12 月<< 2017年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
義父が会社で何やら新聞のチラシらしきものをずーっと見ていた。

しばらくして、それが九州のカメラ屋さんが大発展を遂げたという、伝説の通販会社、ジャパネット・タカタのものだと気付いた。

その直後に近くに寄った時にチラシを見せられ、
「今が買い時かなぁ。」
と相談された。

どうやら義父が欲しいのは地デジ対応の40インチのテレビらしい。


でも、既に一台所有していた筈なんだけどなぁ。

年度末の今が地デジ対応テレビの買い時なのか、それともアナログ停波の設定期日の、2011年7月を狙い込んだ時期の方が買い時なのかという質問内容でした。

僕の読み(大した読みではありませんよぉ)では、来年の春くらいから、テレビは二極化すると思うんです。
安価で手に入りやすい価格帯の少し機能と性能を抑えた製品と、品質と機能を追及した高級機の枠組みに入る製品とに分かれると予想しています。

逆に言うと、その中間にあたる製品はリリースされなくなるという事です。

ロウレンジかハイエンドの品揃えの中でどちらを選ぶかという悩みと、今、在庫整理を兼ねた大幅値下げのミッドレンジの製品を選んでしまうか今回は諦めるかという悩みの、ベクトルの異なる悩みをどう比べるかでその答えには個人差が出てきます。


お昼前に電話の受話器を片手にジャパネット・タカタのチラシを見ている義父の姿を目撃。


買うのか?
諦めるのか?


義父が使っていると思われる電話回線は、その後40分に渡り使用中でした(笑)。


で、結局、義父は、もう歳が歳だから…という理由(口実だよ、多分。欲しくて仕方ないんだよ、きっと)で、今からテレビを楽しむと言っていました。

だから…、既にリビングにでかいのが一台あったと思うんですけど…。

数年がかりで作った自作の増築部屋にでも置くのかもしれません。

『え?』
と思われる方、あ、そこのあなたですか?

えぇ。当然だと思います。

義父は、総二階建ての自宅に、自作で鉄骨のベランダを二階部分に設置し、二階に倉庫まで建て、現在は一階に六畳間を建設中で、もうすぐ仕上がるそうです。

建築基準法に引っかからない様に、巧妙に計算された設計で、増築(?)部分は、母屋と接触していないんです。要するに、母屋が地震で崩れ落ちたと仮定した際に、義父の自作した建築物が残るという構造で、しかも床から天井の高さも同法の申告義務の不要な範囲分だけ高くして、それ以外は造り付けの収納や棚を設置しているという拘り様。


田舎なので、違法(ダマ)で大きな部屋を増築している家なんていくらでも有るだろうに、真面目で抜け目の無い義父はこの戦術で世の中を生き抜いて来た勇者(優者)なのです。

多分、ジャパネット・タカタに注文したテレビは、その増築した部屋に荷物を移して、広くなった書斎にでも置くのでしょう。

ブルーレイ録画機も購入したみたいです。




ちなみに、我が家に地デジ対応のテレビが導入されるのは来年以降です。


え? 理由ですか?





元手が無いんです(笑)。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 経済
6月24日~26日まで、東京ビッグサイトで「機械要素技術展」と言う展示会が催されます。

製造業の専門分野の人達が、日々の作業の中に取り込めるヒントを求めてやってくるのですが、個人でも十分楽しめますし、趣味でこまごまとしたものを作っている方にもオススメの展示会です。

同時開催のなんとかソリューション展とかなんとか展とかもあるんですけど(笑)、今回僕は出展者として「機械要素技術展」に出るので、他の事はどうでもいい状態…、というよりは、他のことには頭が回らない状態です。


という訳で、東京にセミ滞在します。

本当は暇があったら多摩の河原で昼寝(無理)くらいはしたかったんですけど。


ガンダム見に行くのが限界ではなかろうかと。(←見に行くのか!)

ちなみに、僕はオレンジ色のちょっと派手なブースの中に居ます。(居るつもりです)
複数の業者でまとまって出資しあって出展するので、ブースもそれなりに広いですし場所も出入口のそばらしいので、僕を見つけようと思えば割と簡単かもしれません。

お暇な方は是非どうぞ。
  • このエントリーのカテゴリ : 経済
画像無いっす。





ウチの近所の桜は、とうの昔に満開を迎え、既に3分散り位です。
根元にはじゃんじゃんと花びらが積もっていく事でしょう。



そんな居住エリアを離れて、野暮用で県を南北往復移動してきました。

と言っても、ちょうど良いルートの高速道路が無く、使うととんでもなく遠回りになる場所と場所を移動したので、たとえ1000円でも使う事は無く、下道で行って来ました。

行きは良かったんですよ。
朝5時起きでしたから。

輸送業と早起きして移動しなくてはならない人と、夜通し走ってきた人位でしたから。
すんなり移動できて、燃費も13㎞/ℓ位でした。ハイオクなのでバカにできません。



しかし、帰りは問題だらけでした。



緯度が高くなると、当然桜の開花時期が異なってきます。

中間地点がちょうど満開だったんですよ。

しかも、そのエリアって、高速道路のインターチェンジが有り、しかも今日は土曜日、1000円の日。

あらゆる所で県外ナンバーの車両が右往左往って感じでした。

ナビが付いているのかいないのか分かりませんが、いきなりハザード出して道のど真ん中に止まっちゃう人とか、しばらく動かないで渋滞を後に作っておいて、いきなり左のレストランに入っていく人とか、挙句の果てには携帯電話で画面を見ながら中央車線を大きくまたぎながら走る車とか…。ちょうど南下する時って、見えちゃうんですよね、前の車の中の状況が。プライバシーガラスだろうとスモークガラスだろうと、見えるんですよ。


危険極まりないと感じた時は車間を開けるのがベストです。

僕は時々汚い手を使います。
後の車に自分の車を追い越してもらうように適度な所で左に寄るんです。

アホな車の巻き添えだけにはなりたくないので。後の車だった人よ、ごめんなさい。

ところで、中国がアメリカの国債を買いあさっていますね。
日本がこれから国債を発行しようとしていますよね。
今の日本人だけで買いおおせる量なのでしょうか?
不景気だっちゅうのに。
ト〇タの社員だって買わないよ。


ごっそり中国に国債買われて、首が回らなくなるんぢゃないか? 日本。

これで、アメリカも日本も、中国によって首輪でつながれた犬になるんでしょうね。
  • このエントリーのカテゴリ : 経済
僕は製造業ですので、この不景気、というより、不景気風のせいで極端な減産を強いられ、ついに会社が休業日を設定しました。

お金の話をするのもなんですが、当然のことながら給料が減ります。

それに伴って、あれこれ申請を出す業務をやっているのですが、事業規模が小さいせいか、申請を出したのは僕の勤めている会社が地域では一番早かったようです。

やはり、事業規模が大きいと、従業員全員と協定書を交わしたりするのに時間がかかってしまうのでしょう。
さらに、労働組合なんかがある企業体の場合、余計時間がかかることでしょう。


さて、この不景気ですが、世界規模だと言われています。

リーマンから拍車がかかったのですが、もっと前から前兆があったのは確かで、各企業体が気が付くのが遅かっただけなのだと思います。

金に物を言わせるような海外投資に比重を多く取られた結果です。



オリンピックが無かったらもっと早く検知できたのではないでしょうか。

中国に進出している企業の多くは撤退を余儀なくされている、または予定せざるを得ない状態のようです。
この辺のさじ加減に気を付けないと持っていかれてしまいます。


話が若干ズレますが、今や世界最大最強と言われている日本の大手自動車メーカー、T社がたった2割の減産で赤字になったと大騒ぎし始めてから、国内のマスメディアが過剰に反応し、製造大手が揃ってブレーキを掛け始めました。本当に赤字かどうかは不明です。
お蔭で下請け業者は超減産のアオリを喰らって、最悪は倒産に追い込まれた業者もいます。

さて、ここで疑問なのですが、日本はそんなに不景気なのでしょうか?


なんだかんだ言って、2割減でもクルマは売れている状態です。
年末年始に海外に家族で旅行に行った人達も少なくありません。

ガソリン高騰の影響もどこ吹く風でのうのうと飛行機に乗っている人達は確かに居るんです。

それなのに、やれ派遣切りだとか正社員を解雇したりだとか、世の経営者はマネーゲームのプレイヤーでしかありません。地に堕ちたものです。

企業であるならば、雇用はキープすべきが大前提で、それを行う能力が経営陣に無かったとしか言えません。

不要になった人の「手」を切り落としておいて、自らは以前と変わらぬ法外な役職報酬を手に入れている。それでも平気。

どこかの首相みたいですね。


どこかの首相と言えば、この「派遣」の仕組みを法案化して通したのも限与党の自〇党だし、あれほど人気があった小〇首相です。

今更のように尻拭いをするような素振りを見せていますが、職を今回の不景気風の影響で失った人を救うことはできません。




話を元に戻しますが、我々日本人は「モノ」に大して何かを忘れて来てしまっているのではないでしょうか?

かつて世界一を謳われた技術を低価格で供給し始めたのがそもそもの間違いなのではいでしょうか。

自動車だって、家電だって、もっと高価でも良いと思います。
だって世界一の水準なんですから。

その代わり、オール・メイド・イン・ジャパンであるべきです。

時代が先行して「安かろう=悪かろう」に転じているのに、品質を落としてまで安い材料、コストに執着しているのは間違いの始まりだと思います。
既にT社は鉄鋼部材を韓国産に切り替えました。
某家電メーカーは金属部品の表面処理をこの期に及んで中国へ持って行きました。

日本国内で高品位に調達できるものを低コストのためだけに海外へ発注を出す。
少なくとも海外では日本国内と同程度の製品品質を確保するのは不可能です。
実際に海外の製品の仕立て直しを国内でしている製造業が存在していますし、僕が勤務している会社にも海外での低品質の製品が逆輸入されてきても、発注元の認可を受けられないくらい粗悪なのでどうしたらよいかと言う相談が来るほどです。

まさに「巨大な自転車創業」だと思います。
止まったら横に倒れる。

今まさに失速しそこなってふらついている状態。






さて、どうする。

※あくまでも僕の偏った自論です。
  • このエントリーのカテゴリ : 経済
今日で閉店の書店で、自分に必要な本を購入してきました。

占めて三冊。5千円強!





ガイド系の本がそこそこ高いのは仕方が無いのだ。
(旅行ガイドの本じゃないですよ)


久しぶりにお勉強の日々が始まります。
本格的に。



どうしよう。


こんなだらしないダメ人間なのに。

なんとかなるのかなぁ。







ちなみに閉店する本屋さんに聞きました。
「BUNKYOUDOUさんはどこか近所に移転するとかですか?」

店員さん
「いいえ。県の東部エリアからの完全撤退です。」


って、どんだけ本読まないんだこの周辺の人は!



まぁ、立地はそこそこだったけど、地元で老舗の書店が3店舗もあるエリアだから参入も難しかったのかな。
でも10年は営業していたから頑張った方だと思う。

品揃えが良い分野と悪い分野があったのは確かだけど。

特に音楽製作の関連の本は、隣の町の書店の方が確実に置いてあったし。

書店の品揃えのベクトルってのも大きいんだなぁと思います。


長いことお世話になりました。



あいたスペースに、次はどんなお店が入るのかなぁ。
  • このエントリーのカテゴリ : 経済
しまった!



ふと、あることに気が付いてしまった!


明日からガゾリンの価格が上がる!

また上がるのだ!




しゃあない、いってくるか~。
20070531234734.jpg

人気の無い道路(あたりまえだ。どこだと思っている。)。


だいたい一般道のクセにみんな70㎞/h以上でぶっ飛ばしている田舎道。

人影なんて、だいたい霊とか看板とかでしょう~(怖)。

たまにタヌキとかキツネとかカモシカとか歩いています。

20070531234748.jpg

到着~。4.7キロです。ウチから。5分かかってません。



まさか、もう値上がりしているか?っと思い、チェック。
20070531234803.jpg

まだらしい。




一般ピーポーはセルフだねぇ~、やっぱり。
20070531234822.jpg

最近のセルフスタンドの給油マシンは良くできている。


以前はプリペイドカードとかを使って利用しないといけなかったけど、最近のは現金もクレジットカードも使える。



20070531234832.jpg

そうです。オイラのクルマはハイオク仕様です。

でも、ちょっとお金をかけて燃費改善対策しているので、ムチャして走っても11km/ℓは絶対走ります。低燃費運転すると14km/ℓは確実に走ります。
お陰で、巷の人ほど悔しがらなくても平気です。

20070531234842.jpg

給油開始~。



20070531234902.jpg

とか言いつつ。


入るなぁ…。

20070531234916.jpg

おぉ。入るねぇ~。



20070531234931.jpg

止まった!


タンク半分くらいだったのか。


明日からどのくらい値上げになるのか分からないけど、ちょっとはお徳だったに違いない


はて、帰ろうっと。



おおっと、レシート、レシート。

ふむふむ。

25ℓで、それまでの走行が335kmだから、まあまあですな。

満タンで、大阪までなら給油無しで行けそう。
  • このエントリーのカテゴリ : 経済
「福岡市の天神・大名地区の路上で19日、フリーターなど低収入で不安定な暮らしを強いられている若者たちがデモ行進をした。」(朝日新聞)という。

「景気回復は(低賃金で働く)フリーターのおかげだ」(朝日新聞)とコメントする作家の姿もあったという。

言われて見ればそうかもしれない。


政府は景気は回復傾向にあると断言したが、ファーストフード難民やマンガ喫茶難民のレポートも先日テレビなどに取り上げられたばかりだ。


本当に景気は回復しているのだろうか?

借金が一向に減らない日本。

政治家は一体毎日何をやっているのだろう。

きっと仕事にかこつけて、やたらと高価な食事をしてくだらない世間話をした後に、今頃帰宅の途にあるのがほとんどなのかもしれない。

この間軽井沢で鳩〇氏を見かけた。


ゴールデンウィークの時だから、まぁいいんだけど、その派手なシャツは無いだろう?
と、素直に思ってしまった。

周りを良く見渡したらどうなんだ。

庶民でそんな服来たヤツは他にいるか?

自分の身を包むものが高価だと、景気が回復していると錯覚してしまうのだろうか。

だったら、景気が回復していると錯覚してしまうほどの服を着るチャンスを国民に平等に一度でも与えてみたらどうなんだ。



ただ古いからといって増税した自動車税。
僕のウチのクルマは平成2年式のクルマもあるけど。新型のクルマ並みに15キロ(ガソリン1ℓあたり)は走ります(1500cc)。オートマだけど。


燃費改善の為にそれなりにお金はかけているクルマです。

でも、そんなことお構いなしで、ウチにある平成9年式のクルマ(2000cc)よりも高い納税通知書が送られて来る。



これが日本の政治なのか。

理屈にも整合性が無い。



三位一体はやっぱりウソだったようだ。

  • このエントリーのカテゴリ : 経済
 

プロフィール

luminousfactory

Author:luminousfactory
長野県発
ウチのワンコ達、その他、自分の周りでホットなものを順次掲載していきます

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

FC2ブログランキング

 
 
 
 

月別アーカイブ

 
 

QRコード

QRコード
 

フリーエリア




 

FC2ブログジャンキー

 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。