05 月<< 2017年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム:コロのことについて

『心配してくださった皆さんへ』


16日の昼過ぎに出発して夜の9時近くに実家に着きました。


実家に帰るために乗り込んだ電車とバスの中で…。

『コロの旅立つ時に足を引っ張るようなことをしちゃいけない!』
そう自分でも思っていたし…、充分、わかっていたつもりでした。

だけど…、やっぱり、死に目に間に合わなかった自分を責め、死んでしまった今になってコロを思う身勝手な自分を責め続けてしまいました。

『人前だから…泣くのは絶対やめよう。』

ずっと、下を向いたまま4時間半もの移動の間を堪えていました。


バスが高速を下りた時は辺りはすっかり暗くなっていました。

目的のバス停で降りると父が迎えに来てくれていました。
私は、静かに車に乗って父とコロの思い出話をしながら実家に向かいました。

実家に着いた時、お線香の香りが私を出迎えてくれました。
コロが亡くなってから…ず~っと、お線香を絶やさなかったそうです。

そして…、当然ですが コロ の飛び上がって喜んでくれる姿はありませんでした。

コロとの思い出ばかりが溢れ出し…それまで我慢していた涙がボタボタ落ちました。

悲しみではなく感謝をしよう!そう思っていたけれど…それも出来ないほど悲しみが止められませんでした。

もう、どんなに探してもコロの姿はないのです…。


でも、一瞬…
一瞬だけ、たしかに違う風が吹いたような…。

気付いて振り向くと喜んでくれてた時の気配や音が聞こえた…?…いや…違う…。

なんとなく感じられたような気がしました。

あんまりにも都合が良い考えで申し訳ないけれど…。

その時、「ありがとう!」って聞こえた気がしたんです。

コロは生前も優しくて、どんな時も乱れない温厚な子でした。
無駄吠えもしなければ、イタズラも意地悪もしない、手を差し出しても甘噛みさえしない子でした。

私が、小さなフードを指でつまんであげると指を噛まないように前歯を二~ッと突き出してソーッと指と指の間のフードだけをカジカジして食べるような子でした。
人を傷つけるような動作など一切したことがありません。
コロは人に恐怖心など与えない穏やかな性格でした。
その上、よく人の言うことを聞く良い子でした。

あんまりにも聞き分けがよくて寂しい思いをさせている気がしていたけど…


でも、コロは不幸な死に方をしていない!

私には、霊を見る力なんてないけれど…。

その時は漠然とコロを感じられたような気がしたのです。
その後、なんだか気持ちが楽になり あたたかくなりました。

私は、いつも後悔する時には立ち直れないくらい自分を追い込むクセがあります。
でも今回は、コロが私の心を助けてくれたように思えてならないのです。本当に優しい子だから…。

コロが清く正しく美しく生きたこと、コロが私達の家族だった事を誇りに思っています。


まだ涙は出てしまいますが…。
支えてくれる方々、旦那様しかり皆さんからいただいた言葉に励まされて…
お陰様で自分でも驚くほど心が回復しています。

感謝しても、感謝しても足りないくらの気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

また、コロ自身が自分の生きていた証しを残してくれと言っているのかなぁ?
私は今、コロとの思い出話を書きたくて仕方ありません。

どうぞ皆さん、コロという素敵な犬がいたことを今だけでいいので心に止めて下さい。



(明日へ つづく)
ヨメ:著

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

運命

それだけ思われてるコロは充分幸せだし思ってるおヨメさんも幸せだと思うな(^^)
死に目にあえなかったからって自分を責めてはダメだよ。死に目というのは生きているのの中の一生に1度の一瞬の出来事であえる方が奇跡に近いのだから。私も恋人 祖父 父 友人 その他の方達の死に目にはあえなかった。私と一緒だね。がんばって!!それから泣きたいときは思い切り泣いた方がいいと思う。
喜怒哀楽はあって当然なんだから~。でも自分を責めないで!

shisuta様へ

shisutaさん、いつも励ましてくれて本当にありがとうございます。

コロは良い子でした!だから巡り合えて本当に私は幸せです。

でも、死に目に…うん…。
ただ目の前から居なくなった事が理解できないというか…なかなか納得しにくい性分で困ってます(T_T)。

でも、shisutaさんは…どうして、そんなに辛い思いをしちゃったんだろう?
私のような心の持ち主では、とっくに崩壊しているような出来事ばかり…。

>「私と一緒だね。」
そんな…(@_@)、私なんかとshisutaさんを一緒にしたら申し訳ないです。

比べ物にならないくらいshisutaさんが乗り越えて来た辛さはすごいですよ。

shisutaさんも頑張り過ぎないで泣きたい時は泣いて下さいね。
私も無理しないようにしますので…。



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。