05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

ヨメさんコラム:コロについて・4

『コロとの出会い~2~』


『生まれて来なければ良かった。』

そんな風に言いたげな切ない顔をしているワンコ。

だけど、女の子の家族を悪く言いたくはない。

だって…、私達にこの子を会わせてくれたんだから…。

それに、女の子は子犬のことを思って飼ってくれる人を暗くなり寒くなった今も捜して歩いていた…。

それだけでも、この子犬の不憫(ふびん)さに心を痛めている気持ちが私には伝わってくる。

もしかしたら、他にもそんな境遇の子犬を見て来たのかなぁ?
ご家族の細かい内情は聞けなかったけれど…

女の子は苦しんでいたのかも知れない。

しかし、子犬は生きる気力もなさそうにクタ~と崩れたように座ったまま…ボーと遠くを見ていた。
歩き疲れてしまったのかなぁ?
その様子に、今までにどんな気持ちで生きてきたのか…
察するにあまりあるように思えてならなかった。


私:「この子は、いくつなの?誕生日は?」
女の子:「知らない。生まれてから一年は経ってないと思うけど…
名前もないから好きな名前で呼んでいいよ。」

…と、その言葉には私も血の気が引いてしまった。
『いつ生まれたかも気にされてない…』
『生まれてから一度も名前で呼ばれていない』
『そんな風にこの世に生まれて来る命があっていいの…?』
そう思ってしまった。

でも、事情を知ってしまったら子犬を放ってこのまま家に帰る事なんて私には出来ない…。

しかし、私もまだ子供だったので『犬を飼う!』という決定権なんて持っていなかった。

よくドラマで捨て犬を拾って家に連れて帰ると母親に「うちじゃ飼えないわよ!拾って来た所に置いてらっしゃい!」と言われて泣く泣く子犬を元の場所に戻そうとするが出来ずに隠れて育てている幼い子供。
な~んてシーンがあるけれど…。
そんな映像が頭の中を駆け巡り、それがこれから自分の姿になるような気持ちになって少し不安になった。


実際の我が家は、昔から秋田犬を飼っていた。
しかし、2年前に老衰で亡くしていたので当時は、たしかに犬を飼ってはいなかった。
また、犬を飼うことに慣れていたので犬のいる生活に全く抵抗なんてなかった。

そう、問題はなかったんだけど…。

実は、その年は丁度…、
父が念願のマイホームを手に入れたばかりの年だった。

数日前にやっと私達も引っ越しを済ませて新しい場所での生活に慣れようと努力している矢先の時で…。
この状況で犬を飼うなんて父に承知してもらえるんだろうか?

私は、短い間にいろんな事を考えた。

でも、目の前にいる子犬は…かわいい。

そして、私の気持ちは決まった!




(明日へ つづく)
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

『生まれて来なければ良かった。』

あたし、中学くらいんときそう思ったことがる。
けど今は楽しいし、なんでそんな風に思ったんだろうーって思い出してしまいました。。。

コメント遅くなってすみませんー!

それと毎日更新できなくてすみませんッ…
4日もあいちゃいました…
ごめんなさぁーい!!

でもこれからも
できるだけ更新するのでどうか
見捨てないでやってくださいー!(何

私学校でも
ストレスどうやって解消するか友達にきいてみたんです!
そしたらやっぱり一番多かったのは
「叫ぶ」でした(笑
でも思いっきり叫べる場所ってあんまりないですよねー!!

今からまたブログ書いてきます!

カメコ様へ

『生まれて来なければ良かった。』

私は小学四年のときに引っ越しました。
私の出身はとても方言の強い所だったので新しい場所では受け入れられず、中学を卒業するまでの6年間、ず~っとイジメられていました。

最後の頃は、イジメてる側もイジメてる理由が分からなくなっていたと思います。

私の『生まれて来なければ良かった。』の思いは丁度その頃がピークで次は死に方を考えるようになっていました。

でも…、私は両親が好きで、「この人達の子供でいられなくなるのは絶対に嫌だ!」という思いが死ぬのを思い止どまらせたという経験があります。

だから、子犬の切ない境遇に過敏に反応してしまったように思うんです。

でも、『生まれて来なければ良かった。』と思うほど深く傷つき、考えることは人が人らしく生きるには通過しなくてはいけない試練だと私は思うんですね。

生を考え、死を考え、自分の命の儚さを知り、一日一日の大切さを知ってこそ、人は人の痛みを知る。
そして、お互いを愛することができるのかなぁ~と思うのです。

生意気な意見を言っておりますが、私は今それを考えている真っ最中なんですよね(^^)。

でも、今は楽しいというカメコさんは素敵ですね。
たくさんの辛さを乗り越えて自分らしい生き方を身に付けられたのだと思います。

頑張って生きてる自分を少しくらい甘やかして褒めてあげたいなぁ~!
そんな気持ちになりました。

大切なことを思い出させてくれるコメントをいただき本当にありがとうございます。

君は産まれ僕に出会い春を憂い秋を見た
記憶を辿る過程であどけない君の写真に
認めたのは僕が所詮季節すら知らない事
現在(いま)では声を失くした君だけが映す月花

「当てにならないことばっかり」って
嘆いたこの舌の根でさえも
乾く前に期待を仄めかす
まるで手応えの得られぬ夜
また一つ小さく冷えていく生命を抱いた


雪に生まれ何時も笑い雨を嫌い此処に居た
確かなのは只唯一君のさっき迄の温もり

「何が悲しい?」と尋かれたって
何も哀しんでなど居ないさ
丁度太陽が去っただけだろう
微かな希望と裏腹に
ごく当り前の白け切った夕日を迎えた

独りきり置いて行かれたって
サヨナラを言うのは可笑しいさ
丁度太陽が去っただけだろう
僕は偶然君に出遭って
ごく当たり前に慈しんで 夕日を迎えた

さあもう笑うよ

これ東京事変の「落日」って曲の歌詞。
こんな感じでいきましょうよ。

たった3行しか書かなかったコメントにいろいろ書いてくれてありがとう。

あたしにはこんなことしか言えなくてごめんね、、、。

カメコ様へ

こちらこそ、『生まれて来なければ良かった。』 という言葉に共感していただけたのが嬉しくて…
また最近、イジメが原因か?と言われて自殺してしまった子供たちのニュースを多く耳にしていて自分の思い出とダブらせていました。
そこに、いただいたコメントだったので自分の気持ちをそのまま書いてしまいました(><)。
ごめんなさい。

林檎さんの書く詩は、いつも哲学的だなぁ~と思っていました。
直接的ではなく、風景を言葉に置き換えて心の中に届け、浮かぶ風景に意味があることを教えてくれるような…。

そうですね。
出会いに意味を持たせすぎると重くなる。
すれ違う出会いに意味があることに気付けたら楽になる。

そんな風に私は受け取りました。

私は元気になりました。コロは、幸せだったと皆が言ってくれます。
その気持ちに感謝して、その言葉を信じて…
私は、また歩きはじめられます。
また、長くなってすみません。

コメント、嬉しかったから、つい…ごめんなさい。

ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

山ですかぁ!
いいですねー!
回りに山がないんですよぉー!
あったらやまびことかやってみたいんですよぉー!
ケンネルさんの近くには山ありますか?

あ!でもカラオケはよく行きますねー!
カラオケはでもマイク使って叫ぶとやばいですよね!笑
今度マイクなしで叫んできます!w
ブログ更新あいちゃってます…
がんばります!!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム