03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『ごえもんとおとと遊びに行こう!
~ここまで長かったけど!
当日も長くなってるね(28)の巻~』


お店に入ってすぐの右手に花火が並んで売られている。
ファミリーパックのようにたくさん入っているお得品もあれば、バラで種類別にカゴに入れられて居る仕掛け花火もあった。
それは、お洒落なレイアウトでまるでお菓子を売っているようにも思えた。

そんな前なのに人に聞かれたら恥ずかしいような内容の話をしながら私達は花火を選んでいた。
知らない土地だから…恥のかき捨てだね(-_-;)。

とにかく皆が待ってるから真面目に花火を選んで行きましょう!

私:「落下傘は暗いと落ちた所がわからなくなるかなぁ~?」
Yちゃん:「そんな地味な花火よりバンバン火が出る方が男の人は喜ぶよ!」
私:「そう?じゃあ、これは?」
Yちゃん:「あっ!これいいんじゃない!」
などと話しながら選んでカゴに入れた。

バラ売りの花火やファミリーパックを含めて丁度、3,000円くらいにまとめた花火を買うことにした。
カゴを持って私がレジに向かおうとした時、
Yちゃん:「私、先に行ってるからね!」
と、言い残すとお店から出て駐車場の方へと歩いて行った。

私は、その声につられて入口の方を見た。
Yちゃんは一度もお店の方を振り向くことなく真っ直ぐにS君の車の方へ歩いて行く。
ただ私は、そのYちゃんの遠ざかる背中をジッと見ていた。
その時は、頭に何も思っていなかったのに何故だかYちゃんを見ていたら、「はぁ~~」と大きな溜め息が出た。
『ここまで、徹底してお金を出さないのも見事なもんだね!』
そんな事が思い浮かんでいた私は再びレジの方へ向き直して歩き出した。

私がレジで精算を済ませてお店から出るとお店の入口の前にS君の車が停まっていた。
私は、トランクを開けて花火を入れると後部座席のドアを開けて車に乗った。
私:「ありがとう。」
Yちゃん:「私が、そろそろ出て来るから!って言ったんだよ!」
私:「あっ!そうなんだ。ありがとう。」
Iさん:「そんなにお礼を言うことでもないよ。」
私:「でも、嬉しかったよ(^_^)」
S君:「これで、他に寄る所も必要な物もないんだよね?」
旦那様:「うん!とりあえず、いいんじゃない!
もしも、現地で必要な物が出て来たら現地調達できるから白馬へ行こう。」
S君:「うん!わかった。」

オト(久々、名前で登場したけど愛犬のシーズーのメス犬)が私の膝の上に立って窓の外を見ている。
走行中の車に吹き込んで来る風を顔面で受けながら満足気な様子。
私自身は朝から…ううん。
昨晩から、ず~っと楽しみにしていたから白馬が近付いて来るのが嬉しかった。

でも、ぶつけたS君の車は軽減したとは言え『カタカタ…』と気になる音がしていた。

S君は、おもむろに携帯電話を取り出してどこかに電話をかけ始めた。



(明日へ つづく)

ヨメ:著

<Sのわからずや!>
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

こんばんは^^t

確かにバンバン火が出るのは好きですね^^
それを口にくわえて走ったりとか・・・(^^;
ただし線香花火なんかも好きですよ。

先ほどはコメントありがとうございました

さっそく遊びにこさせていただきました。 今日は時間があまりないので、また時間があるときにゆくっり遊びに来ます。 

シンさんへ

そうですよね。
うん!バンバン火が出るのは楽しいですよね。
私は、あの…地面に置いた小さい箱に点火するとババババ~といろんな色の花火がでるドラゴンとか言ったかなぁ~。
あの花火が大好きなんですが終わるのが早いんですよね。
でも、さすがに花火を口にくわえて走ったりとか走ってる人を見たこともないんで・・(^^; 残念。
最後の締めは絶対に線香花火ですね!
火の玉の儚さに涙が出そう(⌒~⌒)ぐっときちゃいます。

なっち様へ

こちらもなんだか長編になってきておりますので、ゆっくりじっくりお付き合いをお願いいたします。

なっちさんのブログ、リンクをさせていただこうと思います。
よろしくお願いいたします。

このシリーズ、一気に読み進めてしまいました!

Yちゃん&S君・・・。
続きが気になりますーーーっ!!!

かな様へ

私も読み返してみました!結構、大変でした。
一気に読んでいただいたそうで大変でしたでしょう?
本当にありがとうございます。
絶対に書き上げますので最後までお付き合い下さい。
よろしくお願いします。
YちゃんとS君は、少し普通の感覚から外れているようなので…まだまだ、いろいろあるんですよ!
楽しみにしててください。

その時は、頭に何も思っていなかったのに何故だかYちゃんを見ていたら、「はぁ~~」と大きな溜め息が出た。『ここまで、徹底してお金を出さないのも見事なもんだね!』
そんな事が思い浮かんでいた私は再びレジの方へ向き直して歩き出した。

yちゃんはそんなこと本当に考えていたのだろうか?そこまで頭が回っていないようにおもわれるが・・・・
あなたは yちゃんとどういう関係なんですか?溜息でるんなら一緒にいないか あとで請求すればいいだけのこと。悪い方へ悪い方へ持っていく。そんなにいやなら付き合うの辞めたらいいじゃないですか?私はあなたとyちゃんの間に友情関係はないと思います。あなたが寂しくて付き合っているように思いますね。それはyちゃんの為にもなりません。これからどうなるのかわかりませんが あなたの態度には問題があります。心と言葉 態度が違いすぎますから。

shisuta様へ

いい訳してもいいですか?

あの時、私が花火を買いに行くと言って走ってお店に向った時にYちゃんが後ろから追いかけて来てくれて嬉しかったんです。
それが、レジに並ぶ時になって去って行ってしまったYちゃんに寂しさを憶えました。
だから、ずーと遠ざかって行くYちゃんの背中を見てました。
S君の時には、何もしなくてもくっついてるのに…。
男の人が関わらない時のYちゃんは私から離れないのに…
そう思ったら涙は出ませんでしたが、溜息が出ました。
でも、その寂しさが悪意を込めた内容のブログにしてしまったかも…。

こういう寂しさを「寂しい」と書かずに表現したい時は、どんな風に書けば伝わったのでしょうか?
こういう寂しさを良い方に考えるには、どうしたらいいでしょう?

>あなたとyちゃんの間に友情関係はないと思います。あなたが寂しくて付き合っているように思いますね。

この指摘は、正しいかも知れません。

私は、遠くに嫁ついで来て本当に信じられる友達がいません。寂しいからYちゃんとSさんとIさんに会えた時は嬉しかったです。

でも、安心して下さい。
今、Yちゃんからも遠くなりましたから…
もう私のエゴでYちゃんに迷惑をかけるような事もありません。

私は、物書きが素人です。
楽しく書ける日と全然書けない日があります。
本当の自分と…、記憶の中の自分と…分からなくなる時があります。

だから、本編の中の私の態度に問題があると言われると「そうかも知れない。」と思います。

普段の私は、気持ちと身体のバランスを崩さないように生活しています。
ここには、書けないようないろいろな問題を受け止めながら、旦那様意外に見方のいない私の知らない…私のことも知らない土地で…。
それでも、今まで生きてきて培ってきたた正しいと思う生き方をしようと頑張っています。
自分を制するのは自分しかない状況です。

だから、ブログでコメントをshisutaさんからもらえるのは本当に有り難くて、そして嬉しいと思っています。

このブログは、旦那様から「毎日、書いて更新しなさい!」と言われてから書き続けています。
下手くそな文章ですが、これからも旦那様との約束を守ってブログを続けたいと思っています。

また何かあれば指摘して下さい。
よろしく、お願いします。

\(o⌒∇⌒o)/

よくわかりました。
足らない部分が多いですね。溜息のイメージが私とズレていたのかもしれません。溜息と書いた後にお金を出さないと書いたらそのことに溜息が係ってしまいます。書き手と読み手はにはズレが出て当然ですので気にしないでください。私もブログをやりだしてから色々誤解がありました。私はおヨメさんが嫌いじゃないですよ(^^)むしろ逆ですよ。何で?とい疑問がとても多いです。もう少し自分の感情を書いて下さればいいと思います。私も知らない土地に来て今1年と少しですが 色々な所に出向いて友達まではいきませんが知り合いを作ってますよ。引っ越しだけなら15回はしてますし 苗字も色々な事情で7回は変わっていると思います。変な裏の道もかなり知った人生ですので私は辛辣です。自分の身体に持病もあります。人生は色々です。ドンドン出向いてみたらいいじゃないですか?(^^)でも私は
yちゃんとおヨメさんの友情は理解出来ないです。私は自分の友人なら少なくともブログに書いて発散するようなことはないですから。私は少々男臭いからだと思いますが・・
これからもお邪魔します。

shisuta様へ

ありがとうございました。

shisutaさん、怒ってないいんですか?よかった(*^^*)嬉しい~。
伝えたいことは伝えたい時に書かないと後悔してしまうからコメントをまた書かせてもらいました。

…で、お言葉に甘えて本当の気持ちを書かせてもらいますね。

怖かったよ~~~~(T〇T)

shisutaさんのコメントを読んで震えちゃいました。
「どうしよう!どうしよう!」って旦那様に相談しても
旦那様:「自分の言葉でしっかり返しなさい!」と言われて…。
1度、冷静にならなくちゃパソコンの前に座れませんでした。

そっか、足らない部分が多いんですね。学生の時の授業の作文よりも細かく詳しく書こうと思っているんですが…やっぱり、難しいですね。
でも、最初の頃のコラムを読むと今の書き方との変化が分かります。
私のイメージが皆さんにも伝えられるように…慣れるしかないんですよね!
これからも書きますので、よろしくお願いします。

shisutaさんは、いろんな事を知ってしまった人生の先輩さんですね!

今も知らない土地で少しずつ行動範囲を広げて頑張っていらっしゃるんですね!
私なんて、1年前の自分と比べて微妙な変化を実感しながら少しずつ周りを理解しているところです。
私も引っ越しを6回しました。苗字に関してはshisutaさんの7回は吹っ飛びました。
shisutaさんの人生の凄さに言葉もありませんが、人生経験が豊富だからみんなが慕う理由が分かります。

最近、身体の調子を崩していらっしゃいましたよね。
大丈夫ですか?心安らぐ場所はありますか?

あっ!立ち入った事を聞いてすみません。

え~と、私のブログは書いて発散してる?つもりありませんでした。
Yちゃんにも可愛らしいところがあるんですよ。
でも、私が私の目の前で起きた事を文章にすると…こんな風になってしまって すみません。
もう少しYちゃんの可愛い部分を自分の感情を盛り込んで書いてみます。

私が敵意と悪意を込めて書いているのは、Sさん、ただ1人です。
またまた長くなってしまってすみません。
今後とも、よろしくお願いします。



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。