03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーん。

暑い。


今日はエンジンの部品を交換してやろうと目論んでいたのですが、あまりの暑さに危険を感じ、今日は諦める事にしました。

張り切って早起きしてやってしまえば良かったのですが、起きた時間が朝7時。
その段階で外が蒸し暑い状態。


黙って窓を閉めてしまいました(笑)。


玄関にある壁貫通型の我が家のポストに新聞なんかが挟まっていると、そこから外の熱気が入ってきます。
新聞を引っこ抜き、テレビでも見るか…と。

いつの間にか仮面ライダーが新シリーズになっていたらしく、今度はメダルがどうのこうのというストーリーらしいです。

第一話をまるっと見てしまいました。

ちょいと用事で廊下に出て温度計を見ると、30度を越えているではありませんか!

家の中で30度を越えるだなんて。
しかもまだプリキュアも見ていない時間帯なのに…。


道を挟んだ向かいの田んぼの稲は、このところの高温度のせいか茎の丈が伸びすぎたせいらしく、ごっそり倒れこんでしまったみたいです。転んだ稲は機械で刈り取るのも結構大変なんですよね。
刈り残しができると結局人の手で刈り取らないとならない…。
田んぼの面積が広いと気が遠くなる作業になってしまいます。それでも機会の無い時代の昔の人達は人海戦術でこなしていたのですから敬服します。


お金を貯めて駐車場を屋根付きにしないといけないかも…と思う今日、雨の予報はバッチリ外れて、先週刈った雑草が干からびているのが窓から見えました。

今年は秋が無く、いきなり冬がやってくるのかも知れません。
スポンサーサイト
3月27日の朝。

ビョーインへ行く都合で、朝五時に起きて家を出発しました。


ウチの近辺では、7年に一度の大きなお祭り「お練り(おねり)祭り」が開催されるとの事で、県外ナンバーのクルマもあちこちのホテルの駐車場に止まっていました。

僕も、初めての機会だし、見ておきたかったのですが、金曜日から日曜日までの3日間の日程のお祭りの中の、第一日目は仕事でしたし、土曜日はビョーイン(往復すると一日終わってしまいます)だし、日曜日は奥様の我侭でインドカレーを食べたいとかで、交通規制のかかりまくりの市内へ行ってお祭りを見学する時間は無さそうです。

駐車場が殆ど無いという致命的な欠陥を抱えた市なので、タクシーやら規制エリア外にクルマを止めたりして、バスなどで移動しないといけないんです。

まぁ、面倒くさいので、今回は諦める事にしました。

お年寄りの方は、今度見られるか分からない…と(7年に一度ですから)、目に涙を浮かべながらお祭りを見物されるとかで、それなりに文化財的価値のあるものである事は確かです。


「お練り祭り」に関しては、飯田市のホームページなどで、適当に情報収集して下さい。←本当にテキトーですみません。





本題です。

ビョーインへ行く途中に、峠を二つ越えなくてはならないんですが、一つ目は比較的小さな山で、真冬以外は路面に雪も無く、快調に走行できるのですが、二つ目の峠は標高も高く、白樺リゾートというスキー場の真横を通ったりする路線なので、スタッドレスタイヤは不可欠です。

月に一度、通わなければならない都合上、僕のクルマは、4月までスタッドレスタイヤを着用しています。近所のクルマはそろそろ夏用タイヤに交換し始めている様です。


で、こんな経験は初めてでした。
その、二つ目の峠の頂上手前のスキー場の前を過ぎた辺りから、道路は徐々に標高の高い所へ向かうのですが、いつもの雰囲気と違う事にすぐに気が付きました。

周囲の木々の様子がおかしいのです。

よく、北海道などの映像で、『樹氷』というものをご覧になる方もいらっしゃると思うのですが、それとはまた違った冬化粧をしている森の美しさに圧倒されたのです。

宝石や貴金属の販売店のショーケースに飾られている様なダイヤモンドから放たれる小さな虹色がたくさん集まって、木全体を覆った雨氷がキラキラと輝いて、太陽が昇った日差しの中のイルミネーションの様に美しい木のトンネルをくぐる様な景色は、まさに初めての経験でした。

雨氷というのは、上空が暖かく地表付近の気温が零下の時などに、降った雨が木の枝などにぶつかった瞬間に凍り始めて次々と降り注ぐ雨によって大きくなって着氷するという現象で、雪国では度々、架線などを絶縁してしまい、電車が運休になる事があります。

同じ雨氷でも、くっつく所が変われば、それは芸術品にも匹敵する壮大な景色を生み出します。

この様に雨氷が木々に付着した状態を『粗氷』と言い、そんな木々が集まった林を総称して『粗氷林』と呼びます。


皆さんの想像力が高まったであろうこの辺りで、お待ちかねの画像を…。








ハイ、これです!
粗氷林

木の枝が氷の重さで垂れ下がっています。


この場所は最も標高の高い所から少し下がった場所なので、氷の透明度が若干低く、白さが目立ってしまいます。
途中の粗氷林は綺麗でしたが、左右が除雪された雪で盛り上がっていて、僕のクルマは寄せられず、上の画像の場所(本ルートからの支線で、この時間帯はクルマは殆ど通りません。)まで来て、ようやくクルマを停車して撮影しました。


この道をまっすぐ下ると、こんな景色が。
粗氷林その2

見渡す限りの粗氷林です。

道路の一部に設置されている非難スペースにクルマを寄せてパチリ。
だいぶ陽が当たって氷が解け出してしまっていますが、時間があったら、ぼんやり眺めていたかったですね。



ビョーインの診療が終わって、某ヤマダ電機に寄り道した時に、駐車場から撮ったのがこちら。
白樺高原

麓はもう春めいています。
遠くに見える二層の山が、さっき僕が越えてきた山です。

上側の白く見える部分が粗氷林です。ある一定の標高から上の部分で雨氷が発生したのがよく分かります。この時の時刻が午前10時過ぎ。

開店前の某ヤマダ電機の入り口には大勢の人が並んでいました。きっと決算処分の関係の先着順の大安売りイベントか何かだったのでしょう。

一応開店後に中をチェックしたら、あちらこちらに箱に入った状態で薄型テレビや電子レンジなんかが山積みになっていて、そこに直に値札が貼ってありました。
倉庫もいっぱいなのでしょうか。
価格も安くなっていた感じです。


ウチはテレビは2011年に入ってからの決算期を見込んで購入しようと考えているので、今回はスルーです。
ちょっと現在のテレビは動画表示時のコマ数的に不満を感じるものが多いのと、価格がまだ高めですし、新しく開発された画面パネルが搭載された製品が4月に一気に発売される事が分かっているので、今買うのは「妥協」できる人だけだと思っています。ブラウン管のテレビが壊れちゃったとか、偶然安くなったので買っちゃおうとか。

ウチは最大50インチの画面が納まる設計になっているので、一段落として46型をおいて、3.1Chのサウンドシステムでも組もうかと、夢だけは大きいんです(笑)。
配線が露出するので、5.1Chサラウンド等は不可です。
ま、現時点ではどうでもいいんですけど。



という訳で、あとはワンコのかつての専属獣医さんを尋ねて、お薬をもらって、今の僕の住む地元のホームセンターでは扱っていない並行輸入のカリカリフードをまとめ買いして帰って来ました。

ちなみに、長野県佐久市付近のハイオクガゾリンのこの日の価格は138円/リットル。途中の茅野市付近で140円/リットル。飯田市では145円/リットル。ぼったくりじゃねぇか!
ちなみにどれもENEOSの看板のスタンドで、スタッフが給油作業をしてくれるお店です。

わざわざ3件で給油してみました。勿論一番安いところで満タンに。途中で6リットルくらい購入。最後はいつも行かざるを得ない行きつけのスタンドで。

だから文化が進歩向上しないんだって、気付かないんですかねぇ。
ユーティリティ関係の出費が抑えられると、自然と経済が他に波及するんですけどねぇ。

なので、基本的に僕は地元ではものを買いません。出かけたついでに安価なものをまとめ買い。
そしてあとはネットでお買い物です。

あぁ、また話が崖下に落ちてしまったかのように脱線してしまいました。



元へ戻します。(え。戻すんですか?)


帰りに当然あの粗氷林の生い茂った峠道を通るのですが、多くの人が道の真ん中に車を止めて携帯やらデジタル一眼で美しい粗氷林を撮影していました。


すっごい邪魔で危険なんですけど。

美しいものに惹かれるのは決して悪いことではありませんが、そのアプローチの仕方が悪いと結果的に誰かに迷惑を掛けて、その行為自体が非難される対象になってしまうって事に気付いて欲しいです。
車道へ出て来て携帯構えているねぇちゃんとか居て、横を通過するのが怖かったです。夢中になっちゃっているんでしょうね。


ま、愚痴はさておき、家に帰ってきたのは午後5時過ぎ。
お祭りの影響で、市内中心部は交通規制で通れないので、周辺道路が渋滞していました。
ナビの地図を見ながら迂回路を通って渋滞を避けて来ました。

結構お客さん来るんですね…。

今の僕にとっては、東京都民の東京タワーみたいな「お祭り」です。
月一の野暮用で、軽井沢方面へ行ってきました。

自宅から軽井沢までは、峠を二つ越えねばなりません。

勿論、雪道でした。

朝五時に出たのは良いのですが、年末に受けた車検の時に、「かなり減っていたのでサービスでウォッシャー液補充しておきましたから」と言っていた店員の言葉に、この時初めて「ヤラれた」と思いました。






外気温マイナス6℃でウォッシャー液が凍って出ない。


アイツ、水を足しやがったな!




僕はマイナス温度下を移動することが多いので、マイナス30℃対応のウォッシャー液を利用しています。ちなみに、クルマの中にはマイナス40℃対応のウォッシャー液のボトルが入っています。いざと言う時に使えるからです。勿論、補充にも。



しかし、今回はあの従業員の仕業によってタンクは満タン。交換もできず…。ノズルまでのゴム配管も凍結していて、どうにもこうにもでした。

諦めて暖機によって水温を上げてデフロストでガラスの氷を溶かしてからワイパーで…。

朝5時の暖機は近所迷惑です。
僕のクルマは純正マフラーのクセに、近所のお宅のクルマの中で一番ウルサイんです。


全面的に氷が解ける訳ではないので、ワイパーがジョリジョリ言います…。



あ゛ー。






結局、ウォッシャー液が出るようになったのは軽井沢に到着して1時間くらい経過した時でした。

冬の道路で、前方に車輌がいると、ウインドウが物凄い汚れます。
行きは気温が低かったのと、前方に車輌がいる割合が少なかったので、ウインドウはあまり汚れなかったので何とかなりましたが、帰りは道路の氷が解けていたのと、前方に車輌がいたのでウインドウはあっと言う間に見えなくなってしまいます。

気温が上がって良かった…。




で、前にクルマがいると、すぐに前が見えなくなるので、極力追い抜きます。
雪道なので、必要以上にゆっくり走る車や、いつスリップしてグルグル回り出すか分からないような雰囲気のクルマは、追い抜いた方が安全です。


直線や、反対車線に雪が無い路面の区間を利用して、思い切ってアクセルを開きます。


今日のグッド・ドライビング・マシンは、白い三菱のVR-4でした。

そして、今日のバッド・ドライビング・マシンは黒いスバルインプレッサGTでした。僕のクルマの倍の馬力が出る上に4WDだというのに、雪の無い登坂車線のある区間の中央よりを30キロで走るのは危険です。ゆっくり行きたいなら左の車線に移動してください。

追い上げたのですが、僕の存在に全く気が付かないままノタノタしていたので、あえて右側から追い抜きました。その後、追いかけて来たみたいですが、途中の雪道で置き去りにしました。
タイヤでも古かったんですかねぇ。

ちなみに、僕のクルマは4WDで、5MTという仕様です。
ムリしてこのグレードを買ったんですが(勿論、中古ですよ~)、やはり前輪駆動のATとは比べ物になりません。特に下り坂での安心感は段違いです。




で、軽井沢へ行って、予想外の空き時間ができたので、20年以上も軽井沢に通ったクセに、大して散策もした事が無かったので、メイン通り(旧軽井沢商店街通り)以外を歩き回りました。

チャーチストリート
↑人もまばらな軽井沢チャーチストリート


ちなみに、二階建ての構造のチャーチストリートは、二階の店舗は全部春まで休業のようです。
一階の店舗も営業している店と営業していない店が混在しています。

不景気風が冷たくそよいでいる感じです。

帰り際に活火山を撮影。
浅間山
↑活火山・浅間山



アングルが悪すぎです。
手前の架線は、第三セクター運営のしなの鉄道の軌道の存在を示しています。


山の頂上から立ち上る煙は活火山の証です。




あー、デジタル一眼欲しい!笑)

ちなみに、軽井沢に、ちょっと変わった喫茶店があります。

ご夫婦で営業されているのですが、完全に趣味の領域です。
店内の4分の1を高級オーディオ機材が占領し、巨大なスピーカーがドカンと置いてあります。
常に何か曲が流れているのですが、ノイズなんて一切聴こえませんし、メインアンプのボリュームを上げると自宅で音楽を聴きたくなる程の臨場感を再現してくれるシステムが無造作に積み重ねられていて、それでいて全てがリンクされているという驚きの空間です。


不定期に鑑賞会なんかをしていらっしゃるそうです。

オーナーの本業は、医療機器や特殊機器のマザーボード(基盤)の試作で、つまり、何千万円もする機材を制御する基盤の元になるものをオーダーに副うように製作するという高度なお仕事だそうです。

オーディオシステムの反対側には、オシロスコープ等の電子関係の機材が置かれています。
技術とノウハウを持った方は本当に尊敬します。




自分の子供が理系に進学したいって言い出したら、何とかしてあげたいです。

中古でもフェラーリは絶対買えないな(笑)。


僕は物理ができなくて文型に進んでしまいました。
教師の言っている説明の整合性が悪くて、全く理解ができなかったんです。他人のせいにしてはいけませんが…。

科学と数学はまあまあだったので、担任も副担任も、てっきり理系に行くものだと思っていたそうで、文系を選んだ時に二人ともドン引きしたのを憶えています。(笑)


こんな事書くのは初めてな様な…。








皆さんも、オフシーズンの観光地でマッタリと時間を過ごしてみては如何でしょうか?
宿代も安いし、ゆったりとした時間で心の洗濯ができます。
使うお金もちょびっとでいいし…。

タグ : 軽井沢

謹賀新年。




















こんなイメージでしょうか。
asahi.com
↑朝日新聞社の旗



(笑)

皆さん、おはようございます。

貫徹組の皆様、早寝早起きの皆様、いつもと変わり無い規則正しい生活組の皆様、そして健闘空しく朝まで起きていられずに眠ってしまい、じっくり目覚めた組の皆様、明けましておめでとうございます。


今年は八白土星の寅年。

色々な事が結実していく年回りだそうです。



何かを目指している方は努力を怠る事無く、真摯に自分に向き合う年です。

そして、経済不況の新たな波が最低でもひとつ襲い掛かって来る雰囲気もありますので、お金は上手に回してちゃっかり設けたりとかもしましょう。時期を見間違えると損しますので注意です。


あー、そう言う僕は、国家試験を突破する予定がひとつありますが、ちょうどそのお勉強の時期に第一子が誕生してくる予定で、しかも下水道の工事もほぼ同時期にしないとまずいのとで、四苦八苦しそうです。

だ、大丈夫かっ、僕!



日々続けている、とある作業も嫌々ながらも中断せざるを得ない様子です。


結構精神的にストレス解消になるいい趣味なんですけれどねぇ。
そっちも自分なりにある程度のリミットは設けてあるんですけど、大幅にずれ込みそうです。




貧乏なので、地デジテレビはお預け。(あー、大型テレビを置くスペースだけが空しい。笑)
新型PCもお預け。(Win7、使ってみたかった。涙)
クルマのパーツはもってのほか。(ナビ、もう一台に付けたかった。悲)
アニメ専門有料チャンネルの導入も延期。(田舎暮らしがそもそもの問題点。耐)
旅行もナシ。(もう二年はどこにも行っていないなぁ。忍)



つまらん事ばかりのようですが、何とか乗り切りたいと思います。
前向きに。


あ、そうそう、今年は強毒鳥インフルエンザの人への感染によるパンデミックが予想されているようですので、皆様、体調管理と規則正しい生活に何卒ご配慮くださいませ。


たまには、CDでも買おうかなぁ~と思っています。
タバコもお酒もやらないので。



良い意味で笑える年にしましょう!

例:あっはっはっはっはっはっはっはっは!
庭の畑に植えたスイカが四方八方に伸びてしまいました。

果たしてこのままで良いのだろうか…。


ちなみに、スイカだと思って買ってきた苗が、一本トマトだったと判明して(笑)、スイカの間にトマトが生えるというハプニングもあったりと、バカバカしい庭を見ては笑ってしまいます。


ところが、この10日程で、スイカもトマトも爆発的に成長して、追肥したのが原因なのか、雑草まで極端な生え方をしてしまい、庭の畑はジャングルみたいになってしまいました。

ちまちまと草むしりをしていたのですが、雨が降ったり忙しかったりで草むしりも少しサボってしまいました。
その結果がジャングルです。



隣に植えたきゅうりは順調で、実が付き始めました。

最初からトマトだと確信して買ってきた苗はさらにその隣にあるのですが、剪定をする事を知らなかったせいで、こんもりと枝分かれして巨大化してしまいました。
まだ緑色ですが、大きな実が付きました。

ちょっと早くないか?

ま、いいか。

なんて適当な感じで毎日見ています。

あー、晴れたら草むしりしなくては…。
今日の夕方、5時20分頃、地震雲を発見しました。

写真に撮れませんでしたが…。



ちょうど岐阜県との県境の岐阜よりの上空でしょうか。



縦に細長い雲が地上(山の陰なので地表までは下りていないと思いますが)から上空に向かってゆるゆるとくねっていました。


日没近くにもう一度確認したら、薄くなって消えかかっていました。



地震が来ないか心配です。
雷が鳴っています。


洗車後3日目にして雨になりそうです。

ちなみに今までは、たいてい翌日には降っていましたので、今回はもったほうです。

っていうか、梅雨シーズンなので、こんな時期に洗車するほうもどうかと…。



さておき、ウチのワンコ、4匹のうち、2匹は雷が大嫌いです。

ゴロゴロっとなり始めると、とたんにブルブル震えだして、人に寄り添ってきます。
普段は触られるのも嫌なくせに。

雷に弱いのは、ごえもんとおとです。

おとは、オシッコするのを諦めました。
ごえもんはビビって歩けません。


あー、雨が降ると草がビョーンと伸びるので、また草刈りが大変です。
本格的な梅雨入りですねぇ。


わずかな晴れ間にお散歩に行けなかったかわいそうなぐうたらワンコの響子は、机の上のガムに手を出し、途中で放棄して寝ています。








よっぽどマズかったんでしょう。

ミント味





そういえば。



クルマのワックスをかけそびれてしまいました。

こりゃ、梅雨明けにポリッシャーで磨いてワックスがけですね。



ガラスも研磨剤で磨いて、ガラ〇をぬりまくらなくては。
もうすぐ梅雨シーズン到来です。





クルマのワックスを塗りなおそうかどうしようか迷っているケンネルです。





クルマと言えば、二酸化炭素。


ある有識者が言いました。コッソリですが。


「今の技術下において、CO2削減のためにハイブリッド車を含めた新型車を購入するのはいかがなものか。一台の新型車を製造するときに発生するCO2の量を考えたら、性能の良い中古車を買ったほうがずっと温暖化抑制に効果がある。大きな声では言えないが、これはT社が抱えた悩みのタネである。」

なるほど、製造時に発生するCO2の事なんて、考えたこともなかったです。



相当のCO2を発生するのでしょう。




まぁ、まかり間違っても新車とは縁のない生活ですが…。









「もりたさくら、このやまいただき!」
の先週残り15分で寝てしまった回を見なくては!
暦の上ではもう春なんですねぇ。

が、ウチの庭にはまだたくさん雪が残っています。





オマケにウチの庭、水持ちがいいんですよ。







そうです、昼はグチョグチョになります。



郵便局のバイクが最近玄関先まで進入してこなくなった理由が最近わかりました。

ぬかるんでバイクが埋まってしまうからです。



マイカーも最近沈みがちで、まるで車高をべったり落としたかのような感じです。

「屋根こんなに低かったか?」
みたいな(笑)。




マズイ。
マズ過ぎる。

このままではクルマが動けなくなってしまう。

オマケにグッチョグチョのドロがくっついてクルマが汚れまくる。


明日から車を入れる位置を少しずつずらして地面をならすしかないのだろうか…。




アスファルト敷きにする勇気もお金もないじょ~。


画像 002 のコピー


画像 003 のコピー


雪が降りました。

かなりたくさんの人が同様の「雪が降った」記事を書いていると思いますが、こちらもそのひとりです。(笑)


雪かきしたくねい~。
ビデオデッキが壊れました。

2003年購入の、まだまだキレイなS-VHS!

最初は結露が原因かと思ったのです。



電源は入るが、テープを再生・録画できずにエラーコードが表示されるので。



しかし、結露の時のエラーコードとは違う事が取説で発覚し、サポートセンターに電話しました。

大阪の老舗〇ショナルのサポートセンターです。

とっても丁寧に聞いてくれて、調べてくれました。







「完全に機械的な故障ですね。修理が必要です。」


年末にモノが壊れる事はよくありますが、昨年末は何事も無かったのでラッキーだと思っていたのに…。


旧正月の年の瀬にビデオデッキが壊れるなんて。
ちょっとハードに使いすぎたかもしれませんが。


なにせ、録画だけで週に15時間動作していましたから。
録画したものを見るのにも15時間必要な訳で。

週30時間。
CMとかバシバシ飛ばしたり、行き過ぎて慌てて早戻しボタンを押したり。

今思えば、ビデオ使いが荒いのか…。




新型のHDDデッキとか買ったほうがいいのか迷いどころです。

どうせ2011年になれば、根こそぎ値段が落ちる事が分かっているので…。


ウ~ン。
banana

↑やってしまいました。














昨日、ゲットしたばかりの市場直送のバナナ。
もっと鮮やかな黄色い色だったのに…。







大きな箱に入っていたので、クルマからおろし、一端縁側に置いたのがマズかった…。



他の果物を玄関に入れて、最後にバナナの箱を入れるつもりだったのに。







忘れました。





昨晩の気温は、観測所で氷点下7℃

観測所よりは若干標高が低いところにウチはあるので、だいたい氷点下5℃くらいだったのでしょう…。




バナナ君、ゴメン!

完全に今朝は凍っていたね。

釘でも打とうかと思ったくらいだったよ。


自然解凍していったらヘンな色になっちゃったし(涙)。





早く食べるから許して~。






皆さんも、食品の外への置き忘れには御注意を。
あ~。

今日も外は吹雪!



画像、ありません。
すみません。


本日、積もった雪の影響で、危うく人通りのほとんど全く無い田舎道のど真ん中で、動けなくなるところでした。
四輪駆動の営業車とはいえ、軽なもんですから。
雪深いと、雪の上に車体が乗ってしまうと途端に動けなくなるのです。

普通車だと、床下から雪面までの距離が軽よりはあるので、まだリーチがとれるのですが、軽だと目測を誤りやすいです。

ちなみに、車高を下げているクルマは論外です。



おもしろがって新雪の上を行くのは、スキー場の中だけにしたほうが良さそうです。
雪が降りました。




画像 001 のコピー


朝起きたらこんなんです。




画像 002 のコピー





本格的な冬景色ですな。

地球温暖化の昨今です。

スキー、スノボーで思いっきり楽しみたい方は、今のウチに日本各地のスキー場へレッツゴーです。
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。