05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

ヨメさんコラム:コロについて・15

『コロとの思い出』



コロは、父さんが丁寧に作ったハウスが気に入ったようで何の抵抗もなく中に入って横になった。

も~、かわいい子なんだから…(o^-^o)

その様子に父は満足したようで、一日の疲れも吹っ飛んだかな?
口元が緩(ゆる)んでいたのを私は見逃さなかったわ~(〃⌒∇⌒)ゞ
ホント、お疲れ様です。

父さんも幸せな達成感に満たされていた。
(´ー`)y-~~とりあえず、一服。

コロにタバコの煙が行かないように避(よ)けながら…
父:「今日から、ここがコロの居場所だぞ!
今度からコロにはこの家を守るっつ~大きな仕事ができたでな。
頑張ってくれよ。」と話かけていた( ̄ー ̄)。

その新しいコロの居場所はリビングにある大きな窓の横。
リビングからもコロの姿はすぐに見ることができる。

コロは犬小屋の入口に伏せながら黙って父を見ていた。

しかし、いくらコロだって急に外に出され環境がガラリと変われば対応できずに夜に不安になって鳴くんじゃないか!と家族では心配をしていた。
そこで、コロが鳴いたら すぐに起きれるように両親はリビングで寝ることにした!

準備万端「おやすみなさい!」

だったんだけど…



コロは、その夜に鳴かなかった…(  ゜ ▽ ゜ ;)どうして、こんなに聞き分けがいいんだろう。

良い子過ぎて逆にコロに無理をさせていても私達が気付いてあげられてないんじゃないかと不安になってしまうほど…。
コロは、良い子だ。

次の日の朝、私がいつものようにリビングに入ると両親の布団は片付けられていた。
ふと、窓に目をやるとカーテンに見慣れない影が映っている。

不思議に思いカーテンを開けて見ると…(@_@)
コロが犬小屋の三角の屋根の上に器用に乗って遠くを見ていた。

私が窓を開けるとコロは一瞬こちらに視線を向けた。そして、また すぐに遠くを見た。

我が家は、他のお宅よりも一段高い場所に建っていてリビングの窓は東向きにあり、そこからは朝日が昇るのが見られる。
そして、周りを一望することができるのだ。

【言葉で書くと…まるで我が家が高台に建つ豪邸のようになってしまいますが全然違います!
隣りは、よそのお宅の持ち物の田んぼなので遮る建物が無いだけなので誤解しないで下さいね!】

コロは、はじめて見る朝焼けの景色に見入っているようでもあり、我が家を守ってくれているようにも思えた。


この頃くらいからコロの姿を見ていると、
「ここ(我が家)に来れたから、それ以上のことは何も望みません。
自分は、ここに来れただけで幸せです。
だから、それ以上の幸せは望みません。私は、この運命を何もかもを受け入れます。」
と言っているようで…私達の方が堪(たま)らない気持ちになる時が増えた。



(明日へ つづく)
ヨメ:著
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

おヨメさんへ

最後の文章のところで涙が出てきました~。感動です。\(o⌒∇⌒o)/出会うものは宿命だと聞きましたよ。意味があって必然的に会っているそうです。深い意味があるんですよ~。コロちゃんと出会って色んな事が流れ出しましたね~。

屋根の上で遠い目をするコロちゃんを思い浮かべて微笑ましくてつい笑ってしまいました。
ほんとにいい子だ。

こんにちは^^

こういうのを読むとホロリときますねぇ…
動物がうちに来たときを思い出しました(TOT)

shisuta様へ

コメント、ありがとうございます。

最後の文章をちゃんと受け止めていただけて、とても嬉しいです。
ありがとうございます。
そして、コロの優しさの本当の意味も分っていただけたんだと思って幸せに感じています。
神様は私にコロを会わせてくれました。

>コロちゃんと出会って色んな事が流れ出しましたね

この言葉…「その通り!」だと思いました。
私に足りないものを沢山持っているコロと出会えたお陰で私は人としての感情を取り戻していけたように思います。
大きな優しさを持つコロに会えて良かったです(^^)

puriri様へ

コロは、いつも屋根の上に居ました。
そして、遠い目をしていました。
でも、初めて会った時の寂しい目ではありませんでした。
穏やかに周りを見渡していました。ああ、懐かしい…
今、コロはpuririさんの心の中にお邪魔させてもらって生きてるんだ!そんな風に思ったら嬉しくなりました。
ありがとうございます。

シン様へ

人は傷ついた分、優しくなると言いますよね。
コロも同じだったのかな?と思うんです。ホントに良い子でした。

シンさんの所に来た動物たちも今、シンさんが思い出してくれてる事を心から感謝していると思います。

優しいコメント、ありがとうございます。

>どちらかというと私達家族は不器用な方だと思います。
>愛する方法は知らないかも…今も愛について上手く説明できないですもんね。
お嫁さんの家族は深い愛情を持っているけど表現するのがちょっと苦手なだけなのかな?
読んでると愛情が滲み出ているのに、態度に表すのにはちょっと照れがあるって感じがします^^
コロちゃんが屋根の上で遠くを見ている姿が思い浮かびます。
いつかコロちゃんの写真を載せていただけるとうれしいかも・・・デス。

鈴さまへ

コメント、ありがとうございます。

そうですね~(*^^*)
ご指摘のように…愛情の表現に照れを感じます。
あと、自分のこの気持ちが愛なのか…やっぱり、恥ずかしながら分からないです。

昔気質(むかしかたぎ)の父は、なかなか面と向かって「愛してる!」と言うような人ではありませんでしたし、父がイタリア人だったら…
もしかしたら、うちは愛いっぱいの家だったかも…うふっ
(*^^*)私としても、その方が良かったですね~。

コロのことを大切に思ってくださって本当に感謝しています。
ありがとうございます。

私も両親にコロの写真をくれるように頼んだのですが、どこかに仕舞ってしまったと言って出してくれないいのです(><)。
私の描いたコロの絵を、このコラムの最後の日に載せようと思っています。

こんな返事で申し訳ありません。
よろしく、お願いします。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム