03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところ雨模様が続いている。

地域によっては大きな被害も出ているようだ。

幸い、私の住んでいるあたりは「どしゃ降り」程度で済んでいる。
農家の方々にとって、今年の雨の振る舞いは微妙なところらしい。

作物によって収穫高や、品質に影響が出てしまう降り方なのだそうだ。


しかし、ここでふと思う。

日本において、いわゆる「雑草」とされる類の植物は、毎年ほぼいつもどおりに成長して散って行く。
刈っても刈っても生えてくる。

この生命力や再現性を農作物に利用できないものなのだろうか。
(出来ないから農家の皆さんは苦労されているのだろうけれど…。)

放置プレイで美味しい桃ができまくるだとか、ただ植えておくだけで勝手にトマトが美味しく育つようになったら、促成栽培も最新の光促成栽培も越える研究開発となるのは必至なのだろう。

けれど、それって「遺伝子組み換え」に値する訳だろうし、それらが市場で流通するのかどうかが不透明過ぎて誰も手を出さないのかも知れない。

遺伝子組み換え植物の「実」を捕食して、動物の身体がおかしくなるとは私個人の意見としては、それは「NO」だ。

それらの果実にオキシトシンが含まれている訳でもあるまいし、危険だと指摘する有識者たる方々の意見もバラバラで信ずるに値しないとさえ考えている。

ま、あこのような半分妄想のような話題はさておき、「雨」というキーワードで思い出す曲が私にはいくつかある。


わりと誰もが思い浮かべるであろう曲は、
森高千里さんの「雨」
だろう。

女性とカラオケに行った時に歌わせようとするオッサンは数知れない(笑)。

帰ってCDでもiPod でも何でもいいから、千里さんの唄声で聴けと私は毎度思うのだが、20年が経過しても唄声もルックスも良い方に振れて行っている千里さんはスゴイと思う。
コンサートだとかライブだとかが企画されているのならば、是非行ってみたいしダイレクトに聴いてみたい。
ちなみに「雨」は、彼女の作曲でも作詞でも無いというあたりがシュールなポイントだが、それ故に森高千里さんの唄声がキッチリハマり込んで揺るがないのかも知れない。
曲や詩を手掛けた方々が彼女にベストマッチするようにエディションをしたのだろうと思うとひれ伏したくなる心境だ。


この続きで本題を。

「雨」に関わる曲で私が好きなのは、B'z の作品である。
アンチB'z の方々にしてみれば、この時点では鼻で笑われてしまうのだろうが、シングルカットされていない隠れた曲が「闇の雨」という楽曲だ。
適当にググって頂くか、7’th Blues という2枚組のアルバムでも購入して頂ければ聴く事ができる。
ハイレゾとかダウンロード系は詳しくないので割愛しますが、この「闇の雨」が元となって、タイトルも変わって別の楽曲にブラッシュアップされているようですが、縁がないのか聴いた事がありません。
とにかく「闇の雨」ですね。

遠距離恋愛をされている方々にもオススメです。


さて、徐々に恋人同士の距離が縮まって来ます。


少し前にトラブルを起こしてしまった、元 チャゲ&飛鳥 のASUKA 名義の(あぁ、もうここまででピンとくる人は40代かも知れませんね) 「始まりはいつも雨」です。
始まったばかりの恋人達にはうってつけですね。
若年層の方の中では、もしかしたら懐メロの領域に入ってしまっているのかも知れない楽曲ですが、これをカラオケでせがまれる事があります。
ただし、コレは場が荒れた時のヘルプコールでもあるのですが(笑)。
だいたいこれでほぼ強制的にラブソング系に箱(カラオケボックス)の中に居るメンバーの意識を統一させる事が出来ます(笑)。
暴走カラオケの雰囲気に対する破壊力は絶大ですね。


そして恋人同士がピッタリとくっつきます。
Every Little Thing の「冷たい雨」、もしくは小泉今日子さんの「優しい雨」でしょうか。
どちらも比較的まったりした曲調ですが、菓子はかなりいい感じです。


ただ、私は流行りものが基本的に嫌いなので、この中で最も好きな曲を選べと言われtら、B'z の「闇の雨」になるでしょう。

まぁ、そんな人種もいるのですよ(苦)。

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
今になって、些細なきっかけで仕組まれていた実家で起きた私への罠の実態を知り、本当の影の仕掛け人が誰だったのかが判明。

知らずに酷い思いをさせてしまっていた母に思わず連絡をとった。
電話番号は変わっていたメールアドレスは 変わっていなかった。
電話番号を教えてくれたので電話をかけた。

母は、
「生きていなさい。」
と、あの時以前と変わらぬ口調でそう言ってくれた。

およそ10年間の自身の過ち辟易し、自責の念に駆られて思わず涙が出た。

「生んでくれてありがとう。」
と、初めて母に言えた。

固いベッドで眠ってしまおうと考えていた自分を母が引き戻してくれた。
「生きているといろいろある。生きていれば乗り越えられる。生きていれば嫌な思いもすれば良い思いをすることだってある。だから生きていなさい。道は一本だけではないよ。」
と、そう言った。

2時間半も話してしまったけれど、10年近くの時間を埋めるには少なすぎる。

二人の爺さんが生きていたら、きっと半日以上は正座させられてお説教を食らっていただろう。

一人の世界大戦の生き残りで、帰国後に病で他界したとても頑固一徹な人物だったらしい。
堪忍袋の緒が切れるとちゃぶ台をひっくり返すタイプだったのだそうだ。

もう一人の爺さんはとある運送会社の株主だった時期があり、少しばかり裕福な生活をしていたらしいが、デノミネーションで財産の殆どを失ったのだそうだ。
それなのに、困った人や近所の子供達にささやかながらも、年に一度自身の手打ちでうどんを振る舞ったり、子供達の喧嘩を観察しては仲裁に入ってたしなめていたそうだ。

二人に共通する点は、共に基本的に温厚であったという事だ。

そんな爺さん達にこってり絞られても返す言葉がない。
まさしく「申し訳」が立たない自身の失態だ。

今後の自分の人生について爺さんに尋ねたら何と言うのだろうか。
「豆腐の角に頭をぶつけろ」
程度なのかも知れないし、何も言わずにじっと僕の眼の奥を厳しい眼差しで射抜くように見つめながら微かにニヤリと笑うだけなのかも知れない。

叶わぬ夢だが、僕は一度でいいので爺さん達とじっくりと話をしてみたかった。子供の頃からの夢だ。

爺さん達はその温厚さで黙って状況を眺めて、煙管(きせる)から煙を立てながら、その目で何を見て、何を感じ取り、何を思うのか。

何と無く自分に似ているような気がするが、僕と爺さん達との大きな違いは「優れた洞察力」だろう。

心の内に何かと貯め込みがちで、ストレスの発生に気が付く事が出来ない(一応病症の一種らしいですが…)ために先に自分が壊れてしまう僕とは根本的な部分が違う筈なのだ。

今回の一件について、とんでもなく痛いゲンコツを食らわされるのか、それともそっと頭を撫でてくれるのか。
もしかしたらその両方なのかも知れない。

故に爺さんの反応を伺ってみたい。
何か自身を変える秘訣をおしえてもらえるといいのだが…。


母とは近いうちに二人居る爺さんの墓参りに一緒に行く約束をした。

できれば毎年欠かさず行かれるようになるといい。

既に他界された人と言葉を交わす事が出来るとして、まずは改めて爺さん達の墓参りで懺悔をするのが最優
先だな、と思った途端に少しだけ小さな溜め息が出た。

こんな時に、近いうちに頻繁に夢で出会えてたくさん話ができたら多少なりとも夢が叶った事になるのかも知れない。
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
このところ、仕事絡みで午前様でした。

連日です。


ただ単に、夜中の12時を過ぎた程度で家に着いたとかっていうレベルじゃないんです。


もうすぐ午前3時っていう状況です。(笑)


お陰でメールチェックはできないし、頂いた書き込みにレスもできずで、とても大変な1週間でした。


日曜日も午後2時半まで寝てしまい、家庭菜園の作業をしなくてはっと起き出して軽く汗をかいたら、疲れが拭え切れていなかったらしく、寄る8時からまた寝てしまいました。



明日は通勤時間に金冠日食が起きるので、リスク回避の為に早起きして移動します。
こんな時、電車やバスで通勤している人が羨ましいと思います。

私の予想で社、日食に気を取られてノロノロ運転になったり、前方不注意を事故を起こすアフォが続出すると思っているので、巻き込まれるのは御免という発想です。






しかし、問題がひとつ。



果たして、早起きできるのか、自分っ!(笑)

  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
ゴールデンウィークをバッチリお休みできた方、おめでとうございます。


え? 私ですか?

今年のゴールデンウィークの前半と後半であれこれ忙しい毎日です。

前半は友人と遊びまくり、ホッとするまもなくウチのチビが体調を崩しました。

鼻水を垂らしていたので風邪かも…と思っていたら、嘔吐と下痢をし、体温が上昇し始めました。


こんな時、医者は基本的にお休みです。
ゴールデンウィークは医者も遊びに行きたいのでしょう。

ゴールデンウィークに挟まれた平日に診察してくれる小児科のある町医者へ連れて行き、診察を受けさせました。

当初は風邪と診断されました。
しかし、嘔吐や下痢がおさまらず、体温が39度を越えたので、もう一度同じ医者に連れて行きました。

インフルエンザかも…との事で検査をしてもらいましたが、陰性。

さじを投げた医者が、町医者の紹介状がないと受け入れてくれない市立病院への紹介状を書き、元気の無いチビを連れて私立病院へ。

何かと敷居が高い市立病院ですが、システム上町医者からの紹介状は最優先らしく、すぐに診てもらえました。


小児科医の先生は女性でした。

てきぱきと必要な情報を我々から聞き出すと、ものすごいスピードでキーボードを叩き、データベース化していきます。

その後、チビの腹部の触診をし、看護士さんが測ってくれたチビの体温が39.8度という情報を元に、非常に冷静に、かつ迅速に治療の方針を告げてくれました。

「点滴しましょう。脱水症状が進んでいます。まだ経口補給でも水分は補えるかも知れませんが、時間がかかってしまって本人が辛いと思います。体内の水分量が適正に戻ると体温もかなり下がりますし、辛さも軽減します。どうしますか?」

とても的確な意思決定へのアプローチです。

私は点滴の有意義さを知っていますし、高熱を出している時の辛さもそこそこの時間生きてきた人生経験からも理解できていたので即座に点滴を利用した治療をお願いしました。

今回は下痢を伴ってる症状でしたので、経口補水は焼け石に水かもしれません。血中への生食点滴であれば、医師の説明どおりの結果が得られると思ったので、迷う事無く。


確かに2歳のチビに点滴はちょっと酷かも知れませんが、何よりも体力が有るうちの対処が先決です。

医師によると、何らかの悪質なバイキンが体内に侵入した事が原因だそうで、実際に排便したものが無かったのでおおよその判断しかできないが、風邪等が引き金になっている可能性も否定はできないが、それなりの毒素を吐き出す菌である事は間違いないので、数日は下痢の症状は出るでしょうとの事でした。その後は快方に向かうので大丈夫ですよと付け加えてくれました。


不景気のお陰で平日もお休みになった事に感謝です。

ゴールデンウィークのど真ん中の平日2日間をまるっとチビの為に費やせました。

普通に出勤日だったら大変です。

交通事故の怪我がまだ長引いているヨメさんではまともにチビを抱っこもできませんので。
義父・義母にお願いしたり、あれこれ段取りを自分ができないので歯がゆい思いをした事でしょう。

お陰さまで、チビの熱はかなり下がり、医師の言ったとおりに下痢は続いたものの、徐々に元気になって来ているようです。
今日は子供向けテレビを見て、布団に横になりながら手を動かして踊っていたとの事です。だいぶ具合の悪さは軽減したみたいです。



その情報を得た反動で、私はクルマをガシガシとイジりました。調度雨も上がったので。


本日のメニューは、夏タイヤに交換(1台)。これはこの間ぶつけられて修理されてきたクルマですが、アライメントが狂っていたので自分で修正。修理工場のサイドスリップテスターでは数値がうまく出なかった為です。スタッドレスタイヤってそういう所で整備に困ります。

私の事ですので、何万円も払って他人にアライメントテスターを使用していい加減な調整はしてもらいたくない派なので、総額1000円の部材と巻尺と工具を利用してアライメントを詰めます。

ステアリングホイールどセンターでクルマがまっすぐ走らないと気がすまないタイプなので、アライメントを出すのには時間と手間をかけます。

トーイン・トーアウトはキッチリ0度で、ステアリングホイールどセンターでまっすぐ走るようになりました。

ついでに自重でヘタっていたフロンバンパーを補強して片方が4ミリ下がっていたのを修正。ついでに修理されてきたフェンダーの位置が0.5ミリズレていたので修正して防錆剤を塗りまくってやりました。
クルマの外装は左右対称が基本です。パネルとパネルの隙間もきちんと合わせてあげないとカッチョ悪いんです。




明日は、ヨメさんが乗るクルマの車高を落として、ミッションオイルとデフオイルとエンジンオイルを交換して、時間が有ったらリアガラスにフィルムを貼ります。
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
えぇー、だいぶ時間が経過してしまいました。

例の、ネットで購入した怪しいギターのカスタマイズを兼ねた塗装の変更に関わる経過をアップいたしました。

既に塗装の下準備に入っているのが現状ですが、あえてプロ用の塗料を避ける方法で、塗装技術のみに拘ってみようというコンセプトの下に作業を進めております。

で、いわゆるホームセンターで手に入る類の塗料の品揃えの悪さやら、性能の低さやらに振り回されております。



という事で、塗装に入る前までの状況を、つまらないうんウンチクと共に画像でお楽しみください。



エピフォン F-Series
↑エピフォン F-Series

かなりレアなものです。
色はこの手とブラック&ホワイトでコーディネートされたものがあります。
個人的にはブラック&ホワイトの方がカッコいいです。


カラーリングのネーミングがマズいんです。

アトミックなんとか…。

今のご時世、「アトミック」はマズ過ぎますよね…。


この部分は購入してから分かった事で、最初から色を塗り替える予定でゲットしたので気にする事はありません。

前回の記事にもありますが、韓国製で塗装がブ厚いのです。安ものの証です。

塗装方法の事情もあるのでしょうが、ボディ面の仕上がりが全体的に悪いのです。
気にしなければそれでも良いのでしょうけれど。


私の場合は、見た目は韓国製でも、中身を日本でフルカスタマイズしてイイ音を奏でる様になってくれたら、羊の衣を被った虎っぽいヤツ(笑)でいいのかな…と。


で、とりあえず、現状を把握するために汚れを拭き取り、軽く磨いてしまいます。

弦等を取り去ってこんな感じに。
ポリッシュ後
↑磨いてみました。

ネットでの注意事項にあれこれ触れてしまう状態でした。
実はトップの画像はネットで販売されていた時の画像なんです。
大した細かな記述も無く、「U.S.A」的な記述も入っていました。これは韓国エピフォンが、アメリカの品質を導入していますっぽいニュアンスを示すだけのもので、実際には韓国独自の電気的レイアウトで、本家ギブソンの音は楽しめないレベルです。

実際に自宅で音を出して見ましたが、新品で5万円でお釣りが来るレベルです。
ノイズも酷く、各部ネジは緩んでいたり錆が発生していたり、ボディ表面にはカビらしきものが…。

販売者もかなりいい加減な人なんだろうなぁと思いつつ…、あまりのずぼらさに思わず笑ってしまいました。

ご希望の方には販売者(ヤフーオークション)のID、お教えしますよ~(悪)。



購入を決めた時からどうせこんな事だろうと思っていたのでネット上で評価はしませんでした。
相手もしてこなかったので、更に問題有りの販売者だな…と。


ま、どうでもいいんです。


だって、この状態から1週間後にはこんなんでしたから。
ボディ表面塗装を剥離
↑手作業でちまちま塗装を削りました

ご覧頂けると良く分かるかと思いますが、木目の色がまだらになっています。
これはボディの造形の仕上がりが悪い状態で塗装をしてしまったという証拠です。
白っぽい部分が塗料の染み込みを抑える下地塗装の残った部分。それ以外はボディ表面の凹凸で、出っ張っていた部分を削り込んで滑らかな表面になるまで研削した部分。

つまり凸凹だった訳です。

一応ですが、私、過去に自動車の板金塗装をやっておりまして、表面をサンドペーパーで平滑かつ新品パネル同様に塗装後に表面に移った周囲の景色が歪まない仕上げをモットーに仕事をしておりましたので、このくらいは朝飯前です。


実に酷い表面でした。


で、この後、塗装作業上邪魔になる機器類を取り外し、マスキングを施してから、木部への塗料の過度な染み込みを防ぐ下地塗料を吹きます。

という事でこの後の作業の模様は次回!

  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
皆様。

ご無沙汰いたしております。

何故にこんなに更新が滞っていたのか。


とあるプロジェクトに足を突っ込んでいる事が要因です。(ま、15%くらいですけど。じゃあ残りの理由は何なんだ!?)


我が街、長野県の飯田市にて、ちょっと全国版のニュースにもなったりするイベントが毎年開かれます。

今年は11月3日。

飛び石連休です。
晴れの特異日です。
誰が遠くから来れるのさ…な日です。

そんなフェスタに出展いたします。
僕が足を突っ込んでいる某チームが…。
僕もその辺に居ます。

一応パンフレットの版下ができたみたいなのでパチッてアップです。(笑)


アニメヲタクの方、声優さん大好きな方、ライブ大好きな方、アニメのフィギュアとか集めまくっちゃう方、クルマ好きな方、餅が食べたい方、精密機器製造企業と工業高校と市が手を組んで創り上げているちょっとした研究に興味がある方、信州が好きな方。

どうぞいらっしゃいませ。


詳しくはパンフレットの画像でどうぞ!

チラシ

え?

小さくてよく分からない?

まぁ、そうでしょうねぇ…。



え?

画像を大きくしろ?


仕方ないなぁ。
わがままなんだから、もう~。

その1

その2

その3

その4

その5

その6

え?
字が小さい?

ではこれでどうでしょう。
その7

なんとか読んで見てください。
欠けている画像はクリックすると見られると思います。

最寄のインターは、中央道飯田インターです。
高速バスの場合は飯田駅。
JRの場合は、飯田線の飯田駅で下車です。

お休みが取れる方は4日の金曜日をその他の観光に使って、周辺のの温泉宿にお泊り頂けたらかなり田舎~な静かな雰囲気をお楽しみ頂けるかと思います。

「住む事が観光」
と言われる様な街です。

運が良ければ市で貸し出している電動アシスト自転車を借りられます。
是非ご利用になって下さい。

よろしくお願いいたします!
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
どうも。

チオビタのCMに登場する菅野美穂さんが大好きなけんねるです。

どうでもいい話ですが、菅野さんって、お化粧しない方が良いよねっていつも思います。
ナチュラル美人系の女優さんなんでしょうね。

逆に、化粧をしないとどうにもならない女優さんも居る訳で、どっちもどっちなのか?なんて考えたりしていました。






寝込んでいる間。



ゴールデンウィークは前記事のごとく全滅。
動くに動けず、本当は今頃レアなクルマをイジったブログ記事がアップされていたであろうと悔しいばかりです。

先週までに別の風邪を喰らい、今度は喉と気管支にダメージを受け、血痰がでたり、大きく息を吸うと咳き込み、ラーメンをすする度にゲホゲホやってたり、物を飲み込むのに痛みで一苦労したり、最高体温が39度近くまで行って悪寒と汗まみれの状態で仕事をしてました。


お陰でフラストレーションが溜まりに溜まって思考回路暴走モードで、あれこれお金を使ってしまいました。


買い物でストレス解消するタイプではなかったの思っていたのですが、スイッチが入るとアブナイという事にこの歳でようやく気付きました。

一体どんな事になったのか…は次回の記事で。
ひとつの記事を完成体にする為にはもう少し詰めなくてはならない部分があって、それにアホな程お金を使ってしまいました。

ようやく思考回路が平常に戻ったので、作戦変更で詰めたい部分は明日半日あれば完了する予定です。


そのためには早起きをしなくては…。

只今、午前2時37分。

起きろ、オレ!(笑)
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
やってしまいました。

今年のゴールデンウィーク。

昨年は国家試験の準備勉強の為に耕作放棄をした家庭菜園を復活させたり、我が家のクルマのチューンナップ(またあの姑息なヤツか?)やら、チビが乗るクルマのリヤ側ガラスのフィルム貼りやらを予定していたのですが…。

他の従業員の皆様がお休みの時に出張した時に、妙な腰痛と関節痛を感じ、ちょうど天気が低気圧になる過程のいつものかなぁ…なんて思いながらも、万が一を考えて風邪薬を出張先で入手して服用。

他の企業の方々と乗り合わせていたので、クルマを交替で運転しながら移動し、出張から戻って来てから体調の悪さに自分でも驚く始末でした。


先述のプライベートな予定は全て不可能状態。
立つのもやっと。
フラフラしてパソコンの電源も入れる気力が出ませんでした。
ドライバーでネジを緩めるなんてもってのほか状態です。
テレビも有無を言わさず節電に。

きっとこんな時に聴ける音楽は、自分が心から安らげる、本当の意味のソウル・ミュージックなんだろうなぁと思いながらも、リモコンひとつで音楽を再生する設備は我が家には無く、まず電源ボタンを押さなくてはならないと言う超アナログなシャーシのものばかり。

布団から這い出ると、体が自動的にトイレへ向かってしまいます。
そうです。
どうも胃腸を主に直撃されている様で、一番酷い時は夜中に15分おきに15分以上寒いトイレに閉じこもる事の繰り返しです。熱も出ていたらしく、昼間に点けたストーブが夜にも消せない状態で、布団に入っていても体がガタガタ震える程で、何度もストーブで身体をあぶって熱いくらいになってから犬達を押しのけて布団に入ったりしていました。

出張先で買った風邪薬が無くなったので、同じものを自力で買いに行ったら、出張先のドラッグストアよりも200円も高かった。
怒る気も起きず。
起こっても仕方ないし。
起こる方がバカバカしい。

というか、僕のカラータイマー(トイレに行かなくてはならない時間のインターバルタイム)が点滅し始めてしまったので、さっさと買って、帰宅。そのままトイレ。

もう大腸が機能をほぼ失っている状態でした。
そのうち、朝飲んだココアがトイレで出てきた時に、小腸まで活動停止に近い状態だと確信。
通常の病中食を中止し、全てヨーグルトに切り替え、加えて風邪薬の他にビフィズス菌由来の製品をキッチリと製薬化したビオフェルミンを服用する事にしました。
一応体温を計測してみたところ、今回のぶっ倒れ中に3回計った中で最も高かったのが38.1℃でした。
それなりに高かった事をその時初めて確信。
しかし、薬のお陰でかなり症状が押さえ込まれていたと言う事なのでしょう。


おぉ。凄い風邪薬です、コンタック。

一応滋養強壮系のドリンク剤も3本ほど消費し、栄養補給はもっぱらそれのみで。
偏りっぱなしの環境ですが、身体が腸から色々なものを吸収し辛い状況なので、無駄な消費を避け、最小限の水分補給環境で検知する事に。


トイレ以外で水の様なンコを出してしまったりしたので、ちょっと水分恐怖症で、ヨーグルトに依存する事になった訳です。


しかし、お陰様で、その後の経過は良く回復してまいりました。それはこんな感じです。

盲腸の患者さんが、オペレーションを受けた後に、「オナラが出たらもうすぐ退院ですね」という医師のセリフに、患者さんが無事にオナラが出る事を心待ちにして、実際に出た時に感じる安堵感に似たものを僕も感じました(笑)。

と言うものです。

きちんと大腸が活動を回復したという証拠です。

オナラと間違えて身が出る様な真似はしたくないものです。

今日はオナラの有り難さを感じつつ、今は積極的に麦茶などで水分補給しながら、今、ブログをちまちまと書いています。

明日は本来お休みですが、仕事をしに出勤する予定です。

あれこれ下準備が必要なので。


皆さんもお身体には気をつけて下さい。

風邪は万病の元。
病は気から。
でも、病院がお休みの時はドラッグストアが頼みの綱。
薬剤師が居ようものならあれこれ聞いて良い市販品を進めてもらいましょう。
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
ここ数日、アツイコトが続いています。


先週、とあるお店のオープン記念で貰ったパンが、3斤の大きさで何と5本。


どうやって食べるんだ?

そうだ!
シナモントーストにしよう。

ちょこっと前にテレビで身体に良いとかでシナモンが紹介されて品薄になったシナモンも、今では以前の様な売れ残り感を奏している(笑)みたいだったので、大量にまとめ買いしてグラニュウ糖と混ぜ混ぜして、マーガリンを塗った厚切りパンの上にシナモンシュガーをたっぷりかけていただきました。

勿論、焼いて食べましたよ。

これが異様にウマかったっす。





そして、夜は涼しくなった僕の住む田舎者ばっかりの街に、再び暑い日が舞い戻ってきました。さすがに湿度は落ちたようですが、僕の勤務している業種は、基本的にエアコンレスな商売なので、タオルを鉢巻代わりに頭に巻いていないと汗が目に入って仕事になりません。

ヒマだった去年の夏の時期はそんなに暑くも無かったし、汗を大量にかく事も無く、わりと快適だったんですけどね…。

人生はプラスマイナスゼロとは良く言ったもので、キッチリ去年の仇を取られた感じです。




今日は今日で、職場にやって来たお客さんのクルマが突然動かなくなったので、僕が修理。
さっきまで動いて来て、エンジン停止させて、再始動できないって事なら大抵ここでしょうという部分があるので、幾つかのトラブルシューティングを兼ねたチェックで原因が判明。

これだから○ンダの軽はダメなんだよ…と思いながら、中古で買った会社の軽トラが何故14万キロも走っているのに動いているのかを振り返ってみた。

「あ、そういえば、オイル漏れを起こしていたのを僕が見つけて直して危うくエンジンが焼けるのを食い止めたんだったっけ。オイルパンの中にオイルがスッカラカン状態って走っちゃダメでしょ。クルマの真下が真っ黒になっているのに気付かずにイグニッション回しちゃダメでしょ。エンジン始動後にでオイルインジケーターにランプが点きっぱなしなのに気付かなくちゃダメでしょ。などとブツブツ言いながらクソ○ンダのオイルゲージパイプを交換したっけな。大体なんでこんなもんに亀裂が入るかねぇ。全く…。」

て感じだった。


で、今回のトラブルは、セルモーターへ繋がる配線が思いっきり外れていた事が原因。
途中で何処かに寄ってエンジンを止めていたらレッカー扱いで衝撃的な請求をされた事でしょう。

クソ○ンダの配線の端子がスカスカで、保持力が全く無い状態でした。

せっかくここに来て症状が出たのも縁でしょうから…という事で、即座にトラックヤードにクルマを移動させてジャッキアップして修理をしました。

応急処置の範囲ですけど、端子を加工して抜けにくくして、ハーネスの保持カプラーの取り付けステーが曲がっていたので修正してハーネスをキッチリ取り付けておしまい。

マフラーに腕が接触して軽~い火傷をしましたが、こんなのはクルマいじりしている人間にとっては、些細な事です。

作業用のツナギを着ていた訳ではないので仕方ありません。半袖シャツでクルマの下に潜り込んで、ゴソゴソやって、最終チェックをして修理完了です。

このクルマに乗って来た顧客先のちょっとカワイイオネエサンも喜んでくれました。


こうやって恩着せがましい事をしつつ、会社でまめにオイル交換をして社用車の寿命を長くしてやろうと、取引先にエンジンオイルの見積もりをオファー中です。

トラックもあるし乗用車もあるし、工具もそこそこ揃っているので、コスト管理担当の僕としては、ガソリンスタンドやら自動車整備業者にオイル交換で作業をするなんてもっての他です。いくらかかると思っているんだ!
そこから仕事をもらえる訳でもないのに。自動車整備業に奉公する程無駄な事は無いという事です。
ま、手工具で済む範囲ですけどね。

会社がフレーム修正機と専用工具のもろもろを買ってくれれば何でも直しますが。

従業員の皆さんのクルマのオイルも格安で交換してあげられるし、これって福利厚生の一環でしょ? って方向です。

僕は忙しくなりますけどね…。
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
先日の選挙で、一体どれだけの人が選挙権を行使したのかを知りたい僕です。

民主党が負けたというよりも、みんなの党が議席を確保した感じの強い選挙でしたねぇ。
どうでもいいんですけど、議員の皆さんには、まず第一に「日本の運営」を念頭において活動していただきたいものです。

前の与党の皆さんやそこから分家の様に出た方々なんか、まず「党派」がどうのこうのが前提で、与党になる事が念頭に置かれているみたいで、一国民としてはとっても不安です。

一体この国はどうなってしまうのでしょう…。

どうしたらうまい事いくのでしょう…。

その一:アメリカ合衆国のひとつの州になる
その二:鎖国をする
その三:国会を解体して、実質無政府国家になる
その四:大統領制度に改正して、木村拓哉かマツコ・デラックスが初代大統領になる
その五:共産国家にする。
その六:政治家で犯罪を犯した者、また、その事件に関与した者の財産を没収する
その七:流通貨幣を米ドルのみにしてしまう
その八:国の借金を国民全員で踏み倒して他の国へ夜逃げする
その九:「毒を喰らわば皿まで」で、日本中の原発を同時にメルトダウンさせる
その十:X JAPANに助けてもらう
その十一:超高税率の贅沢税を導入して、ブランド物や高級外国車に課税する
その十二:幼児を含めた子供を虐待、または殺害した者は、漏れなく死刑にする
その十三:東京都か大阪府をアラビアに買ってもらう
その十四:公営ギャンブルに野球と相撲を追加する
その十五:株取引での収入を個人で一定額までは非課税にする
その十六:全ての公務員の給料を、民間に勤める全国民の所得の平均と同じにする
その十七:税務署職員は「ごめんなさい」という言葉を使うという事をマニュアル化する
その十八:日教組を仕分けする
その十九:海外への旅券発行手続きに課税する
その二十:みんなでそ知らぬ振りをする











(笑)










本当は、これが書きたかったんです。↓



財布が壊れそうなので、どなたか僕にプレゼントして下さい。(←死ね)
色は黒で、二つ折で、カード類が一杯はいる丈夫なやつが希望です。(←もっと死ね)


  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
先日、安全地帯が再スタートをしました。

アルバムは過去のヒット曲を基本的なアレンジを変更せずにテクニカルな面での表現力を惜しみなくつぎ込んだ楽曲と、新たに制作された新曲が投入されたという意欲作らしいです。


本当は欲しいです。


買っちゃおうかなぁ~なんて、ずーと考えていたりもするのですが、なかなか手が出ません。





今月は僕の誕生月なので、誰かプレゼントして下さい。(←ずうずうしいにも程がある)




たかだかCD一枚、買っちゃえよって思う人も多いでしょう。


しかし、先日とあるお店に足を踏み入れてCDなんぞ買っていられないかも…と冷や汗が出たのです。









そのお店の名は…、











トイザラス。










一歩足を踏み入れると、正面からベビー用品&お子様用の玩具が立ち並び、赤ちゃん用品専門の西松屋もビックリの品揃えで、店内に居る客層は明らかに子供を連れた家族が殆ど。以前の様な、ゲームやプラモデルに軸足を置いたトイザラスの姿はここでは明らかに見出せる事ができませんでした。

いや、あるにはあるんですよ。プラモデルもゲームも。
でもオムツやベビーカーの棚の方が充実していて、チャイルドシートもこれでもかって言うくらい並んでいました。


今住んでいるエリアにトイザラスが無かったので、ちょっとした用事のついでにトイザラスを発見して試しに入ってみたのです。





率直な意見として、ここは明らかに「危険地帯」です。


今までホームセンターや工具の専門店で時間をみっちり潰せる僕が、トイザラスでハマってしまいそうになるほど子供用品に注目する様にノーミソがシフトしている事に気付いてしまったのです。



ヤバい。
ヤバ過ぎです。


こんな所にお金を持って長居したら、とんでもない事になってしまいます。


運良く、ネットで購入したオムツと同じものが置かれていて、たまたまお店に置いてあった商品の方が若干高かったのに気が付いて我に返る事ができました。

うかつに手を出すと高い買い物になってしまいます。

トイザラスは価格チェックで来店するのが望ましいかもしれません。
急に必要になったものであればトイザラスは非常に有効です。これは間違いがありません。




しかし、ウチの近所にはありません。



今回お邪魔したお店は、家からおよそ150キロ離れた所です。
ある意味助かりました。


西松屋は近所にあるんですけどね。

西松屋はちょっと価格が高いですね。
中国製の衣服も非常に多いです。

トイザラスがお店を出したら撤退を余儀なくされるでしょう。多分ですけど。



孫を連れたお爺ちゃんとお婆ちゃんが、何を買うのか孫と相談しながらお店に入っていく姿を見ながら、もしも近所にトイザラスがあったら、ウチはあっという間にオモチャで溢れかえる事になるでしょう。

義父と義母は、孫に対しての財布の紐は、緩いどころじゃ無く、完全に口が閉まらない状態なので、欲しい物が何でも揃ってしまう事に疑問を持たないで娘が育ってしまう可能性がでてきます。何度も何度もお願いをしていい子にして、それを認めてもらって初めてご褒美に何か欲しい物を買ってもらうという状況が望ましいんですが…。


そう言う自分も、もし娘が音楽をやると言い出したら、特にギターなんてやるなんて言い出そうものなら、ホイホイとギターを買って与えてしまう事でしょう。
音感が狂うといけないので、標準スケールのギブソンとか、運指の訓練にはアイバニーズとか、フォークギターはマーティンだとか、自分でも買えなかったものをねだられたら与えてしまうかも知れません。



怖すぎます。
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
娘の睫毛が更に伸びました。

睫毛

一体誰に似たのだろう…。

ちょっと長いような気がしますが。

ウチの奥さんはマスカラが無いと外へは出掛けないというレベルですし、僕も睫毛は長くないんです。

ん~。


ま、いいか。











そんなウチの、別の娘の画像でお楽しみ下さい。

























響子

死んでいるのではありません。

寝ているんです。



こういうのを世の中では「駄犬」と呼ぶのでしょう…。

ま、これもいいか。
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
タイトルがそのものを示しています。


腰が重いというか、尻が重いというか。


先々週、今年になって初めての庭いじりで耕して、小さな雑草をひっくり返し、今日晴れたので二度目の耕し作業&種まきをしました。


今年はとりあえずニンジン(収穫時期を間違ってやたらとニンジン臭いニンジンに…)とほうれん草(昨年は惨敗)ととうもろこし(昨年は大当たり)をまいて、残ったエリアに何を植えるかを考え中です。


そんな矢先に偶然にもカボチャの苗をいただきました。

どこに植えようかな~。
まだ小さいので、カップの中でもう少し葉っぱが大きくなったら畑へ引越しです。



残りは何にしようかな。


再度ピーマンにチャレンジ。(去年は一切実がならなかった。葉っぱは生い茂ったのに。)

茄子でご満悦。(去年は豊作でした。)

黒スイカにチャレンジ。(去年は普通のスイカが小玉になって終わりました。)

トマト。(去年はこれまた虫に喰われるほどうまくいきました。)

きゅうりはどうかなぁ。(専業農家の叔母から去年は頂いて、それが大豊作だったのですが…。)


どちらにしても肥料の勉強が必要です。


娘の名前にちなんで菜っ葉でも作ろうか…。
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
「シュートイン!」


なんてセリフにピピッときてしまうあなたは中高年!


デュークフリードなんてキーワードが出てきたら真性です。(笑)




子供の頃はあの超合金が近所でも流行してて…。
でも僕はお店のショーケースでジーッと観察しているだけで満足して、また来た時にまた穴が開くほど眺めるっていうパターンでした。


いつだったか父親が「お前はつまらない子供だった。」と言った事がありました。
オモチャ売り場でずーっと観察しているのを見て、当時お金持ちだった父が「買ってやろうか?」と聞くと、決まって僕は「要らない」と言って首を横に振ったのだそうです。
何となく憶えている程度ですけど。


近所の子供が自慢げに持ち歩いていた超合金のおもちゃは、塗装が所々剥がれて、細かい部品が欠損していて、とてもみすぼらしい姿をしていました。

僕はコレクターみたいな評価をしたかったんだと思います。ショーケースに綺麗に並べられて照明が当てられているオモチャたちの光り輝く姿をじっくり眺める事が楽しかったんですよね。

だんだんそれがエスカレートしてリアリティとか細部の再現のレベルが高いか低いかでそのオモチャの完成度を量る様になっていました。

なので、ガンプラも144分の1モデルを一回買っただけで、満足できずに終わり、エルガイムのちょっとお高いハイディティールのプラモデルを手に入れた時も、製作中にいつの間にか場所を移動されてたった一つの部品を失った事で制作がストップ。今だったら多少のパーツは自作できてしまうんですけど、小学生だったのでそんなことも思い付かず、技術も無く、そのまま全てを回収して箱に入れてしまってしまいました。確か右足だか左足だかの膝下の部分ができていて、肝心の間接を接合するパーツがどこかへ行ってしまったんです。


あれ?

何だか話が逸れています…。
東海道新幹線に乗るつもりが常磐線のホームに立って居る様な…。(余計分からんぞ)


そうそう、「シュートイン」でした。
主人公がメカ間を移動する時にレバーを動かす時に言うセリフで、そのレバーを動かすとシートごと移動してグレンダイザーのコクピットに乗り込むシステムが作動するんです。



で、今回はこんな「シュートイン」を。




シュートイン!
↑義兄から頂いたチャイルドシート


チャイルドシートを装着。
これは良くできたモデルで、しっかり装着できました。がたつきもありません。
所要時間3分。
ウルトラマンでも装着可能なチャイルドシートです。

娘を「シュートイン」させてシートベルト装着のテストです。


これでお宮参りに行く予定です。
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
毎月一度、野暮用で実家があったエリアに通っています。



今回は、乱高下する気圧の狭間の晴れた日にちょうど行って来られました。


昨日までは雨降りだったので途中の峠の状況が気になっていたのですが、あの「雨氷」の記事の時と同じ道は全面的に乾燥していて、気温が最下点でマイナス2度でした。そんな程度で、路面凍結も無く、少し大きな雲から晴れ間が覗く高原を走り抜けて行きました。
通過時刻は朝の7時半くらいですね。

さすがにもう陽が昇って明るいです。


でも寒かったので目的地までまっすぐ向かいました。



メインの用事が済んで時間ができたので、クルマを空地に入れてそこから見える景色を一枚。

桜並木
↑まだ七部咲きの桜

今住んでいる地域とはまるっと一ヶ月くらい時間差があります。
桜はゴールデンウィークぐらいが見頃でしょう。


この近くには新幹線の駅があります。
東京までは1時間ちょっと。
ロケーションは最高だったんですけどね…。

ま、人生いろいろあるもんですよ。

今は東京までは渋滞ナシで高速道路で3時間半がやっとですね。
リニア新幹線が開通したら1時間以内で品川駅に行かれる様になるんですけど、現在の長野県知事・M氏のせいでゴタついて表向きは計画が遅れ気味になっています。


オリンピックで良い思いをしたエリアに無理矢理リニアを通そうとしたって無駄遣いです。そういう土地柄なんですから。

どう頑張ったってエプソンの本社前には駅は作れないんですから。


今年の夏に知事選挙があります。
新しい候補者が名乗り出たので、M氏の動向が気になります。
リニアを遠回りさせる事に拘るのならM氏には投票しないかも…って思っています。


JR西日本は秘密裏にですが、東京-大阪間を直線的に結ぶルートのボーリング検査(玉を転がすヤツじゃなくて、地中深く穴を掘って地質調査をする作業の事です)を既にほぼ終えているとか。秘密裏って言ったって情報が漏れてくるんですから、わざと情報を流すところがあるんでしょうね。

要は、他のルートは既に論外だという事です。


僕も直線ルートの方が有効的で、かつ、海外により強くMade in Japan のリニアをアピールして外貨を獲得する近道だと思います。



リニアの迂回ルート並みに話が反れました。




ついでに桜で思い出した中学校の様子を見に行きました。
ところが…。










あれ?

桜が無い…。

中学生の時に素敵な思いでをくれた桜の木達が無いんです。
しかも全て。

中学校は校舎が老朽化したので、新校舎を元のグラウンドに建設しているんだそうです。
その都合上、桜の木が邪魔になった…。という事なんでしょうね。

結構枝振りの良い綺麗な桜だったのに、跡形もありませんでした。

どこかに移植したという話も聞きませんでしたので、廃棄された可能性が濃厚です。
希望者に譲ってあげるとか、そういう発想のひとかけらも無かったんでしょうかねぇ。
何だか悲しいです。

所詮、行政の職員なんて、そんな感じなんでしょうかねぇ。






で、この日にふとしたところでこんな記事を発見しました。
出身校情報
↑実は僕の出身校(高校)の事が書かれています

「なかずとばず」な感じが当時のままですね。
よく見ると、母校から大学の後輩が何人か新たに発生した様でした。

縁があれば会う事もあるでしょうねぇ。

ちょっとだけ楽しみです。



で、そんなこんなで帰ります。
今回はヤマダ電機にも寄らず、K's電器にも寄らず、群馬資本のベイシア電器にだけ寄って来ました。(寄り道したんじゃねぇか)

やっぱりこっちの方が、今僕が住んでいるエリアよりも商品価格が安いです。
しかも新型モデルの発表時期の様で、在庫らしき商品はかなりの安値で売られていました。

特に地デジ対応のテレビなんて、陳列棚にテレビが置いてない一角があるくらい、在庫もほぼ売りつくしたんでしょうね。早速パナソニック製の新型3Dテレビが一等地に置いてありました。

物好きが買うでしょう(笑)。

他の新型は発売が決まり次第、空いているスペースに徐々に並べられてくるんだそうです。



てな訳で、今度こそ帰ります。


帰りの峠道で、こんな事がありました。

長い上り坂を走っていると、背後から富士重工(スバル)の丸目のインプレッサ・WRX(前期型)がかなりの速度で追い上げてきました。
ちょうど登坂車線に差し掛かったので左にウインカーを出しながら車線変更していると、右側をそのWRXがプレッシャーをかける様に追い抜いて行ったんです。

ま、同じ4WDとはいえ、あちらは280馬力で1.4トン弱。こちらは140馬力で1.5トン弱。勝ち目はありませんので。

ところがそいつ、追い越したまではいいのですが、追い越したところで速度を合わせて走り出したんです。
追い抜いたんなら姿が見えなくなるまで振り切って欲しいんですけど…。
その追い抜き方でわざとらしくすぐそばに居残るってどういう事?


で、そんな状態で登坂車線付き道路を走っていると、WRXの前を走るミニバンに追いついてしまいました。
ちょっと意地悪かなとは思いましたが少しアクセルを踏んでWRXのすぐ左後方に付きました。あちらさんは観光客なのか、峠の通過車輌なのか分かりませんでしたが、とりあえずミニバンを味方につけてギヤを落としてミニバンもろとも追い抜いて中央車線寄りに車線変更しました。

するとWRXもミニバンを追い越し始めたのがミラー越しに見えました。

ちょうどその辺りから道は下り坂になります。

下りになるとエンジンのパワーはあまり関係なくなります。要はライン取りとブレーキングです。そしてタイヤとサスペンション。ちなみの僕のクルマはスタッドレスタイヤ&ノーマルサス。

で、下り、すなわち一車線になる訳です。
僕の前方に明らかに観光と思しきクルマが制限速度をかなり下回った状態で走っていたので、4速XX00回転位(書けません)でウインカーをとりあえず出してブチ抜きます。
WRXも頑張って追い抜いたみたいです。

何台かの車を追い越した後に他県ナンバーの大型観光バスを追い抜いたあたりからWRXの姿が見えなくなりました。
バスを追い越すのを諦めたのかも知れません。

僕はワンコのご飯の時間もあったので、構わずどんどん坂を下りました。
あぁ、スタッドレスタイヤがもったいない。
明日夏タイヤに履き替えようと思いながら峠を下りた所で給油。

家の近所のガソリンスタンド達はたいていこの峠のふもとより5円以上高いので、ここで満タンにします。


案の定、家の近所のガソリンスタンドの値段をチェックしたら、5円高かったです。どうしてそんなに違うのかなぁ…。


不経済な街です。



明日晴れたらタイヤ交換&畑を耕します。

雨だったらゴロ寝ですかね。(他にやる事あるだろっ)




今年は何を植えようかな。

去年しくじったほうれん草の再チャレンジは決定です。
にんじんも、もっと美味しく作れるように肥料の研究をしなくては。

とうもろこしは昨年うまくいったので、今年も調子に乗って植えてみようと思っています。

スイカはどうしようかなぁ。
今年もネギは見送ろうかな。

とか考えています。




さて、今週の娘情報ですが、左手の人差し指にささくれができていて、それが産着にひっかかってささくれ立ってしまったんでしょうね。数日前に膿が溜まっていたので、僕が外科的に取り除きました。
カッターナイフとマキロンで。

実は僕が爪のまわりでささくれができて膿が溜まりやすい体質で、そんな部分を娘は受け継いでしまったみたいなのです。
なので、手順は自分の指の手術を同じです。

でも娘の指は小さい!

カッターの刃を殺菌してから「ささくれ」を切除。
続けて膿胞を破って膿を出します。
ついでに膿胞を切り取ってしまいます。
で、マキロンで消毒。

膿を出しても血は出ず、ポッカリ小さな穴が開きました。
すぐに塞がるでしょう。

という事で、術後チェックです。
抱っこしてテレビを見る図
↑指の手術部位にはかさぶたができていました。

もう少ししたらかさぶたが取れて元通りになるでしょう。



それにしてもよく寝るなぁ。

生まれてから目を開けているのを見た時間なんて合計して15分もないぞ。
  • このエントリーのカテゴリ : ライフ
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。