12 月<< 2017年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム:コロについて・19

『コロとの思い出~5~』



愛情を態度に変えて言葉にはしない両親に育てられた私は…。
やっぱり、愛情を言葉にするのが照れくさい性格に育ってしまった…。

《今は、『言わないと後悔する!』と知ったので言えるようになりました。》

両親を「尊敬している」なんて堅い言葉で表現しましたが、要は私は両親が好きなんです。


だからこそ、大好きな両親に育てられて来た私自身がイジメられてるなんて事を両親に知らせることが出来なかった。

きっと、私以上にショックを受けて悲しむのが容易に想像できたから…。

また、それとは別にイジメられてると分かったら両親にも私は嫌われてしまうんじゃないか?という思いがあり、居場所を失うことを恐れ悩んだ末に私は学校での悲しい出来事を話せなかった…。

でも、今、思えば両親がそんなことで私を嫌うわけがない!

守ってくれたかも知れないのに…
幼いというのは、経験の無さ故にそういうことをしちゃうのかなぁ…。

この年の子供たちは親に一つや二つ、たあいのない秘密を持っているもんじゃないのかなぁ?と思う。

なんでかなぁ?なんで言わないのかなぁ?
言えない…のかなぁ?

いくら親だって話さなきゃ分からないよ!
態度を見て、そこから全てを悟ってほしいなんて傲慢だよ!
黙って耐えるなんて少しもカッコ良いことじゃないぞ!
と、あの時の自分に言ってやりたい!


しかし、転校してからの6年間に渡るイジメで私にも限界が来てしまう。

それは、中学3年の一学期にストレスが原因で併発した病気によって夜中に救急車で病院へ運ばれ緊急手術をするという形で現れた。

身体を壊してしまう最後の最後まで私は両親に話せなかった。

いや…、病気になっても自分の口で何があったのかは、たしか…言えなかった。

PTAの集会でクラス懇談会から帰って来た母に…、
「あんた…イジメられていたの?本当?
なんで言ってくれなかったの?」
と泣いている母の記憶が私には残ってる。

その時は言葉が聞こえても意味の分からない時だったので…。

でも、そこで今も付き合いのあるYちゃんが出てくるんです…。

…って、また話しがズレてますよね…。

コロの追悼コラムのはずだったに…なんてことでしょう!

私は、思い出すと際限無く頭に浮かんで来てしまう一種の病気のようなものだと思って下さい。
すみませんでした。


この件は、また機会がありましたら…
そうだ!
今度は違う章を作ってYちゃんとの出会いを紹介することとさせてもらいます。
はい…。

すみません(-_-;)。


コロが生まれた時の不幸な環境と恐らく虐待されていただろうと推測できるコロの行動や態度が、私自身のイジメられていた記憶と、ついついダブってしまい個人的な事を書いてしまいました。

お許して下さい。


追伸、今日はコロの絵を描きました。

どうか、見て下さい。



(明日へ つづく)
20061103231706.jpg

全身像のイメージ。
20061103231716.jpg

人の指をかまないように食べ物をもらうコロの図。
20061103231731.jpg

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

お嫁様、コロちゃんの凛々しい姿の絵をありがとうございます^^
想像してたより、ちょっと体毛が長いのですけど、顔立ちは思ってた通りです。

イジメに気付いていただろう先生が、担任は一年間で終るからと事なかれ主義で来ていたこと、知っていたのに黙っていた親達に怒りを感じます。
お嫁様が言わなくても、もっと早くに誰かが教えてくれれば、病気にならなくてもすんだかも、心の傷がもっと軽くなっていたかもしれないのに、、、

鈴さまへ

鈴さん、コロの絵を見てくださってありがとうございます。
もちろん、私の旦那様も実際のコロに会っているんですが「もっと、毛にボリュームがあったんじゃない?」と言ってます(^^;)。
顔はOK!をもらったので今回は雰囲気を分かっていただけるように試しに載せさせてもらいました^^。
また、描いたら見て下さいね!


そして、イジメの件では心配をかけてしまって、すみません。

私が、イジメられていた当時は80年代後半のこと。
世間では、それほど人の気持ちに敏感ではありませんでした。
まだ、「セクハラ」なんて言葉も珍しいような時代だったんですよ。

だからって「仕方ない」なんて言葉で片付けて良い話ではありませんが…
でも、私は誰も責めれないと思っています。

先生も保護者も見ていない所でやるイジメを無言で受け続けた私にも非はあると思うんですよね…。
「助けを求めなければ助けは来ないぞ!」と、あの「夜回り先生」の水谷先生も言っておられますし…。

鈴さんにまで私のせいで嫌な気分にさせて、ごめんなさい。
やっぱり、私が言わなくてはいけなかった。母に恥をかかせてしまったと反省しています。

だから、病気になったのも…自分の責任ということになりますね。

でも今では、病気になることで環境をかえるチャンスを神様がくれたのかも…と思うんですよ!

ね!そう思うとすごいタイミングだと思えませんか?

鈴さん、いつも味方でいてくださって、ホントにうれしいです。
ありがとうございます^^

すごく絵が上手ですね。
しかもかわいいじゃないですか。
うちも今週、悲報が・・・。
実家のゴールデンが亡くなりました・・・。

カメコ様へ

コロの絵を褒めてくださってありがとうございます。
これも、実は…自閉症特有なのかも知れませんね^^
5教科と体育以外の授業は集中するのでとても成績が良かったです。


そんなことより、突然の悲報…。
驚きました…。
ゴールデン…ワンちゃんのお名前教えてください。
私も是非、ご冥福をお祈りさせていただきたいです。

うちのゴールデンは「ティナ」という名前です。
11年生きたので寿命だったのかもしれません。

カメコ様へ

早速、ワンちゃんの名前を教えてくださってありがとうございます。

ティナちゃん、かわいい名前ですね。

「大型犬で11年間は、よく生きてくれた方だよね。」と旦那様が言ってました。
ティナちゃんが天国で皆さんの幸せを願っていると思います。

心よりティナちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

カメコさん、わがままを聞いて下さって感謝しています。
本当にありがとうございます。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。