09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「風の谷のナウシカ」のデジタル・リマスタリング版が地上波で放送されました。


家庭のいざこざのお陰で失ってしまいましたが、当時私はアニメーションに非常に興味があり、その動画技術や演出法、音響効果などを独学で複合的に学んでいる時期で様々なアニメーション技法を網羅した書物が部屋にありました。学校そっちのけで読んでいました(笑)。


そんな時に巡り合ったのが「ナウシカ」でした。
そして「宮崎駿」氏でした。

まぁ、宮崎監督には直接お会いした事は無いんですが(悲)。


宮崎氏が寄稿したものは大概読み漁りました。彼の凄い所は、今で言う「アニメ」ではなく、アナログな「アニメーション技術」をまさに総合的に組み上げる鬼才であった事です。

あのルパン三世ですらモンキーパンチに生み出され、宮崎氏によって育て上げられたかのような「カリオストロの城」でも分るように、まさに宮崎ワールドが炸裂していたのです。


「アニメーションはドラマ」だと彼は表現しています。


だから演出は命になる。
キャラクターに命を吹き込み、人生というドラマを与える。


その当時、アニメーションは全てセルという透明なフィルム状のものに描かれた手書きの絵を幾重にもコマ撮りしたもので構成されていました。
現代のようなデスクトップアニメーションのような開始点・中間点・終了点の指定で自動で動画を作成するシステムなんて無い時代です。モーション何とかなんて夢のまた夢の時代にあの「ナウシカ」は製作されました。



徳間書店や東映がアニメーションで飛ぶ鳥を落とす勢いで名を馳せた…、そんな時代です。



数え切れないほど繰り返し見た「風の谷のナウシカ」でしたが、今回のデジタル・リマスタリング版では、音声もステレオになっていましたし、映像も鮮明で、本当にコマーシャルが邪魔で邪魔で仕方がありませんでした。今回のスポンサーの商品には手を出さないように心に刻みました(笑)。



ま、最後のスタッフロールもきちんと放映して、音声も最後のシンセサイザーの音の余韻が綺麗に消えてから予告に切り替わったので、そこは褒めてあげたいと思う感じでしたが。



それにしても当時所有していた書物、今有ったら値が付かないものもあるかも知れない位レアだったりするのかな…なんて思います。強烈にマニアックでしたから。手元にあったとしても手放さないでしょうが。

そんな書物を読んだお陰で、安っぽいベタな脚本のテレビドラマに興味が湧かなくなり、周囲の人が見て話題にしていた月9だ何だの話題には全く付いて行けなかったことを良く覚えています。

なぜなら、登場する役に人生背景がきちんと描かれていなかったから。

トレンディードラマはクソの連発でした。見た目が良くて演技がそこそこな俳優が登場して、薄っぺらい人生設定をヘタクソに隠しながら物語が進行していくのは非常にもったいない事です。そこまでのストーリー設定ができるんだったらもっと掘り下げた登場人物の人生観だとか経験則だとかが垣間見えても良いんです。でも、視聴率を上げる為? 次回の視聴率の底上げの為? 目を引くシーンだけが予告CMで流され、実際に見てみればこんな下らん瞬間でこのシーンが投入されるのか…と、製作者側の浅はかさを残念に思ったものでした。


勿論秀逸な脚本のテレビドラマもたくさんありましたが、とりあえず今回は割愛させていただきますね。


ドラマはさておき、最近のアニメーションはどうでしょう?

意外とロングクールでやっているものはただ単に面白かったり、キャラクターが可愛かったりする訳でもなく、純粋に登場人物がきっちり人生という「ドラマ」を背負っているので支持されているのだと私は思います。

例えば「夏目友人帳」シリーズ。
例えば「リリカルなのは」シリーズ。

典型的なものは「ガンダム」シリーズ? 背負い過ぎだろっ主人公!みたいな。

例えば「とある禁書のインデックス」シリーズ。

登場人物が「ドラマ」を背負っていなかったら成立しないものばかりです。



ちなみに、私が大好きな京都アニメーション社製作の作品群は別のカテゴリーに入ると思います。キャラクターの個性で勝負を挑むという斬新さがたまらなく絶妙です。声優さんも個性的ですし。



あなたのお気に入りのアニメーション作品は何ですか?
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
気が付いたら放送が終わっていた爆笑アニメ「日常」。


あなたはご存知でしたか?


僕は存在を知らず、ついこの間、そう、それは一月。自宅でゴロゴロしながらチャンネルをめくって(大阪風やねぇ)いたら、バクマンの後に見慣れないコミカルなアニメーションが…。


手からリモコンを落とし、その音に驚いたウチのワンコが1匹「ワンッ」と吠えた位の出来事でした。



nitijou
↑アニメ「日常」

主人公は「ゆっこ」なんです。

限りなくバカに描かれていますが、とてつもなく人間的な魅力があるキャラクターです。

彼女を取り巻く友人たちも個性バリバリで、中にはメカも居ます。

ヘタなギャグ漫画読んでいるより100倍おもしろい作品に仕上がっております。



残念ながら私が鑑賞したのは最終回を除いた数話程度で、最終回も見るつもりでいたら、時間を間違え、翌週に期待をしたら「不思議の海のナディア」のデジタル・リマスター版の放送の説明を延々とする番組がやっていて、がっかりするの何のって。


この作品の基本はお題目どおり「日常」に起こりうる出来事を強烈な悲劇や惨劇にまでデフォルメして表現している事。いくら何でもそれは大げさでしょ?っていう所を平気で渡り切るのがこの作品のスゴいところなんです。

いわゆる「あるあるネタ」が豹変していく瞬間を、あなたは見逃してはいけない!
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
深夜に放送していたお陰で流行りのアニメをリアルタイムで見る事が出来ました。

一部見逃した部分もあります。

裏番組の「逃亡者 おりん2」を見ていてうっかり被っていた放送時間の事をすっかり忘れてしまうという大失態をしてしまいました…。




でも、きっと、僕の酷いわがままを聞いてくれている友人のI氏がキッチリバックアップしてくれていると思うので、DVDが届くのを待ってからその逃した部分を見ようと思っています。

実は私、何度でも同じものを見ても新鮮に視聴する事ができるのと、歯抜けになった部分を後から補っても問題なく頭の中でインサート編集して鑑賞できるので、全く問題は無いのです。
ただ、気がかりなのは、その見逃した部分が見られないという現実を突きつけられた時に大ショックを受けます。

平静は装いますが。




今回の「あの夏で待ってる」の原作者の呼び名と主人公の相手のヒロインの名前が同じ呼び名だった事に何故か注目をしております。

実際にアニメーションの中からあのヒロインが現実化したら仕事休んででも会いに行くかもなってくらいおもしろいキャラクターでした。見た目は眉目秀麗なんでしょうけど、ちょっと間が抜けていて調度いい感じのズレた雰囲気が設定として秀逸でした。

タカツキイチカ
↑ヒロインです。

ヒロインですがメガネかけてます。


そのメガネも秘密があるんですけどね。


あと、実はこの作品、長野県が舞台となっております。

製作スタッフは、取材と称して軽井沢やら小諸の城下町を堪能して行ったんでしょうねぇ。(笑)


背景に描かれた場所は僕が以前住んでいたエリアなので、見覚えのある町並みや雰囲気がとても良く描写されていて、とても懐かしく思いました。

昔、徳間書店あたりから出されていた「THE ART OF ....」シリーズを製作会社の系列を問わずに出版してもらいたいものです。
このシリーズは、そのアニメーション製作の基本設定やら原画やら背景やら、ありとあらゆる有用な画像コンテンツを盛り込んだそれはそれはちょっとした図鑑の様な大きさの本でした。

いくつか所有していたのですが、僕の不在を良い事に、アフォな親弟妹が金に変えてしまったらしくもう手元にはありません。残念ですが。いろんな意味で。





で、話を元に戻しますが、この「あの夏で待ってる」の舞台は、これからがシーズンなのです。

ちょうどゴールデンウィークあたりが最高に楽しめるエリアなのです。


お金と時間に余裕のある方は、まず発売されるDVDをじっくり鑑賞して頂いて、一体どのあたりをフィーチャーしているのかを割り出して探訪の旅を楽しまれるのも良いのではないでしょうか。

直接、製作を担当したブシロードに問い合わせても構わないと思います。この際ですからね。






って、お前事故の話はどうなったんだよっ、というそこのあなた!



近々、フッフッフな記事をアップする予定でおります。


パソコンの画面の前で「なんだよ、そのオチはっ」とガックリして下さいませ(笑)。

  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
高品位アニメーションの採用で知られる、最近のNHK。

本年は本記事のタイトルと同名の作品。


非常におもしろいです。


以前に取り上げたアニメーション作品・夏目友人帳と違った観点の霊や妖怪等の捉え方とスタンスで物語が進行していきます。

少しシティ感覚のある設定と時折登場してくるアクセサリーが今後のストーリー展開においてキーポイントになってくるでしょう。

不器用な人間達が見事に絡み合う、小説の様な構成は魅力的ですね。



追記として、BGMがかなり秀逸です。

スタッフロールをきちんと見ていないので、明確な記述ができない事をお許しくださいませ。
↑勝手に調べて下さいという意味です。(笑)


恐らくですが、BSあたりで追っかけ放映するのかもしれませんので、NHKのHPで調べてください。
(BS先行だったらごめんなさい)
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
どうにか作った隙間タイムでアニメネタ。



あぁ、久しぶりです。







皆様。

マリガリ
↑知っていますか?





この質感。
デザインの詰め方。


どうせまたテレビ○京系の…と思いますでしょ?






それがちゃいまんねん。






キャラデザがこんなんなんですけど、実は真髄を走るテーマは「サイエンス」。


作品のタイトルは「マリー&ガリー」。


ちなみに画像左がマリカ。右はノリカです。

ガリーは、作品中に出てくるガリレオというキャラクターの事だと思いますが、それもまた酷いキャラです。(笑)


実はこれ、NHKの総合で放映されているアニメーションなのです。

ついにここまで来たか、NHK!



BSデジタルなんかでは結構お金のかかった真面目で美しい作品も放映されていたりするのですが、それらをも凌駕するこの「マリー&ガリー」。

是非一度ご覧下さい。


先述の通り、この作品の主題は「サイエンス」。

物理・科学の現象をモチーフにこれでもかと言う程シュールな出来栄えで、恐ろしい程スピーディな展開で強烈なギャグアクションが楽しめる作品です。


問題は、その放映時間。
今は毎週NHK教育で火曜日の夜7時20分から放送されています。

ヨメ様に他のチャンネルを出され、ダラダラ食事しながら見てしまうというテイタラク。

そこで「すイエんサー」という番組の深夜の再放送の合間に放送されているものを夜更かしして見ます。
だいたい午前2時を過ぎます。

翌朝はグッタリです。


こんなに面白いんだから、30分ものにしてガッツリ土曜の5時からでもやったらいいのにって僕は思うんですよ。


ちなみに制作はアニメーション界で知らない人は居ない「東映アニメーション」ですので、クオリティは問題無しです。
声優さんもバッチリ。演出も間違いナシ!

登場するキャラクターの人間性がとっても面白い珠玉の作品です。

http://www.toei-anim.co.jp/tv/marie_gali/ ←マリー&ガリー 公式サイト



理系の方でも、そうでない方でも十分にお楽しみいただけます。

まずは一度ご覧あれ。
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
実は先日、CLAMPさん原作の「ツバサ」を全巻セットで大人買いしてしまいました。


ツバサ


全28巻で完結です。

まだ全部箱から出していません。(←早く出せ!)


ちょっと前の記事にも書きましたが、あの「カードキャプターさくら」も同じ作家さん達です。

「達」?

と思いましたか?
思ってしまいましたか?

そうですか…。そうですよね。(くどい!)

実はCLAMPさんは腕のある複数の技術者で構成されているんです。いわば、ひとつのチーム名が「CLAMP」なのです。

かなり独創的な空間設定とストーリー設計、勿論、キャラクターデザインにおいても秀でたチーム「CLAMP」ですが、その実績は10年くらい前から炸裂し始めました。

アニメーションの題材として採用され始めたのです。

例えば「ちょびっツ」
アニメ ちょびっツ

人型のパソコンというファクターを見事に盛り込んだ作品で、ファンが多い事でも知られています。
ここに登場する『ちぃ』は、CLAMPさんの他の作品にもちょこっと登場します。

当然原作はマンガです。
ちょびっツ
↑8巻で完結です。


ラストはかなりファンタスティックなエンディングです。

時間的にも余裕のある方は、アニメ版も楽しんでください。



他にもアニメーション化された作品がありますが、今現在放映されているのは、NHKの「こばと。」です。タイトルに「。」が付いていることがポイントです。(笑)



ちょっと丸顔にデザイン設定された主人公「小鳩」がその不思議っぷりを発揮して繰り広げられるあたたかいストーリーです。


大人気だからアニメーション化されているんでしょうねぇ。

ちなみにBSでの放送です。
目下放映進行中です。

原作は現在も制作進行中ですので、アニメーションがどこまで原作に忠実な路線で行くのかは不明です。
見逃してしまった方は、再放送のリクエストをNHKにしまくるか、DVDでお楽しみください。



  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
2010年になってすぐですが、「獣の奏者 エリン」の地上波での再放送が予定されています。

ただし、総集編ではありません。
一気にダダ流しする方式で、レンタルしたりDVDを購入してまで見たいと思わない方にはうってつけです。

ただし、第一話から第三十話までで、これから話が面白くなっていく!というあたりまでしか日程上放送できないみたいです。
続きはレンタルなり、DVD購入なり、NHKアーカイブスのオンデマンド有料放送でご覧いただく感じになっているところが小憎らしいです。

エリン

詳しくはNHKのサイトでご確認ください。


なんだかんだ言って、最近のNHKは結構優れた作品をアニメーション化しています。地上波で放送していないだけです。
受信料払っている人からオンデマンドでもお金を取ろうとする姿勢は非常に腹立たしいですが(笑)、そうでもしないといろいろと発生する問題を食い止めるだけのシステムを構築する予算が無いんだと思います。

原作『獣の奏者』と、アニメ『獣の奏者 エリン』のDVDをセットで所有するのがベストです。
とってもオススメです。
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
いよいよクライマックスです。


元々「獣の奏者」とう原作を元に製作されたアニメーションですが、大手のアニメーション製作会社が力を入れ過ぎずに製作しただけあって、グロテスクな部分は見やすくデフォルメされています。

しかし、ストーリーの展開は大掛かりで、一国の創成から始まっている伝説が最後まで絡んできます。
その中で、戦争や謀略、裏切り、そして大きな愛がモチーフとして描かれ、主人公の一人の少女が人生を賭して生きぬこうとする姿が描かれています。

マニアックな方は原作の方もチラッと目を通して見てください。

erin.jpg
↑序盤のエリン


erin2.jpg
↑中盤のエリン

erin31.jpg
↑終盤のエリン


きちんと描き分けされてストーリーも進行していくのでとてもよくできたアニメーションです。

もう少し放映期間に余裕があったのなら、2年くらいのプロジェクトでアニメーション化して欲しかったですね。そうしたら、脚色でもっと人間の心理の細かい描写や、人間の『俗』な部分の描写も盛り込めて、NHKにしてはかつて無いほどの傑作アニメーションになりえたのではなかろうかと思えて残念です。そうしたら「未来少年コナン」と並んだでしょう。

ただ言えるのは、現状のままでも十分にNHKアニメーション史上においてかなりの秀作だと思える事です。
予算があるのなら、どっかの民放みたいに劇場版でもやってみたらいいんじゃないかと思います。


難癖をつける訳ではありませんが、エリンの声を担当した女優の星井七瀬さんは力不足だったと思います。ストーリーの進行に沿って上達してくれるかな…と期待していましたが、全くの無駄でした。素朴な感じで良い声だったんですけどね。


ちなみに、この作品のオープニング曲は最初から最後まで同じ曲ですが、前半と後半で歌い手が異なります。
前半はスキマスイッチさんで、楽曲も彼らのアルバム「ナユタとフカシギ」に収録されています。

後半は一ちとせさんですが、僕にはいまいちです。

今後、「獣の奏者 エリン」のサウンドトラックか何かに収録されるかもしれませんが不明です。


次回は最終回です。
お見逃し無く!
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
田舎でも見られる数少ないアニメーションのスタートをキャッチしました。

タイトルは、「夢色パティシエール」。

毎度アニメから入るけんねるです。
勿論、この作品も原作はマンガです。
放送がスタートするまで知りませんでしたが。(笑)



夢色パティシエール



子供が見るアニメの範疇にはなると思いますが、大人が見てもおもしろいと思います。

まだ、第1回しか見ていませんが、ストーリー展開やテイストは「焼きたてジャパン!」みたいな感じですが、取り扱っているファクターがスウィーツだったりするので、僕としては見逃せません。


特筆すべきはキャラクターの設定です。

まぁ、見ていれば分かる事ですが(←なげやり)、ノスタルジックな側面も併せ持つ設定が絶妙です。

テレビ番組で食品をバトルステージへ引っ張り出すあたりは脚色上仕方が無い事ですが、この作品はフラットに食品にスポットを当てる様な手法も取り入れていて、とんとん拍子の展開も、笑えるやり取りも楽しめる構成になっていると思います。


夢色パティシエール



ま、所詮第一話を見ただけですが、セーラー・ムーンよりは得るものがある様な気もします。



恐ろしいのは、見た後にケーキが食べたくなってしまう点です。

アブナイ、アブナイ。
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
とあるSNSのお知り合いの方からプッシュしていただいたアニメを優先的に見る事になって、ただ今、第6話を見終わったところです。
夏目友人帳より
↑夏目友人帳より


すばらしい作品です。


どうしてナルトや銀魂みたいなアニメは田舎でも放映されるのに、「夏目友人帳」の様な秀作が田舎では放映されないのでしょう…。

「ナルト」や「銀魂」がダメと言っている訳ではありませんよ。
ちゃんと周回遅れですが、きちんと全話ビデオに録画してチェックしていますので。

駄作の場合、途中から見なくなるので、悪しからず。



話が反れましたが、この「夏目友人帳」、何がスバラシイって、その、人の心に響く何かに必ず触れている所です。
毎話(今の所まだ第6話までですが)ストーリーの展開は違うものの、必ず外さずに、言うなれば小さな画鋲で大きなポスターの隅っこを確実に止めている様な感覚が有るのです。

キャラクター等の設定も、従来の「物の怪やあやかし」を扱った作品とは趣が全く異なり、またそのエッセンスを巧みに生かした展開がまたたまりません。

特に僕自身が涙もろい(歳かもしれませんけど:笑)という訳では無いのでしょうが、ラストの3分で必ず心にしみる何かをもらえるのですから。


自分に子供が居たなら、DVDでも買って、残しておいて、いつか見せてあげたいと思える作品です。

にゃんこ先生
↑にゃんこ先生


劇中に登場してくるにゃんこ先生の姿はとてもシリアスに見えませんが、その他の登場人物はシリアスなデザインとなっております。

動画もしっかりできています。

声優の井上和彦さんの演技の幅を体感できるのも確かです。



なお、この「夏目友人帳」には、セカンドシリーズが有り、「続・夏目友人帳」として放映されました。

再放送を期待しても多分無理なので、DVDを借りて見てみてください。
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
Shangri-La

アニメですよぉ。
Shangri-La


GONZOが製作主体だということで、期待していました。


期待し過ぎました。


ストーリー展開は面白いんですが、画がちょいとGONZOにしては荒いかな。

代表作「Last Exile」なんかを見てしまうと、比較になりません。

不景気のせいで制作費を圧縮させられたのでしょうか…。


BIGLOBEで期間限定で無料配信しているようです。
期間が過ぎると有料です。当然ですが。
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
獣の奏者エリン。

NHKのアニメです。

最初はバカにしていたというわけでもなかったんですが、なんだか画が物足りないかなっていう、わがままな理由で三話ほどスルーしていたのですよ。

ところがある日、あまりの他局のつまらない番組に呆れて、どうせ受信料払っていることだし…とせこい事思い出してNHKにチャンネルを合わせたら、獣の奏者エリンがやっていて、その時から毎話欠かさず見るようになりました。

画については依然不満は残るものの、演出とストーリー展開が気になります。
毎度ジーンときてしまうのは歳のせいかもしれませんが(笑)。


エリンを見る一方で、ワタクシ、こんなイケナイアニメも楽しめるんですよ。

それは「まりあ ほりっく」です。
設定が面白すぎるのと、演出がまた楽しいったら…。

あと、特筆すべきはオープニングのセンスですね。
あれは何度見返してもスバラシイ。


エンディングのY.M.Oのカバー曲も見逃せません。


最近流行の、ネットでレンタル等でお楽しみください。
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
ソ〇ーの関連会社が制作しているアニメに、Viper's Creed という作品があります。

いきなりドンパチ系なんです。


道路を走行するマシンが、つまり兵器みたいな設定のアニメなんですが、とても残念な仕上がりです。

比べてはいけませんが、道路を走行するマシンが人型に変形するというコンセプトを採用しているアニメの中で、現在放送中の RideBack がありますが、その仕上がりの度合いは段違いです。

予算のせいなのか、製作会社の力量のせいなのか、もしくは力の入れ具合のせいなのかははっきり言って分かりません。


RideBack を見た後に、Viper's Creed を見るのにはちょっと勇気が必要です。


シナリオも大切ですが、画の仕上がりと動きにも注目が集められる昨今、そりゃちょっとマズいんじゃ…という感じです。

とは言いつつもしっかり両方鑑賞しているケンネルです。


あ、でも、RideBack は次回で最終回です。
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
ようやく第24話が終了いたしました。


とてもよく練られたシナリオと構成がものを言うアニメーションです。


まだまだ終わっていませんので、先がとっても楽しみです。





スタート当初からあまり知られていなかったようで、あまりネタにする人も居なかったみたいですが、この第24話を境に急激に話題になることでしょう。


リアルタイムと仮想スケール(尺位)の見事なシンクロが絶妙です。

製作者サイドはかなり気を遣って構成したのではないでしょうか。



とらドラ!ってなんだよっ。
という方は、自力で検索してみてください。

toradora
↑とらドラ!
  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
最近、アニメの記事書いてないなぁ…(ウソつけ!)



そう言えば、先日CDラックをあれこれ見ていたら、「メガゾーン23」という作品の、いわゆるOST(オリジナル・サウンド・トラック)系のベスト版が出てきました。

あらナツカシイ。

思えば、「アニメは手描き」の時代に、どえらい制作費を掛けて発売されたシリーズ「メガゾーン23」


ぶっちゃけ成人向けでした。当時は。


今のご時世なら、厳密に言えば18禁くらいかもしれません。いや、16禁かな。


まぁ、いいです。


全シリーズでパート1からパート3まであるらしいですが、僕はパート2までしか知りません。
パート3の存在も気になりますが、あのお話はパート2で終わっていてこそ…と思っているので、パート3は見る気になりません。多分、そう思う人は結構いて、思ったように収益も上がらなかったのではなかろうかと、勝手に予想しています。

今となってはレンタルビデオのお店にも置いてなさそうです。レンタルDVDのお店には恐らくありません。多分、無い。



そう言いつつも、あの作品のビデオを所有していないので、機会があればもう一回パート1とパート2を見たいなあとも思います。

パート1とパート2とで既にキャラクターデザインが大幅に変更になったという点は、当時としても相当斬新だったと思います。それだけ作品のシナリオ自体が持つ構想に対する評価が大きかったのではないでしょうか。

特にパート2の主題歌、エンディング曲を歌っていた歌手のファンは今でも居るみたいです。
唄っていた本人がどうなったのかは全く知りません。今でも何か音楽の活動とかしているのでしょうか…。


という訳で、だいぶ無責任な記事となってしまいました。

要するに、ビデオ世代の人間がDVD世代で過去の作品をもう一度拝みたいと思っているという事です。



  • このエントリーのカテゴリ : アニメ
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。