01 月<< 2017年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム:コロについて・17

『コロとの思い出~3~』



父が作ったコロのハウスのことなんですが…。

父の犬小屋の設計は、( 犬小屋ごときに設計なんて大袈裟だと言わないで下さいね。)
まず、先に庭にコンクリートの基礎を作りました。
そして、あらかじめ計算した場所に金具を埋め込みます。
それから、小屋を設計通りに作製し、乾いたコンクリートの基礎の上にそれを置きます。( 基礎は勿論、まっ平ら!)
そこで事前に基礎に埋め込んであった金具と犬小屋をボルトで固定します。

それにより、犬小屋はしっかり安定してグラつかず簡単には倒れないようになっているのです。

また、残ってる金具にはコロの鎖のリードが繋(つな)がっています。

素晴らしい完璧な仕上がり!

この場所は軒下(のきした)なので雨にコロは当たりません!

と、まぁ~信じられないことをやり遂げる父の本職は大工さんでも建築屋さんでもないのです。

今までの豊富な経験と「物造りが好き」という気持ちからの飽くなき探求心の成せる技なのです!
…と、ここまで父を誉めたたえ過ぎてしまいましたが…。

とにかく、もう趣味の域を越えている父の作った犬小屋はすごいんです。

父は、本当に完璧主義者!
だから地震になってもコロを守ってくれるハウスが出来上がりました。

これも、父がコロにしてあげられる最高の愛情の形だったんだと…
またまた、今更ながらに私は思ったわけなのです(-_-;)。


そう、コロのハウスは完璧だった!


そのはずなのに…コロは三角屋根の上に上ってる。

父がコロのハウスの屋根を平らにしたのは、どれくらい経ってからだったかなぁ?

何年も三角屋根だったように思うけど…。

完璧に作り過ぎて直すのが一苦労だったのです…。



ところで、なんでコロは三角の屋根に乗っていられるかと言いますと…
想像してみて下さいね。

三角屋根の犬小屋は、自宅のL字になった部分に置かれています。

リビングのある部屋の外壁と窓ガラスに隣接して建っていて、犬小屋の入口から向かって右側にリビングの窓があります。

そこでコロは三角屋根の片側とリビングの窓との間に身体を入れて三角屋根の頂上に手を掛けて景色を眺めていた。

コロったら…かわいい!

丈夫なコロのハウスは、どんなに強い衝撃を与えてもビクともしません。

実は普段おとなしいコロですが、その当時、コロは12kgほどでした。
三角屋根に飛び乗る時の音は勢いが良くてかなり激しい音がします!

ダンダダダダン…(屋根に飛び乗った音)
ズルズル…ジャラジャラジャラジャラ…(鎖のリードが引きずられてる音)

一日に数度そんな音が響く!

でも、朝にその音を聞いて私達家族は…
私:「今日もコロは元気だね。」
母さん:「でも、どうして上るんだろうね?」
父:「なんか俺達には見れんもんが見えるんかも知れんぞ。
コロがそうしたくて上ることを決めたんだろ?
やりたいようにやらしといてやれ…」
(言葉は怖いですが言い方は優しかったです。)
と話したことがある。

リビングの窓越しに見えるのはコロの哀愁漂う背中。

私達家族は、私達なりに精一杯コロを愛していた。



(明日へ つづく)
ヨメ:著
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

ホントに素敵なお父様です。
コロ、愛されているね~。

あ、あまりコメントは残してなかったけど毎日見てますよ~♪
( ´-`)チュンチュン

カメコ様へ

コメント、ありがとうございます。

私の方こそ「ルナ目線」いつも読ませていただいてるのにコメントせずにおります。
すみません。
カメコさん、いろいろなことが立て続けに起きて大変な時に読んでいただいてるなんて本当にうれしいです。
ありがとうございます。


あの…父は、自分のことを「器用貧乏だ!」と言っていました。
父の愛情表現も直接的でないので私が気づけるのが何年も経ってからだったりします。
申し訳ないです(><)。あとから気づいても…もうお礼を言うには遅すぎて…

でも、お礼が言えないってもったいないですね。今度、実家に帰ったら言ってみます(*^^*)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ステキな犬小屋なんでしょうね!
コロちゃんはしあわせだね!

訪問ありがとうございました!!
今後もよろしくお願いします!!

ふーたまま様へ

>ステキな犬小屋なんでしょうね!

はははは…言いにくいですが、職人のような父が造った犬小屋の見た目は無骨でした。
しっかりしていますが、美的センスは感じないです。
でも頑丈!
コロの2匹や3匹乗ってもビクともしません(^^)

コロが我が家に来て幸せだと思ってくれたら私達も本当に幸せ~。

コメント、ありがとうございます。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。