01 月<< 2017年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『ごえもんとおとと遊びに行こう!
~ここまで長かったね!当日だよ(12)の巻~』


バスの停留所のある道路を塞がないように避けて反対車線の辻に入りバスを待っていると。
ようやく一台の高速バスが到着した。
プシューとエアの抜ける音がしてバスのドアが開き、一人、二人とパラパラと人が降りて来た。
バスは事務的に人を排出するとドアを締め再び路線に戻り足早にその場を走り去った。
停留所に走り去るバスを背にしながらYちゃんが立っていた。
S君が、
「あれ、そうだよね!」と言って車を方向転換させるとYちゃんの居る歩道へと横付けした。
私は、「Yちゃん、お疲れ様でした。」と言いながら車を降りた。
旦那様とI さんも降りて来てくれてYちゃんと挨拶を交した。
私:「こちら、Iさんです。○さん(旦那様)の東京の友達!」
Yちゃん:「こんにちは、結婚式の披露宴で見かけた覚えがありますよ。」とIさんに言った。
私:「えっ!?Yちゃん、I さんのこと覚えてるの?」
Yちゃん:「うん、私、人の顔とか名前を覚えるのが得意なんだぁ~。」
私:「へ~、そうなんだ!
I さんはYちゃんのこと覚えてる?」
Iさん:「全然、これっぽっちも覚えてません(-ω-;)ウーン
そういえば、S君が、いなかったことは覚えてるけどね!」と、つぶやいた。
旦那様が( ̄▽ ̄) ニヤッと笑った。
旦那様:「ここで話すには長くなりそうな話だから…とりあえず車に乗って!」と、促した。
S君に言って後のトランクを開けてもらうとYちゃんが手に持っていた旅行カバンを入れた。
私達は、ようやくメンバーが全員揃って一安心です(o^-^o)。

私は、Yちゃんに車酔いをするので窓際に座らせて欲しいと頼み、Iさんと私はYちゃんを挟んで後部座席に並んで座った。
IさんとYちゃんは蜜着した状態で隣り同士になった。
Yちゃんが、いつもより大人しい。まだ慣れてないからかなぁ~。

全員が乗り込んだ車が動き始めた。
そろそろ、お昼になるので昼食の摂れる所を探すことになった。
もちろん、ワンコも一緒に入れるお店です。
旦那様がネットで調べたお店のプリントアウトした地図を見ながら車を進めていく。
そして、しばらくしてからIさんが旦那様にさっきの話の続きを催促した。
S君が披露宴にいなかった理由。
旦那様:「S君は披露宴の当日の朝に連絡してきてドタキャンしたんだよね。(〃⌒∇⌒)ゞあははは…」
(大変な時になぜか笑ってしまう旦那様。)
Iさん:「えっ!?┌|*゜ロ゜|ノどんな理由があったら結婚式の披露宴をドタキャンできるんだ?」
S君:( ̄へ ̄|||)「ショクチュウドク」
Iさん:「え?」
S君:「…俺は食中毒で前日の夜に入院しました。すみませんでした!」
と投げやりな口調で叫んだ!



(明日へ つづく)
ヨメ:著

<どこかのレストランのエビチリに当たったらしいです。>
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。