05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

ヨメさんコラム

『ごえもんとおとと遊びに行こう!
~ここまで長かったね!当日だよ(6)の巻~』


私は、S君が運転する車で白馬へ行くと聞いて出かける前に眠くなるタイプの酔い止め薬を服用した。
そして、昨晩はワクワクして寝られず寝不足だった。
と、まぁ~いろいろな要素が重なり私は3人掛けでI さんも乗っている後部座席にも関わらず車内で爆睡してしまった。
その間に3人の男性が興味深い会話をしていたなんて全然気付かずに幸か不幸か今日まで知らないまま来てしまった。
それは…今、思うと残念でならない(-_-;)。

しかし、旦那様曰く、内容が酷過ぎて話す訳にいかなかった!こと又、「S君に口止めされてた」とのことです。
以前、私もどこかで思った事のある気持ちだったので責める事が出来ない。

と、誰も私の意見なんて聞いていらんないくらい男性3人の会話が気になってますよね!

Iさんの「カミさん、本当に寝ちゃったよ。」から始まった会話!
そして、旦那様がS君へ向けた質問の答えから今日はスタート!
では、旦那様の監修による会話をどうぞ!


旦那様:「それで、S君、この前の見合いの話はちゃんと断れたの?」
S君:「えっ?その話は今はいいよ!そんなに心配してくれなくても大丈夫だから…」
旦那様:「なに?言えない状態になってるの?」
S君:「そんな事はない…けど…」
旦那様:「じゃ、会わないで断ったと思っていいんだね。」
S君:「えっ?い、いや…、会ったよ。
あの…、みんなで会った後の次の週末に会ったんだ…」
旦那様:「なんだ、会ってるんだ!お見合いの席で会った時と印象は変わってた?」
S君:「いや、やっぱりダメだと思ったよ。だけど、相手の親から『娘が君の事を気に入ったらしいから今度は二人で会ってみてくれないか!』て、電話があって…仕方なく会ったんだ。」
Iさん:「でも、やっぱり、気に入らなかったんだね。」
S君:「うん、まあ~、そうなんだけど…」
旦那様:「もしかして、まだ断れてない?」
S君:「うん、断れてない…し、ちょっと、まずい事になってて…。
断りにくい状況なんだよね~。」
旦那様:「ん~?なんだか歯切れが悪くて全然わからないんだけど…」
Iさん:「相手の親と自分の親とで勝手に話が進められてるとか?」
S君:「いや、俺の親は『もし、気に入らない時は失礼の無いように早目に断れよ!」て言ってたから、いいんだけど…。」
旦那様:「じゃ、問題ないじゃない!早く、はっきりさせてあげなきゃ!間を空けると相手に気を持たせた分、無下に断わった時にもっと失礼だよ。」
S君:「それが…俺も断りたいのは山々なんだけど。
そうも行かなくて…
実はさ~、会った時に…ホテルに行っちゃったんだよね。」
旦那様:「…は~!?」
Iさん:「えっ!?」



(明日へ つづく)
ヨメ:著

<お見合い相手とは親同士がなぜか前から知り合い…。どうなる!>
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

タグ : わんこ

コメント

ええーーーーーっ!
そ、そんなことって・・・

続きをどうぞ…。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム