01 月<< 2017年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨメさんコラム

『パズルのような記憶』

子供の頃の記憶は、どうして断片的にしかないんだろう?

まず、私の父親の友達に秋田犬の繁殖所をやっているおじさんがいた。
「とてもウマが合う」という表現を父親がしていた記憶がある。
富士(メスの秋田犬)はそのおじさんから譲ってもらった犬だった。
でも富士が家に来たのは私が幼稚園の年長さんだったのか…、小学校に上がっていた頃なのか…もっと前にいたのか…さだかではない。

とにかく富士は、さすがに父親の友達から譲られただけあってコンクールに出せるくらい立派な犬だった。
「血統も良く申し分ない!日本一に何度もなってる秋田犬の子供だぞ。
ピンと立った耳、背筋も伸び、立ち姿も美しい…さすが、〇〇君(父親の友達の名前)が選んでくれた犬だなぁ( ̄▽ ̄)」
それが父親の自慢だったらしく何度も何度も繰り返し聞かされて私でも忘れなかった記憶になっている。
私の中にある富士の姿は子供ではなく私より大きい成犬の姿だ。

そして次の記憶は…、
おじさんの家に遊びに行き、同年のお子さんと遊んでいる自分。
母さんが私に向かって、
「絶対に外に出てはダメだよ!ここにいなさい!」と少し怖い顔をして部屋から出ていった様子。
子供たちだけが残され「何があるの?」と一緒に遊んでいた子に聞くと黙って外の音が聞こえる部屋に連れて行ってくれた。
外では犬舎に明かりが点いていて父親と友達のおじさんの声がした。
窓があるけど…部屋の壁が邪魔して上手く見えない。
そのうち、「そっち押さえて!逃がさんように」
と聞こえた一瞬後…
犬の悲鳴のような声が「ギャギャギャギャン…」と響いた。
私は驚いて耳をふさぎお友達に「何?」と聞いてみた。
しかし、うつむいて何も応えてはくれなかった。
今、思えば父親の友達の家は繁殖所だったのでお友達の子は頻繁にあの悲鳴を聞いていたんだと思う。
大人のエゴのような、矛盾や葛藤の中で何も言えずに苦しんでいたように思えてならない。
私の問い掛けに応えずうつむいていた時のお友達の表情は…もう何かを諦めているような、でも寂しそうな顔だった。
その顔を見た私はそれ以上の言葉が出せず何も言わずに最初に母さんから「外に出るな」と約束させられた部屋へと戻った。
その後、私は普通に親と接することができたんだろうか?
おじさんの顔をちゃんと見ることができたんだろうか?
その部分の記憶は、まったくない。

しかし、その後で富士の体型が変わっていったのを覚えている。


(明日へ つづく)
ヨメ:著

<一体何が…>
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : わんこ

コメント

こんばんは

色々と想像つくのですが明日の記事待ちといった感じですかね・・・
と、前回の返事も。
成長の定義は難しくて困難、
簡単に答えを出すものではないと思っています。
悩むことが本質かとも考えています。

シンさん

こんばんは、シンさん!
メールありがとうございます。
私のコラムは、順番があちらこちらして理解していただくのが大変ではないかなぁ?と思い恐縮しております。
どうぞ、よろしくお願いします。

「成長の定義」の件では申し訳ありません。
私自身も応えが出せず解答をシンさんに委ねてしまいましたね。
すみません。
「成長とは何?」を考えていると、
「なぜ生まれたの?」
「なぜ生きなきゃいけないの?」
と、友達に聞かれて答えられなかった時の歯がゆい気持ちが蘇ってきます。
それは、人それぞれの経験や思いが混ざって答えを一つにするのは無理かなぁ?と思うのです。
成長は人生の先にあるものではなくて、真剣に生きてきてフッと振り向いた時に「あれ!」と気付くようなものだとも思うのです。
要は、「人はどう生きるか」が大事なのではないでしょうか?。
とりあえず、今の私にできるのは生きて、生きて、生き抜いてみること!
それが答えに近付く一番の近道のような気がしています。

こんばんは^^

他にも色んな答えらしきものを提示することはできますが、
私も基本的にけんねる よめさんと同じようなスタンスです(^-^)
さらに言うなら答えがあるのかどうかっていうような
問いもそこから派生しますし><

シンさんへ


メールありがとうございます。
シンさんとは仲良くやっていけそうで良かったなぁ~と心から思っています(〃⌒∇⌒)ゞ
ところで私は以前、潔癖性で完璧主義で堅苦しい人でした。
(ちなみに今は違います┗┓( ̄∀ ̄)┏┛)
小さな頃の記憶のせいか「失う」のが怖くて自分の絶対領域を決めてしまっていました。
でも、そうした生き方はバランスを崩した時に傷つき方が半端ではありません。
そして、究極の選択を迫られます。
「今の考え方を変えるのか!」それとも、「領域を守り続けるために死ぬのか」
…で、私は一から生き直すことを選びました。
傍から見たら変化がなくても心を裸にするのは苦しかったんですよ。
でも、あの痛みが生きている証しであり、私の成長だったんだ!と今は思います。
と、まぁ~このように人には一つずつの人生の体験と経験に基づいて様々な考えがあります…。
だから、「定義は誰の中にも生まれる」となりますね。
互いの思いを認め、高め合い尊重することが答えを探して一人で迷ってるより大切なんじゃないかと思いませんかぁ?
(また、疑問型で終わりにしちゃった。)

こんばんは

私は今でも潔癖症で(精神的にという意味で)完璧主義者です。
だぶん(´∀`;)
私もそのような心の選択がありました。
私は生き直すではなく、できる限り勉強するという道を選びました。
何が正しいかの答えは客観的に出せないですし、
答えがでるっていう問題であると思いますが、
私もけんねる ヨメさんと同じく
あの痛みが生きてる証で成長だったと思っています(´∀`)

シンさん

こんばんは!
哲学するシンさんのブログを見ていると、
シンさんの精神的にという意味での潔癖性や完璧主義者の部分は感じ取ることができるように思います。
だけど、シンさんは柔軟で自分と違う意見も一度、受け入れてくれるから私のような者でも取っ付き易くて本当に有り難いお方です。
それは、痛みを伴う心の選択で「学び」を選んだから生まれた心の余裕のなのでしょうか?
だとしたら、素晴らしい選択でしたね。

私も客観的にモノを見たいと思っています。
そのために自分の中に芯を持とうと思いました。
外は柔らかく中に芯!
アルデンテっておいしいね!
そうなるために「生き直す」という選択をしました。
それが正しいのか間違っているのか…今は、まだ分かりません。
だけど、喜びも悲しみもこの世にあって思うもの!やっぱり他人と接点を持たないと自分の成長はないと思います。
でも、互いにトガっていたら傷つき合うので芯を強く持ち、柔らかな人になりたいと思っています。

ところで、この先に答えがあると思って真剣に探して歩くのと、
答えを気にしないで、今を楽しく歩くのと…
どっちが好きですか?

あっ!また「?」で終わった~レ(゜□゜レ)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。