、どうぞ、この時期の体調不良は回復に時間がかかるので気をつけて下さいね。

コメント、ありがとうございます。

shisuta様へ

う~ん、そうですか~。

私には、Yちゃんが強がって無理してるようにしか見えませんでした。
どんな経過で、どんな結果であろうとも「YちゃんはS君に納得できていない!」と思いました。

だけど、納得できなくてS君に真意を聞いても、のらりくらりしてるなら第三者に入ってもらって はっきりさせたらいいんじゃないか?と考えて旦那様との間で「裁判」と言う話が出たんですが…

>なんで過ちって思ってしまうんだろう。

それは…やっぱり、Yちゃんが納得していないように見えたからです。
それと、良い思い出になった!と胸を張らないYちゃんが居るからですかね~。

私、考え方が重くなりがちなんですが…そんな考え方をしてしまいました。

それと、私に話す前にYちゃんが「もう、バカなことしないと思ったのに…」と言ってから話はじめました。
だから、そこからも「過ち」と言う言葉が私の頭から離れなくなりましたね。

私は、あの時、分からないなりにYちゃんを理解したいと心から思ったんですけども…。
でも、私の思い込みでYちゃんにかわいそうな事をしちゃったのかな…もし、そうなら悲しいな。
ごめんなさい。


>それは頭から相手の行為を否定するお嫁さんの感情まかせの意見だからな~。

これは、キツイ言葉で胸に刺さりました。

私は、あの時のYちゃんの強がる気持ちを解きたいと思いました。
『泣きたい時は泣けばいい!私も一緒に泣いて悲しみを半分にしようよ!』って否定も肯定もしないけど…
(それを決めるのは、やっぱり私ではないですし)
話してくれたYちゃんと事実や現実を受け止めようと思ったんですけどね~。

上手い言葉も見つからないし、shisutaさんに理解してもらえる考えもできませんが…本当にすみません。

とにかく、YちゃんはS君との未来を望んでいるのに、ヤルだけヤッて付き合わないと言うS君にYちゃんはキズつきました。

その時に私は、S君を懲らしめたいと真剣に思ったんですが…。


結局、結論がでませんでしたね、ごめんなさい。


また、こんな事があった時には気をつけます。

コメント、ありがとうございます。

いいんですよ(^^)ニコ

そんなに謝らなくても。私が言いたいことを言ってるだけなんで。
もう済んだことですし 聞き流してくださいね。(^^)ニコ

思い出になること=行動ってすぐには良いか悪いか決められないと思うんです。なんでもね。
だから早急にこれは良い、これは間違いって判断するのはなんとも。

その時マルだって思ったことも後になって×になったり その時×なことも後にマルになったり。

結果はすぐには出ないと思うんだわ。

行動全部が胸を張れることばかりじゃないんだよね。
色んな経験をしてこそ人生。
全ての思い出を肯定しようとするなら それはとても時間がかかる。

人生って納得がいかないことが多いよ。全て自分の思い通りになっていったら とても傲慢な人間になる。

それから お嫁さんは自分だったら我慢できないからこうなってしまうんだろうけど・・自分のことのように考えるのはとても良いことだと思うけど・・これはYちゃんに与えられたこの世の修行(^^)
人を好きと思える気持ちが大切。
私は どんな結果が出ようとも Yちゃんに敬意を持ったな。(^^)ニコ

被害者意識は周りが見えなくなるからやめた方がいいですよ。

立場が変われば 皆 被害者であり加害者でもあるんだから(^^)ニコ

shisuta様へ

コメント、ありがとうございます。

私は、小さい頃から活字が怖くて…というと訳わからないと思いますが…

黙読で内容が分からないので声に出して3回くらい耳から入れないと理解できないんですね。
(授業で読書感想文を書くのは苦痛で本に書いてある言葉をそのまま書いたりして怒られてました。)
だから、shisutaさんからコメントをいただいた後も必死に「知ろう」「分かろう」と思いました。
(どなたからコメントをいただいても、いつも同じですが…)
そしたら、私には謝ることしか出来ませんでした。

また、私は人の気持ちを理解するのもできません。
見たり、聞いたりすることが私の頭に入る方法なので目に見えない人の心は理解し難いのです。

だから、私が人の相談を受ける時には聞いた話をすべて自分に置き換えます。
(小さい頃は、その危険性が分からず…むやみに死んだ人や動物に感情移入し過ぎて変になったこともありますが…今は、気をつけてます。)

だから、私は助言をするのではなく出来る限り本人に同調して自分が欲しい言葉を伝えます。

それしか、私には人を理解することが出来ません。

だから、Yちゃんを否定したりしていないし、上から見るような真似もしていません。
それだけは、信じて下さい。

私も、真っ直ぐに自分らしく生きてているYちゃんのことが大好きです。

私の中にある暗さがコメントに出ていて不愉快にさせているかもしれませんが、もう少し我慢して付き合って下さい。

もうすぐ、終わりますから…。

これからは、友達のことは書かずに自分の身に起きたことだけを書こうと思います。
私のような人を理解できない頭の人が人のことを書くのは難しいことだと今回のことで思い知りました。

本当に長くなって申し訳ありません。
いろいろ、ありがとうございます。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。