11 月<< 2010年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 
よかった。

間に合った。



クルマ三昧なブログで今年が終わってしまうところだった。





実は音楽好きな我輩の、2010年のオススメCDをゲットする事に成功しました。
今なら誰でも手に入れられます。

若かりし頃の僕の様に、カセットテープにエアチェック(若人へ:ラジオの放送を録音する事だじょ)して、何度も聴いて満足しかけた頃にテープが伸びてキーが低くなっている歌声にどんよりする頃には、店頭からCDは消え、何年も、何年も後になって中古CDをネットで探してようやく手に入れるなどという徒労に時間を無駄にする事は無いです。

このCDは是非新品を購入してください。

ちゃんと印税が彼らの懐に舞い込む様に。

それだけの価値がある商品です。(←早く紹介しろ)









いきものがかり BEST
↑いきものがかり BEST

いきものがかり BEST
↑いきものがかり BEST



これは期間限定冬バージョンのケースです。

春になったらまた違うデザインのものが出るんでしょうねぇ。

なんて汚い手を使う大人たち!(笑)

本来の中味はこちらです。
いきものがかり BEST
↑いきものがかり BEST

いきものがかり BEST
↑いきものがかり BEST


水野君のセンスが光るメロディとハーモニー。そして切ない歌詞。
山下君はストレートで分かりやすい、比較的ソアーな感じの作品が多い。
吉岡さんの歌声は、活舌の良さと抜けの良い高音への立ち上がりが絶品です。歯並びもきっと良い筈です。

よくね、声を出してから音程を合わせる歌唄いが居るんですよ。集中して聴くとすぐに分かると思います。
これはヘタクソの代名詞と行っても良いくらい初歩的な表現ミスである事が多く、その手のクセのある人は、ずーっとそんな歌い方をするので、聴いていると段々くたびれてきてしまうんです。

ちゃんと楽曲に合わせて歌い方を変えた結果がそれだったら申し分は無いんです。計算上の伝達理論で作成されているのでしょうから。

その点、吉岡さんの歌はキッチリとチューニングが合っているので、何度聴いても疲れません。
僅かなピッチのズレや音程の取り違えで曲全体をぶち壊してしまっているバンドやアイドルなどの歌を耳にすると、彼女の爪の垢を是非特殊なルートで手に入れて煎じて飲んでいただきたいと切に思う程である。

「そしたら、アンタ、もっと受け入れてもらえるよ」

という僕なりのメッセージです。(なんて偉そうな!)



良い見本で知られているのは、元ジュディー・アンド・マリーのYUKIさんです。彼女の歌い方も非常に上手です。いきものがかりの吉岡さんとの共通点も多いです。

ま、それは皆さんご自身でCDを聴きまくって掴んでください。

できればMP3ではなく、CD以上の音質で。
ヒトの耳は非常に良くできているんです。
できる限り「濃度の高い音」を耳にするように心掛けて下さい。
得られるものに差が出てきます。




いきものがかりがブレイクしたての頃に全国ツアーを始めた時、ここが正念場だと思っていた事を思い出しました。このツアーの感触で今後の立ち位置が決まってしまう重要なツアーだと感じたから。

実際にツアーを見に行く(聴きに行く)事はできませんでしたが、彼らにしてみれば手ごたえは十分、でもかえってプレッシャーも多かったのではないでしょうか。

彼らのサウンドは常に彼ららしく、ノスタルジックで素朴でほんのり暖かいものに仕上がっています。

昔と違うといえば、生意気にレコーディングでストリングス(クラシックの弦楽器。主にヴァイオリン演奏家による演奏。)を多用するようになった事。(笑)
出世の証しとも言えます。
何せストリングスの皆さんのギャラは結構なものですので。


「卒業式の歌」としても社会現象にまで発展した「YELL」を含むCD2枚組み、全31曲のアルバム・いきものばかり。

とってもオススメです。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 音楽家
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム